タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

願いをひとつ叶えるとしたら

まずは・・<駐車スペースについてのお知らせ 🅿️>

当薬局の道を隔てて営業していたナルックスが

8月から年内のあいだ、取り壊し作業にかかります。
そのため(元)ナルックスの駐車場にはお停めいただくことができません。

薬局の前にある2台分のスペースにどうぞお停めください 🚘 🚖

また、店の前がいっぱいの場合
並びの商店街の1番端っこのお店(旧 和菓子屋さん)

(=藤江西の交差点を曲がってすぐ!)
の前の車1台分のスペースも島田薬局 専用駐車場🅿️ です。

臨時駐車場

島田薬局 駐車場🅿️ の目印あり↓↓↓

IMG_2695

みなさまにはご迷惑をお掛けいたします。

 

——————————————————–

ブログはここから ↓ ↓ ↓

 

今日は、出産されたお客様との再会がありました!

40代でご妊娠、ご出産されたM様。

女の子の赤ちゃん(生後2ヶ月)を連れて会いに来てくださいました。

 

Mさんは、、

一般的に安定期と言われる妊娠中期に流産を経験されました。

 

その後、当薬局に来てくださり、

数回の採卵に及ぶ体外受精を経ておめでた

そして、ご出産になりました🐣✨

 

抱っこする手 とうとうこの手で 抱っこできたんだーと思う。

まぐちBaby(泉美ちゃん)

(お写真掲載の了承を得ています)

 

彼女は、、わたしによく

「目標は生児出産です!と💦 時にドキっとする言葉で伝えてくれました。

 

せいじ しゅっさん

 

妊娠中期での流産は、その処置では苦痛を伴い、出産のような過程も。

彼女は

 

その小さすぎる命を抱っこしたこと

とてもかわいい子だったということ

愛おしくて仕方ないという感情を持ったこと

 

目を真っ赤にして、伝えてくれました。

 

そして、その悲しいお産をしたときに、

今度こそは

「生きた子を産みたい」と強く思ったのだと思う。

 

そんな経験からの

「生児出産が目標です」

だったのだと。

 

いま、

とうとう叶ったんだな〜と思うと

感動という言葉では伝えきれない。

 

 

今日はMさんとの会話のなかで、

願掛けに行った三重県は鳥羽の神社でお願いしたという

「石神さま」のことを伺いました。

なんでも、、

女性の願いを1つは叶えてくれる

というありがたい神社なんだそうです。

 

うちのお客様で子宝を望むかたで伊勢詣りなどに行く時にはオススメします!とのこと。

 

彼女はそのお願いごとをお札?に書く時も

「生児誕生望む」と書いたとのこと。。

でも、いいんじゃないかな、、

※お願いごとは具体的なほどいいと言います。

 

ひとつ願いを叶えてくれるとしたら・・・?

isigamisann

(写真は石神さまの記事、ぐるたびから添付)

https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1490/

 

またMさんは、赤ちゃんの心拍を聞く

「胎児超音波心音計」(エンジェルサウンド)

を病院に行けないとき、不安になるとき聞いていたそうです。

(その気持ち、とってもわかります。)

そして、この心音計をうちのお客様にも使用できるようにと

なんと、、寄付してくだったのです。

(※私は薬剤師ですので、この心音計を用いて診断や判断などの医療行為することはありません)

でも、その気持ち嬉しくて!!

どのように活用するか考えてみようと思いました!

IMG_2701

 

 

Mさん、ありがとうございました。

出会いに、ご縁に、感謝を込めて。

 

関連記事

急きょ新聞社の取材を受けてくださるかた(複数名)求む
「セイメイ」について思う
良いことも悪いことも
移植のバリエーションとは
私たちはどこへ行くのか?
未来は常に過去を変えている(映画の名言)
「ご縁はあちらからやってくる」
ヒトの生殖機能は秋がベスト?
信じる?「げんをかつぐ」こと
平成最後の総括:自分の身は自分で守る

急きょ新聞社の取材を受けてくださるかた(複数名)求む

2020年07月09日
テーマ:Messege for you

【 新聞社の取材(お茶を飲みながら気楽なスタイルで)を受けてくださる妊活女性を急きょ、求む。】

↑↑↑↑↑

プライバシーはもちろん守っていただきます!

