タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

「ご縁はあちらからやってくる」

2019年10月09日

 

今日は、劇的な1日だった。

 

私の、昔よりのささやかな念願が1つ叶い

新聞社様から2つ、取材をいただいた。

 

だけど、その関連事項で

不手際なことが明るみになって、

今朝は5時に、疲れとストレスから激しい頭痛で目覚め

吐き気をもよおしながら起床。

 

しかも、家族の発熱や店のバタバタと重なり

何か色々、思い通りにならず、哀しいのとはがゆい

 

世の中、色々なことがストレスになるけれど、

自分のキャパが狭いことを深く感じるほど

虚しいことはない。

 

そんなこんなで夕刻までのバタバタと裏腹に

心は低空飛行していた

 

そしてその夕刻、、

 

久々に予約があったMさん(40代)

(体外受精の)移植はもうとっくに終わって、

結果が出ている頃だけど連絡がなかったことから

(きっと、、ダメだったことの報告だろうか・・・)

 

とさらに(私の)テンションが実は低めで対面したけれど・・・

 

全くいつもと変わらぬ彼女の表情で

「今回もダメでした」

と言うのと全く同じリズムと表情で

 

「今日、心拍確認できました」

 

と・・・!!

 

そして、頭っから

(ダメだったのかも)

と言う気持ちで彼女と対峙した自分を同時にまた深く恥じた。

 

彼女は、、

今、座禅をたまに行っているらしく

 

そちらの庵主(あんじゅ)さんに

 

「求めてはいけない、ご縁はあちらさんからやってくるもの」

 

と言われていたそうだ。

 

(↓今日の写真はイメージです)

05

 

そんな禅の言葉や、

(頑張ったからこそ)
縁が向こうからちゃんとやってきてくれたMさんの神々しく見える表情や✨

求めることが多すぎて疲れ果てた自分の昨今を、、、

一気に振り返り、

そして、

彼女の妊娠の嬉しさ、高揚が相まって

涙がじわじわと

 

私も一緒に座禅させてもらおうかな。。と思った。

 

「ご縁はあちらからやってくる」

 

この言葉、大事に信じてみたい。

 

 

 

関連記事

AIDという選択は誰のために
妻43歳と夫無精子症からのご妊娠
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
優しきプロフェッショナルな医師
治療の合間の自然妊娠
祈りに立ち返る
1PNってどんな状態のタマゴ?
健康なごはんって何だろうね??
お盆によせて〜絆とは〜
自分の魂を愉しませること

ヒトの生殖機能は秋がベスト?

あっという間に9月も中盤です。

秋は過ぎるのが早し

 

うちのお客様の状況では、、

9月〜10月にかけては、

なぜか、

毎年妊娠のご報告を多く受けているという季節です。

 

「秋までどうしても妊娠したい

 

そんな想いが叶って

 

特に、体外受精における

1回の採卵そして1回目の移植にて

胎嚢確認まで行った方が、

先月から今月にかけて、4名もおられました!

中には40代もお一人。

 

1回の採卵、そして、初めての移植で授かるのは

実はそんなにも多いことではないのです。

まずは、良かった〜と思うばかりです

 

ところで、

は生殖に良い季節なのか?

 

ということに関し、

以前にもブログに記したことがあるのですが、

 

自然妊娠で授かった約2500人の女性の

流産率を検討したところ、

10月と11月に最終月経があって妊娠した女性の流産率は7%

他の月の流産率 (16~22%)の半分以下になっており、

有意に流産率が低くなった

というデーターを見つけました。

 

なかなか、興味深いデーターですね。

もし、秋から治療などを再開しようと漠然と思っていた方には

追い風になるデーターかもしれません

 

さて、、ちょっと私のドタバタ出張のハナシを

 

先週の9月7〜8日は、四国は高松市まで、

当店の取り組みなどの講演を依頼され

少数性の有志のセミナーに言ってきました。

(薬屋さんの会です)

 

着いた初日は、講義が始まるまで観光へ〜。

もう随分古い映画になりましたが

「世界の中心で愛を叫ぶ」

のロケ地になった場所に連れて行っていただいたり、

私の気になっていた神社にもお参りすることができました
(感謝(^人^))

 

しかし!!

その日の夜になって

台風15号の影響で

帰り、明日の午後からの飛行機が飛ばない!

