タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

不妊治療の保険適用はどうなってゆく?

2021年07月20日
テーマ:生殖医療

 

今日は、来年4月から施行となる予定の

不妊治療の保険化について

私の頭のなかの整理も含めてアップいたします

 

最近になって,少しづつ

「体外受精が保険適用になったらチャレンジしたい」

(それまでは出来ればタイミング療法や人工授精でがんばりたい)

 

というお声がチラホラ。

 

多くのかたがこの保険適用という朗報に

期待を寄せているものと思われます

 

family-3501026_960_720

 

しかし、

体外受精の経験のあるかたはイメージしやすいと思いますが、

治療内容すべての技術、検査が

保険の適用になるわけでありません。

 

また、年齢制限も設けられるようで😣

具体的には妻の年齢が
43歳未満ベースで議論がなされるようです。

 

 

では、どんな治療を保険適用とするか?

その判断基準として

◉施設ごとに治療の技術に大差がない治療

◉(妊娠に至るに)より効果的だと思われる治療

 

が優先的に保険適用化されるべきという考えから

 

治療に関わる検査や技術を

3つのランクに区分けがされているようです。

 

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210704-OYT1T50004/

より引用

保険化

 

なるほど。。

専門家が検討を重ね、

効果的だから保険化しよう!

という検査や技術が保険適用となって受けられるのは

ありがたいことだと思いますよね。

 

ではでは??

レベルCに書かれているような

検討を見合わせるような治療はどうなるのか??

自由診療になって、

希望するかたが受けることになるのでしょうか。

しかし、現在、保険診療と自由診療の混合は禁止されているはず

ここもどんなふうに調整されるのか未知です。

 

また何かわかったらアップしたり

店頭でお話しさせていただきたいと思っています

 

✴︎

 

最近、妊活を卒業されて素敵なママになったお客様と一緒に

かほく市にあるご自宅で開催の

バランスボールのレッスンに行ってきました!

 

そして、お写真向かって右のさき先生も、

かつて不妊治療の経験をもち、

妊活カウンセリングに来ておられたのです。
(インスタで語っておられます)

そして今は✨

出産後、バランスボールを通して多くの女性を応援されています。

本当にイキイキとしていてすてきな方です!!

BAFF51C2-51B0-4027-995D-7CA7AF6BA20D 2

 

私はというと、

骨盤底筋のゆるみ防止!のために😅

不定期ではありますが、通いたいと思っていますが、

実は、治療中の心のモヤモヤ発散や

なにか運動を始めたいと思っているかた

そして!

骨盤底筋をグっと引き締めたいと思っているかたにも

良いと思います。

 

ビビビときたら聞いてくださいね。

さき先生を紹介しますよ〜❤️

あるいは、一緒に行きましょう〜〜✌️

 

 

 

関連記事

男性不妊はなぜオープンに語られないのか?
流産を繰り返すとき漢方的に考えること
子宮内膜の厚さ「2ミリの差」の問題
なぜ体外受精の前にピルを飲むの?意外に知られていない基本のキ
子宮内フローラが周知されてきました
着床判定にまつわるドキドキ
未熟なタマゴとは具体的にどんなことを指すのか?
不妊治療・体外受精の保険適用につき不安なこと
タイムラプスで胚を培養することのメリット
良いことも悪いことも

あらためて更年期のことを綴ります①私自身のことも

2021年07月07日

 

あらためて 今日は自分の体感していることを含め

更年期のことを書きます

 

最近、更年期のことを

「ゆらぎ世代」とかよく言ったりしますね。

そう言えば・・私もかつて

「ゆらぎ世代のポジティブエイジング」

というセミナーを

大切な友人達とお茶会形式で開催したことがありました。

IMG_1929

 

 

「不妊」という漢字は=妊せず

というネガティブな意味に取られかねないことから

「妊活」という言葉で私も表現しますが

 

では、更年期って言葉、、、

そんなにネガティブなイメージってありますか??