 

過去数年前にさかのぼる。

うちのお客様で妊活をされていたかたが、北陸中日新聞のインタヴュー取材を受けてくださり、妊活の困難さを世間に大きく取り上げていただいた。

その時の記事。

今回は、その時とまた違った女性の記者さんに(北陸中日新聞)

妊活している女性のナマの声を取材してもらえそうなのです。

(ただし、記者さんの転勤の都合で7月中に限る)

 

今年の5月に少子化大綱改定を受け

現在、有識者や専門家がどこまで、どの部分を保険適用にできるか

慎重に議論されていることと思います。

 

これからの時代の妊活は、、、

コロナ感染拡大の憂慮を抱きつつ

治療をすすめてゆかねばなりません。

 

 

◉保険適用にするならこんなことをお願いしたい

◉(逆に)そんな補助いらない

◉本当に困難に感じていることはここ!

 

妊活のナマの声を届けませんか?

気楽に取材に応じてくださる妊活女性を数名探しています。

 

まだ、日時も、場所も決まっていませんが、

もし手をあげてくださるかた、おられましたら

島田までメールをいただけると幸いです。

(平日でも休日でも動けるかた、なお助かります)

kusuri-shimada@khaki.plala.or.jp

 

 

取り急ぎのブログでした!

 

 

 

 

関連記事

願いをひとつ叶えるとしたら
「セイメイ」について思う
良いことも悪いことも
私たちはどこへ行くのか?
「ご縁はあちらからやってくる」
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
優しきプロフェッショナルな医師
治療の合間の自然妊娠
祈りに立ち返る
1PNってどんな状態のタマゴ?

「セイメイ」について思う

2020年05月25日
テーマ:Messege for you

 

少し前になりますが、

4月1日付けで、コロナ感染拡大を受け

日本生殖医学会が

不妊治療の延期、特に、体外受精の採卵は中止を。
移植は延期を薦める。

という内容の声明が出ましたね´д` ;

 

病院ごと、そして患者さんによって温度差はあれど

通院できなくなった女性もおられたし

体外受精の移植を行う選択をされたかたは

ドキドキとコロナの恐怖に怯え

緊張感走る日々を過ごしていたかたもおられたかと思います。

(もちろん、マイペースで治療の選択をされていたかたも)

 

そして後日、5月18日

再び、生殖医学会から、

状況を見ながら、

治療の再開をお薦めするという声明。

 

 

もし、今後、第2の波がきたときも、

最終的には、状況を見ながら

自身でしかるべき時を判断する

それで良いのだ!とあらためて思うのです。

 

確かに妊婦がコロナに感染ということは

あってはならないことですし

諸事情あってのこの声明。

不妊治療をしているかたにだけ

この声明が向けられているということは

最初から疑問の声も💦

 

妊活をしているかたに「不要不急」はないのだから。

 

 

でも、ステイホームのあいだに、

自然妊娠が増えてくれたらそれはそれで最高!

でも、今の所その報告はないなぁ・・・

と思っていたら

yahoo!ニュースでこんなニュースを発見

↓↓↓↓↓

———————————————————–

【AFP=時事】

インドネシアの国家家族計画調整庁(BKKBN)は
19日, 新型コロナウイルス対策の外出制限の影響で
避妊や中絶手段へのアクセスが妨げられ、
予定していなかった妊娠に至っている女性が
40万人超に上る可能性があり
ベビーブームに直面しそうだと発表した。

 

20200520-00000024-jij_afp-000-7-view

写真、上記記事より フェイスシールドを付けた赤ちゃん

——————————————————————-

この記事を読んで思うこと、感じたこと。

 

日本ではどれくらいそんなご夫婦があるんだろう

 

そして

望まれて生まれてきた命と

望まれずに生まれてきた命の輝きはどちらも同じ。

奇跡的な確率で生まれてくる生命(いのち)が

幸せに迎えられることを心から望むなぁ。

ということ。

 