という情報がメールで届く

 

早速、翌朝の第一便のJALに予約し直していただき

朝7時台に高松空港を撤収〜〜✈️

羽田の乗り換えも問題なくできて、

帰路につくことができました。

 

少ししか撮ってないのですが、

香川県は、高松ののどかな風景をお届けします。

 

のどかな漁港が望める公園、セカチューのロケ地

IMG_0236

 

この公園の高台にある神社は恋愛成就のパワースポットらしい(笑)

IMG_0240

 

竹居観音 瀬戸内海にそそり立つ鳥居が印象的。

IMG_0245

IMG_0242

 

お土産をいただき、帰宅後、箱を開けたら!
私の名前と同じオリーブオイル「和み
(小豆島産のオリーブオイルはとってもクオリティが高いのです)

ありがとうございました!

IMG_0266

 

帰りの飛行機。

見えますか?窓の右下のほう、雲に飛行機の影が映り、
さらにまぁるくレインボーの光に包まれています⇩⇩⇩

IMG_0264

 

私のパワースポットは

空港(と神社)なんです。

特に空港、飛行機は見ているだけで「気」が上がります

だから、東京へ行くときは、北陸新幹線には乗らず今も頑なに飛行機。

 

皆さんにはパワーをもらえる場所ってありますか?

 

もし、好きだぁとか、気分がいいなぁ

と思う場所があったら

積極的に足を運んでみてくださいね。

=(イコール)運気が上がる

 

と私は信じているんです

 

 

 

関連記事

夫の食や体質を見直すことの必要性
ピル服用直後のAMHの値
嫉妬という感情の扱いかた
信じる?「げんをかつぐ」こと
運動ってなぜ大事ですか?ミトコンドリアの見解から
お気に入りのレストランで飲めます
雪の結晶が美しい大好きな場所
甲状腺機能低下とヨード
命を植えること
妊娠後期の葉酸サプリのリスクは?

ハーブランチ付きのセミナーのご案内【満席】

2019年08月31日

 

お知らせの欄でも告知させていただきましたが、
セミナーのお知らせです。

 

【 女性のための薬草・ハーブ・植物療法 】

〜中世ドイツ 聖ヒルデガルドの4つ知恵とハーブレシピを味わう午後〜🌿

1回目 10月12日

※追加開催11月4日

申し訳ありません、両日ともに満席になっております🙏
キャンセルが出ましたら随時ご案内いたします

✴︎——————————————————————————✴︎

日時:2019年 10月12日、11月4日
13時半開場 14時セミナー開始

15時よりハーブ料理のアフタヌーンランチ 🍽

場所:石田屋Gamadan ダイニング

参加費:5500円(税抜き)和漢ティザンヌ付☕️

定員:14名

✴︎————————————————————————✴︎

ヒルデガルド・フォン・ビンケン

という名前を聞いたことがありますか?

 

聖ヒルデカルドは、現在に通じるの薬草やハーブを使った植物療法を書に記し、

フィトセラピーの第一人者とも呼ばれる12世紀のドイツを生きた修道女です。

今から約900年前の時代、修道院という場所は、

宗教だけでなく⛪️、学問や市民の医療の提供の場でもありました📚

ヒルデガルドの教えを学ぶほどに、東洋医学や、

アーユルヴェーダーなどのホリスティック(全体性)な考え方との共通点を見出します。

医食同源、陰陽、そして自然界に存在するエレメンツとの深い関わり。

ヒルデガルドが残したメッセージ、修道院の文化、

ハーブや薬草を通して、先人の教えを学び、

私たちの「心とカラダ」について考える、

アカデミックな秋の1日にしたいと思います。

 

そして!!なんと♡

当日、ヒルデガルドが特に大事にしていた素材やレシピを一部、石田屋ガマダンの松村シェフに再現いただくことが叶いました!(感謝)

ハーブや生薬、薬草などを使用したアフタヌーンランチ付き。
また、女性を応援するハーブや薬草、生薬のお話しにも触れてゆきます。

HDメニュー

◆植物療法の歴史やお国柄。

聖ヒルデガルドの4つの知恵について

◆最強のデトックスハーブとは

◆女性の応援ハーブ、生薬

◆修道院のレシピ などなど

1周年記念

 

 

あいにくただいまキャンセル待ちですが💦

参加ご希望のかたは、下記島田薬局にまでメール

またはお電話でお知らせいただけると幸いです。

その際は、参加の人数とお電話番号をお知らせください。

————————————————————————-✴︎

「植物療法のセミナーに参加希望です」とお伝えください☎︎

Mail: kusuri-shimada@khaki.plala.or.jp

Tel: 076ー268ー6833

関連記事

43歳の壁を越えて
残留農薬と生殖について
妊活セミナーを開催します!
妊娠と炎症について
生殖系やホルモン、漢方では腎です
とっておきの場所でセミナーをします
お腹に水がたまる!?
40歳、体外受精後の自然妊娠
血流の悪化は子宮につながる
病院選びに関すること
1 2 3 4 5 113
ページトップ