タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

保険診療がはじまって〜の不妊治療の混乱

GWの最終日,

お仕事があったかた、少しのんびりできたかた✨

そして

連休中も治療に忙しかった、というかたもおられたかと思います。

 

保険診療による不妊治療が開始となって

患者さんだけでなく

生殖医療を行うクリニックも

保険診療と自由診療のはざまで

(超)多忙と混乱が起きているように思えます💦

 

特に保険診療による体外受精は、

今までルーティンに行われていた技術や薬剤が保険診療では使うことができなくなるケースがあって、

結局、今まで通りの自由診療を選択するケースが多くなっています。

 

夫婦2人

保険で治療を行うには必ず夫婦同意の「計画書」を作成

途中で自由診療から保険診療に乗り換えはできません。

 

さて、

保険診療ではできなくなったこと

 

<採卵時>

・クロミッド(排卵誘発剤)が通算10錠までしか使用できない。

・hMG注射(より多くの受精卵を増やし育てる)も使用単位に制限。

・セトロタイドなど排卵止めに使う注射が使えない。

など

 

<移植時>

・貯卵(ちょらん)=凍結受精卵を貯める、ができない。

採卵して複数のタマゴがある場合、

基本、グレードの良いものから移植をしてゆくのですが、結局着床に至らず、次の移植で使うタマゴの質があまりよくないという場合(もちろん、見た目のグレードであり決して妊娠しないわけでない)とりあえずその卵は置いておき(貯卵)、次もまた採卵してみる!

という経験をされたかたもおられると思います。

しかし、それは保険診療では難しく、保険で採卵したら、移植で使い切るまで次の採卵はできないこととなっています。
貯卵は自由診療での体外受精をするしかありません

 

<ホルモン補充周期による移植>

・自分の卵巣の働きを抑え、予期せぬ排卵や黄体化を避ける点鼻薬(GnRHスプレー)は保険では使えなくなりました。

・不育症や着床後の血栓防止のためのバファリンが使用できなくなり、使用の必要のあるかたは自由診療を選ばなくてはなりません。

・内膜を厚くするためのエストラーナテープも保険では使える枚数に制限があるようで、なかなか内膜が厚くならず、追加が必要なかたは保険診療では難しいようです。

・2段階移植による2個胚の移植は保険診療ではできないが、2個胚の同時移植は保険適用で可能。(ただし、2個胚移植は、年齢や反復不成功などさまざまな条件をクリアしないとできない)

 

ざっと思いつくまま書いてみましたが、

結局のところ、

 

オーダーメイド的な体外受精は

自由診療のほうが進めやすく

その選択を自分自身で行ってゆくには

相当、生殖医療について勉強せねばならず

心底難しい時代になってしまったと憂慮しています。

 

 

もし、治療という大海に乗り出し

荒波のなか航路に迷っているならば

妊活カウンセリングにお越しくださいね。

船

 

ゴールデンウィークは、

主人と弾丸旅行に出かけました。

とにかく間近で

「富士山ドーン!!が見たい!と思ったのです。

飛行機の上から富士を見たことしかなかったので。

 

 

ホテル、マースガーデンウッドから朝焼けの富士山をのぞむ。

富士山

やっぱりパワーをもらえました✨

 

翌日は美術館巡り。

「光」を感じる作品にたくさん出会えました。

箱根はポーラ美術館

po-ra

 

デンマークの画家、ハマスホイ。

1度リアルを見たいと思っていたので嬉しかった。

ハマスホイ

「光」を感じられるのは「影」があるから。

 

今週からまた頑張ろう。

 

関連記事

愛すべき家族を持つことの強みと弱み
リプロダクションセンターの新設@鈴木レディスホスピタル様
不妊治療の保険適用いよいよ
「産後うつ」妊活経て出産後 苦しい想いをしていない?〜
妊娠前の体格やBMI、糖代謝異常の有無、実はとても大事です
更年期について綴ります②発汗とホットフラッシュ
不妊治療の保険適用はどうなってゆく?
男性不妊はなぜオープンに語られないのか?
流産を繰り返すとき漢方的に考えること
子宮内膜の厚さ「2ミリの差」の問題