本当に生命の誕生は奇跡的なことなのだから。

 

✴︎

 

3つの目のセイメイは「姓名」。

筆文字

これは、筆文字アート✨

 

ここに記されているのは、

今月生まれたうちのお客様の赤ちゃんのお名前です♡

出産された赤ちゃんの名前を、うちのお客様が

書きますよ(ボランティアで)

って、お申し出くださって、

こんな素敵なお葉書を送ってくださいました。

本当にありがたくて。

 

 

また、以前も布マスクを作ってくださったかたから

さらにパワーアップして、

素敵なお手製マスクをたくさんいただく!!

マスク手作り

色や柄がとってもかわいくて感激!!

家族と争奪戦しました!😊

 

いろんなご縁に日々、感謝なのです。

 

 

関連記事

願いをひとつ叶えるとしたら
急きょ新聞社の取材を受けてくださるかた(複数名)求む
良いことも悪いことも
私たちはどこへ行くのか?
「ご縁はあちらからやってくる」
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
優しきプロフェッショナルな医師
治療の合間の自然妊娠
祈りに立ち返る
1PNってどんな状態のタマゴ?

良いことも悪いことも

2020年04月13日

 

世の中の、良いことも、悪いことも

COVID-19は表出させているんだ

と感じています。

 

✴︎

 

わたし、サギに遭ってしまったかも(~_~;)

マスクが届かないサギ、とやらに。。。

hand-disinfection-4954840_960_720

 

大手ネットショップでガーゼ製の布マスクと

不織布マスクを購入したものの

一向に届かない〜〜💦

出荷や配送のメールも無く、追跡もできない。

業者に連絡メールを入れるも、なしのつぶて💦

薬剤師もネットでマスクを購入しなくちゃならない

卸さんからも入荷してもらえない

これが今の現実です。

(ドラックストアに並ぶ根性もない・・・)

 

 

いつも快適に利用しているネットショッピングにも

こんな落とし穴があったことも

初めて知ることになりましたさ😣

 

 

 

後日談(4月15日追記)
数年前に妊活カウンセリングで通ってくださっていたTさん。

ブログを見てくださって、なんと´д` ;

ご自身の貴重なマスクを薬局に届けてくださったのです。

感謝を超えて、感動をいただきました。
(もちろん、申し訳なさもいっぱい💧)

 

また、さらに!

昔からの知り合いのAさんがお手製の布マスクを

6枚も届けてくださって!!

 

私たち、店をやっている者は、お客様から元気を分けていただいているのだ。

そう痛感した出来事でした。

Tさん、Aさん、ありがとうございました。

そんなわけで、もうマスクはいっぱいあります、愛もいっぱい!

 

✴︎

マスクこそ、そんな感じで世の中の不足が続いていますが、

スーパーに行くと

溢れるほど、美味しいものがいっぱいで幸せ〜と思う。

(今のところ)目立って物資がとだえることなく🚚

生産者さんが頑張ってくれてて🍅

それを流通してくれるひとがいて、

不特定多数のお客様を相手に

レジを打ってくれる店員さんがいて。

これがこんなにありがたいことだと

今さらながら、じみじみ感じています✨

 

✴︎

 

 

 

さて、この4月

生殖医療にもすこだけ朗報がありました。

特定不妊治療の助成の年齢上限が緩和され、

治療の開始年齢が今まで43歳未満だったところ

今回のこのコロナ感染拡大による影響を受け、

44歳未満までに引き上げられました。

 

同じく、

通算6回まで助成を受けられる40歳未満の年齢が41歳未満まで可能となりました。

※これは、本年度
(2021年の3月まで)だけの措置のようです。

 

そして、良いこととも、悪いこととも言えない4月1日付けの生殖医学会の声明

 

コロナ感染拡大を受け、

不妊治療の中止や延期を求める声明が発表されました。

 

金沢市では、タイミング療法も中止する婦人科も出てきました。

妊活カウンセリングを勤めさせていただいている鈴木レディスホスピタルでは

今のところ現状と変わらず治療は行なっています。

 

うちのお客様の反応はまちまち。

だけど、採卵を止める、というかたは意外に少ない。
(移植は延期という声は多々あれど)

ただ、、

ガーゼやアルコールなどの医療素材が今後不足して、、

救急や命に関わる医療に回さなくてはならず

万が一でも、治療が困難になることだって想定されます。

 

 

この時期をどうやって過ごすか?