 

私はそんなにイヤな言葉ではありません。

そして更年期は

自分の生き方を更新する時期

だと思っているんです。

 

私自身のことで言えば(現在54歳)

46歳くらいの頃から

ま〜〜 いろいろな不調に見舞われました💦

月経不順になってくるくらいのことはいいんです。

誰もが通過する道ですしね

 

女性の漢方カウンセリングや

心と体の悩みをいつも聴いている身の上

それは比較的自然に受け止めることができました

 

ただ・・・

ホルモン減少にまつわる周辺トラブルが結構あって

少し個条書きにすると

 

1)頭頂部の薄毛(いっときハゲかかったり)

けっこう悩んでいて、いっとき

夢の中で髪の毛がすべて抜け落ちる夢を見て焦りました💦

イソフラボンと補腎薬で復活!!

 

2)朝起きたときの指の関節の痛み

これは酷かった!!リウマチでないと思いつつもRA因子とかCCP抗体、CRPなどを調べてもらい結局陰性

その後、甲状腺機能低下症が発覚。。
甲状腺機能の不調はストレスや女性ホルモンの変化、
そして、遺伝子が関与すると言われています。
わたしはその全ての因子に原因がありました。
甲状腺機能低下症の投薬やケアをして指の関節の痛みは激減。

 

3)ホットフラッシュ♨️

まさか冷え性の私のからだが電気ストーブのごとく
熱くなるなんて考えもしませんでした。

これは更年期の続編②で捕捉しますが、

なかなかひどいものです。

みなさんがこれでウツっぽくなる理由、理解できました。

 

4)ものごとを処理する能力が格段と落ちた👇💦

これ、いま私が自分自身に

(それでいいんだよ、その生き方、勢いでよし)

と刷り込みしている最中です(笑)

辛いよ、辛いけど

自分のなかのCPU

若き頃と同じ処理能力や

スペックで働けるわけなどないのです。

 

人はやがて、老いてゆく過程で、

「独りで 出来なくなってゆくことが増えること」

受け入れては 死に向かってゆくのだと思う

 

(更年期はその準備期間だでもあるわけです)

 

これは更年期の相談にこられたお客様

すべてにお話していることで・・・

わたしの中では1番大切なことだと思っています。

 

ですので

仕事の量や自分のなかのキャパを7割できたら合格

くらいでいいんじゃない?

 

周囲にもそろそろ白旗をあげて

(私はもう無理しません)アピールをすることが大切だと思いません。

そんなふうにお話ししています。

 

昨年より隔週で月曜日を定休にすることを決めたのも、

実はそんな理由です。
お客様にはご迷惑をおかけすることも多いかと思います。ごめんなさい。

IMG_5356

同じ世代のオーナーが経営するヨーロピアン住宅を手がける会社

フムロビラ(社名:デリケートツール)さんにて。

6月下旬、お茶を淹れていてだき久しぶりにゆっくりお話しする☕️

 

ここで販売している小物や食器たち、本当に素敵なんですよ〜〜!!

ぜひ覗いてみてください。(予約したほうがベター)

うちのフムロビラコレクションの一部💗

↓↓↓

アンティークなトレイや缶、時計やイヤリングなどなど。

上記写真のモロッコグラスも♫

IMG_5591

次回は、ホットフラッシュや多汗に使う漢方について書きたいと思います。

 

 

 

関連記事

流産を繰り返すとき漢方的に考えること
妊娠と環境汚染 〜重金属4つとその排泄方法〜
黒い感情との付き合いかた〜風の時代を迎えて〜
子宮内フローラが周知されてきました
皆さんの頑張りは歴史を変えています
願いをひとつ叶えるとしたら
「セイメイ」について思う
良いことも悪いことも
私たちはどこへ行くのか?
「ご縁はあちらからやってくる」

男性不妊はなぜオープンに語られないのか?