愛すべき家族を持つことの強みと弱み

 

2月からのロシアによるウクライナへの侵攻。

ニュースを見ては、落ち込む、怒り、恐怖。

その繰り返し、つい眉間にシワを寄せつつ情報を集めている。

特に、女性や子供たちが苦しむ報道は心がヒリヒリと痛む

主人が(そんなにしんどいなら)

情報をあえて見ないほうがいいんじゃないの。

と私をたしなめる。

一人孤独

 

最近の妊活カウンセリングの対話の中で

 

(戦争やコロナ渦の混沌で)

こんな時代に子供を作るのは不安しかない

生まれてきても 日本が侵略されてしまったら?
 子供たちの未来はどうなんだろう

 

重く心にのしかかる不安を伝えてくださった女性がいた。

 

その気持ちは理解できる。

杞憂だとか、取り越し苦労だなんて、とても言えない。

 

 

では、最悪な状況に合わせ、自分の人生をセットして生きるのか?

それで良いのか?

というジレンマもきっと湧き上がるはず。

 

守るべき家族がいるということは

生きてゆく上で支え合い、心の励みや強みになるけれど

ときに、弱みにもなる。

弱みとは、守っていかねばならない責任の重さ

そして、

それを失うことの怖さも背負う

ということなのかなと考えたりする。

家族

 

モノクロームな心はここでいったんやめ

 

 

先々週、安定期にはいったNさんからお手紙をいただいた。

大好きな島田先生という言葉があって、熱きものがこみあげた😢✨

可愛い文字とは裏腹に、

モンスター柄の便箋のギャップに笑いもこみあげたよ💗

ありがとうございます。

IMG_8864

 

不妊治療、ことに体外受精の保険診療が開始となって3週間。

いろんなことが少しづつだけどぼやっとわかってきて、

ちょっとだけ愚痴をいわせてもらうと

そんな片手落ちの改定だったのね・・・!

と思うことが多々あり。

 

不妊治療の荒波を知識と情報をもって

乗り越えてゆくのは

ますます大変な時代になってきていると感じてしまう

 

 

だからこそ、

これからもできるだけ正しい情報を収集し、伝え

そして疲れた心と体を漢方で癒すこと。

体作りを応援したいと思う。

 

最後に、ちょっと美味しいネタを。

 

先日、女性の「揺らぎ」のセミナーを

石田屋ガマダンで開催させてもらったときのこと。

ランチ後のデザートはセミナーのための

女性ホルモンを元気にするようなデザートをとシェフにお願いし

できたのが、これ! ↓↓↓

IMG_8755

 

これ!セミナーのお食事タイムにて、ゲストの方々に好評だったのです。

そしてこのスイーツが!

ガマダンダイニングの定番になると本日聞きました!

発酵した小豆とクリームチーズのムースがふわふわでした。

特に、発酵した大豆は

アグリコン型のイソフラボン」が豊富。

その吸収も良く、女性の健康と美におすすめです

 

島田プロダクツの和漢ティザンヌ(漢方ハーブティー)

もこちらで一緒にいただくことができます。

GWはちょうどガーデンの樹々も美しい。

ぜひ行ってみてくださいね☕️

スクリーンショット 2022-04-23 0.53.21

関連記事

保険診療がはじまって〜の不妊治療の混乱
「産後うつ」妊活経て出産後 苦しい想いをしていない?〜
更年期について綴ります②発汗とホットフラッシュ
ZOOMによる妊活カウンセリングが始まりました
皆さんの頑張りは歴史を変えています
願いをひとつ叶えるとしたら
妊活カウンセリングについて今一度
最近の動向から〜必要なことに備える〜
移植のバリエーションとは
未来は常に過去を変えている(映画の名言)