 

自分のなか、ご夫婦のなかに

答えあるのだと思います。

 

いまは1日1日を乗り越えよう。

couples-1880985_960_720

 

 

免疫を落とさぬように心と身体を整えること。

意図してリラックスをすること。

 

これも妊娠しやすい身体作りとリンクしてゆくことと思います。

 

 

 

妊活カウンセリングの際に

ゆっくりとお伺いさせてくださいね。

 

 

関連記事

願いをひとつ叶えるとしたら
未熟なタマゴとは具体的にどんなことを指すのか?
急きょ新聞社の取材を受けてくださるかた(複数名)求む
不妊治療・体外受精はどこまで保険適用されるか?
「セイメイ」について思う
タイムラプスで胚を培養することのメリット
私たちはどこへ行くのか?
着床前検査の見解は変わってきている
FTで卵管を治療した直後の妊娠
「ご縁はあちらからやってくる」

私たちはどこへ行くのか?

2020年01月13日

【まずはお知らせ】

週末にご予約のメールを複数いただきました📩
ありがとうございます。
順次ご返信させていただきます。

しかしながら💦
最近、お客様からのご予約のメールに返信するも
島田薬局からのメールが、迷惑ボックスなどに収納され、
メールの返信に

気がついていただけない・・
そんなことが多々発生しております。
今一度、メールをご確認いただくか、
2日ほど経過してもお返事が届かない場合は
お電話をくださると幸いです📲

何卒よろしくお願いいたします。

 

✴︎

 

幕の内も明けて、、

新しい歳が明けて2週間もしないうちに

世界ではいろいろなことが起きた。

 

イランの司令官が米軍によって殺害されたことにより

イラン対アメリカの対立がさらに高まったり
(第三次世界大戦が起きないかとビクビクしたり)

ゴーン被告の日本からレバノンへの逃亡。

 

まったくよそのお国で起こっていて

自分とは無関係〜って思っているひとはいないと思うけれど

ここ日本に至っては

お正月明けにおせちやお餅で太って〜〜

などという会話が飛び交う飽食の状態で・・

「雪のないお正月はいいですね〜」

とは言ってみるものの、

温暖化による気候変動によるものだとしたら

のほほんとした気分にもなれなくて。

 

ずっと心に重石が乗っかっている。。。

 

ゴーン被告がなんども

「キャサリンに会いたかったんだ」

と言って、妻と抱き合っている姿を見た時、

一瞬、情にほだされる気分になったけれど

ゴーンの資産は1000億とも言われているらしく

どこをどうしたらそんなお金をためられる能力(からくりが)

あるんだろうとモヤモヤっと🌀

 

(このブログ、最後はどこに着地するのか自分でもわからないです💦)

 

そんな気分でいるから、、、

引き寄せる情報は

車のラジオをつけると

シングルマザーの2人にひとりは貧困というニュース📻


だったり、

 

面白いから絶対観るべき!と

第72回カンヌ国際映画祭<最高賞>パルムドール受賞!

という前触れでみにいった映画は

「パラサイト〜半地下の家族〜」。

最初っから最後まで飽きさせることのない訴求力で、

(ブラックユーモアたっぷりに!!!!)

ネガティブな「格差社会」を描いた作品でした。。

 

あ、それだけではないです、この映画の面白さ😂

PARA

 

これからの日本も格差がますます深刻になると思われ、

子供を産み育ててゆくとき

大きな覚悟が自然と必要になることと思います。

 

お金も、もちろん必要だけれども!!