2021年06月23日

 

先週、クローズドのセミナーにお声がけをいただき

貴重な勉強をすることができました。

「日本の男性不妊」

IMG_5318

勉強会のメンバーは、

この本の著者ほか、

社会学者、セックスカウンセラー

医師、助産師など専門分野のかたがたと

 

大きくテーマをつけると

「なぜ(日本では)男性不妊はオープンに語られないか」

ということについて。

 

不妊の原因の約半数は男性

その考えも浸透してきたとはいえ、

日本には、まだまだ

「不妊は女性側の問題」という

偏見(ジェンダーバイアス)があって・・

そのことが、

女性の不妊治療への

重圧やストレス過多という状況になっていたり・・

ひとりで責任を背負いすぎる傾向にあったり・・・

男性側の要因さえ明るみに出ないケースも多い・・・・

 

その背景にはどんな要因があるか??

 

ということを、

著者の質的研究や

15組のご夫婦のインタヴューから

深く深く掘り下げ、

問題提起について語り合った。

 

そもそも、男性不妊の専門は

その性質ゆえに、

——————————————————-

◆生殖医療に精通した泌尿器の専門家

診察に関わることがのぞましいがその絶対数が少なく、

その認識の入り口の多くが産婦人科ということ

———————————————————

◆男性自身が男性不妊を

生殖能力=性的能力の連鎖と位置付けてしまうこと

————————————————————

◆(日本の)男性は、

女性のように、置かれている状況を

自身の主観や感情を交えて他人に話をすること

がなかなかしない、出来ないこと

————————————————————

などなど。

 

ものすごく端折ったけれど、

そんな背景があって

日本ではなかなかオープンに語られにくくなっている。

 

では今後どうしたら良いのか??

 

 

専門家のみなさんから出た意見は、

若い世代に、

もっと自分の精子や生殖のことについて

明るく(軽く)オープンに語る場を持って欲しい。

 

例えば

Youtube

「自分の精子の数を検査してきた!」

みたいに、生殖を明るく真面目に語ってくれる男子が

が増えてくればいいんじゃないかと

また、

日本の性教育の現場まで降りて

男性不妊の存在を学ばせることの必要性。

そんなことも意見に出ていました。

 

あぁ、深い学びの時間でした。

 

私は変わらず、この現場で

夫婦でカウンセリングにきてくださるカップルを

そしてご主人様に対して

感謝の気持ちを述べたいと思う。

 

 

※ 冒頭で出た「セックスカウンセラー」の先生。

都会では比較的探しやすいですが、

金沢にも尊敬すべき先生がおられます。

パートナーシップでお悩みのかたで

私がこのご夫婦には、必要と思ったかたのみ

大切に ご紹介しております。

 

 

 

✴︎

 

今日は嬉しいことがありました。

 

かつて不妊治療を何年にも渡って行い

男の子を授かった方から

素敵なチョコレートが贈られてきたのです。

出産されて、かれこれ3年以上経過するのに

いまだにメールや感謝の言葉をくださって

 

その言葉に私自身がどれだけ励みになっていることか✨IMG_5381

こだわりのカカオのショコラティエのもの。

一粒ひとつぶ、大事にいただきました。

やさしい味がしたな✨

 

 

さぁ、これから梅雨本番。

みなさま、水毒がでやすい季節です。

めまいや頭痛、むくみ、だるさ、感じたら

早めに漢方でケアしましょ。

 

薬局前に置いたうちの母のアレンジメントの紫陽花。

jisai

漢方カウンセリングでお待ちします。

関連記事

不妊治療の保険適用はどうなってゆく?
流産を繰り返すとき漢方的に考えること
子宮内膜の厚さ「2ミリの差」の問題
ストレスが身にしみて辛くなったら使う漢方やハーブ
なぜ体外受精の前にピルを飲むの?意外に知られていない基本のキ
子宮内フローラが周知されてきました
血流王子との再会と血流考察
着床判定にまつわるドキドキ
未熟なタマゴとは具体的にどんなことを指すのか?
不妊治療・体外受精の保険適用につき不安なこと
1 2 3 4 5 125
ページトップ