リプロダクションセンターの新設@鈴木レディスホスピタル様

 

🌸桜開花の候となりました🌸✨

 

鈴木レディスホスピタル様。

IVFなどの生殖医療を行う新しい施設を昨年より建設中でしたが

完成し3月27日竣工、見学に行ってまいりました。

 

Suzuki Reproduction Center
(鈴木リプロダクションセンター)

裏手の駐車場から歩いてくると、目に飛び込んでくる

白を基調としたモダンな外観です。

 

IMG_8702

 

 

IMG_8701

センターの入り口 ↑↑↑

外来はこのセンターでは行わず、

診察が終わってからこちらで治療(採卵など)となるそうです。

また、培養士さんたちが作業を行うラボ(受精や培養、凍結を行う)

や、受精卵の凍結庫などもこちらにお引越しされました。

 

こちらで採卵を行います。

IMG_8697

 

採精用のメンズルームもありました。

IMG_8699

 

採卵が終わったあと、体をやすめる「回復室」

引き戸を引いてプライバシーを保つことができます

IMG_8700

 

 

 空間にマッチするよう自然に存在する壁面のシルバープレート。

IMG_8698

実は、このプレートを見て想いが込み上げました

それは、生殖医療の黎明期

不妊で苦しんでいるカップルがこんなにも多くいることが世に周知される以前。

顕微受精などの技術の向上に貢献された、いまは亡き辻培養士の功績を讃える言葉がこのプレートに刻まれていました

 

辻先生との出会いはもう10年前。

鈴木レディス様で治療を受けるお客様が

「親身になって受精卵のことなどを伝えてくれる。」

というお声を多々耳にし、、

それならばぜひ当薬局の妊活セミナーでご講演いただけないだろうか?

病院を通じて依頼、許可いただいたことが大きなご縁の始まりでした。

 

それ以来、生殖医療の最新の情報を伝授いただき、私にとっては生殖医療のご師匠様のような存在でした。

また、地元石川で「臨床培養士学会」が開催された平成28年、辻先生は大会長を務められ、

培養士(エンブリオロジスト)というお仕事の専門性の高さ、高度な技術や集中力を要するものだということも知りました。

2020年春、鈴木レディスホスピタルに最新の機器であるタイムラプスが導入され、その機器を見学させていただいた時が、辻先生と言葉を交わした最後の機会となりました。

その際も、タイムラプスは受精卵の発生の様子も判別できることから

流産につながる受精卵をあらかじめ排除することもできる可能性もあると。

ひとりでもそんなかたを少なくしたいと願っていると。

そんな言葉を伝えてくださいました。

 

その「タイムラプス」もリプロダクションセンターにお引越しです。

IMG_1784

 

このリプロダクションセンターには、

鈴木康夫院長先生をはじめとし、

多くの職員様の気持ちが込められている建物だと感じます。

 

この場所が、

1組でも多くのご夫婦の

福音をもたらず場になりますこと

心より願っています

 

私も微力ですが、妊活カウンセリンにて、

これからも、患者さまの悩みに寄り添ってゆきたいと思っております。

 

 

※ リプロダクションの意味は「生殖、繁殖」

 

関連記事

保険診療がはじまって〜の不妊治療の混乱
不妊治療の保険適用いよいよ
体外受精での治療では何が1番辛い?
「産後うつ」妊活経て出産後 苦しい想いをしていない?〜
妊娠前の体格やBMI、糖代謝異常の有無、実はとても大事です
不妊治療の保険適用はどうなってゆく?
男性不妊はなぜオープンに語られないのか?
流産を繰り返すとき漢方的に考えること
子宮内膜の厚さ「2ミリの差」の問題
なぜ体外受精の前にピルを飲むの?意外に知られていない基本のキ
1 2 3 4 5 129
ページトップ