子供たちに教えてゆきたいなぁと思うのは

「情報を自身で集め、選びとるチカラ」

かなと私は思う。

 

自分の直感力も磨いてゆくことが大事なことかなと

私なりに思っています。

 

 

振り込め詐欺のターゲットはもはや老人だけでなくなっていたり(~_~;)

安心と思って食べているものが本当に安心なのかわからなかったり。

 

 

 

私のブログを見てくださる皆様。

いつか母になる女性

父になる男性も。

 

まずは基本の「き」で

身の回りにある食べ物で

遺伝子組み換えのものを調べてみる。
(いっぱいあるからビックリするよ)

とか

どうしてアレルギーのひとが増えているのか考えてみたり

ペットボトルを買わないことによって

どんなメリットが(最終的に自分たちに)

あるのか考えてみたり。

 

それは、巡り巡って、

自分たちの身体へ還元されると思うのです。

 

 

やっと生まれてきた子供たちが

(健康に)

生活してゆくのにふさわしい世界なのか考えるということ。

自分で自分を守る力を 術を教えられるように。

 

 

What is your new year’s resolution?

 

さて、今年の目標は設定できましたか?
( 英会話を学んでいるのでちょっと英語で聞いてみた・・笑 )

 

 

 

 

関連記事

願いをひとつ叶えるとしたら
急きょ新聞社の取材を受けてくださるかた(複数名)求む
「セイメイ」について思う
良いことも悪いことも
最近の動向から〜必要なことに備える〜
頑張るというスタンス
「ご縁はあちらからやってくる」
銀とアルミニウム
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
砂糖の摂りすぎ、なぜ妊活に良くない?

「ご縁はあちらからやってくる」

2019年10月09日

 

今日は、劇的な1日だった。

 

私の、昔よりのささやかな念願が1つ叶い

新聞社様から2つ、取材をいただいた。

 

だけど、その関連事項で

不手際なことが明るみになって、

今朝は5時に、疲れとストレスから激しい頭痛で目覚め

吐き気をもよおしながら起床。

 

しかも、家族の発熱や店のバタバタと重なり

何か色々、思い通りにならず、哀しいのとはがゆい

 

世の中、色々なことがストレスになるけれど、

自分のキャパが狭いことを深く感じるほど

虚しいことはない。

 

そんなこんなで夕刻までのバタバタと裏腹に

心は低空飛行していた

 

そしてその夕刻、、

 

久々に予約があったMさん(40代)

(体外受精の)移植はもうとっくに終わって、

結果が出ている頃だけど連絡がなかったことから

(きっと、、ダメだったことの報告だろうか・・・)

 

とさらに(私の)テンションが実は低めで対面したけれど・・・

 

全くいつもと変わらぬ彼女の表情で

「今回もダメでした」

と言うのと全く同じリズムと表情で

 

「今日、心拍確認できました」

 

と・・・!!

 

そして、頭っから

(ダメだったのかも)

と言う気持ちで彼女と対峙した自分を同時にまた深く恥じた。

 

彼女は、、

今、座禅をたまに行っているらしく

 

そちらの庵主(あんじゅ)さんに

 

「求めてはいけない、ご縁はあちらさんからやってくるもの」

 

と言われていたそうだ。

 

(↓今日の写真はイメージです)

05

 

そんな禅の言葉や、

(頑張ったからこそ)
縁が向こうからちゃんとやってきてくれたMさんの神々しく見える表情や✨

求めることが多すぎて疲れ果てた自分の昨今を、、、

一気に振り返り、

そして、

彼女の妊娠の嬉しさ、高揚が相まって

涙がじわじわと

 

私も一緒に座禅させてもらおうかな。。と思った。
(結局、やってないけれど・・・汗)

 

「ご縁はあちらからやってくる」

 

この言葉、大事に信じてみたい。

 

 

 

関連記事

願いをひとつ叶えるとしたら
急きょ新聞社の取材を受けてくださるかた(複数名)求む
「セイメイ」について思う
良いことも悪いことも
私たちはどこへ行くのか?
AIDという選択は誰のために
妻43歳と夫無精子症からのご妊娠
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
優しきプロフェッショナルな医師
治療の合間の自然妊娠

平成最後の総括:自分の身は自分で守る

2019年04月28日

 

連休に入りましたが、、

本日も妊活カウンセリング、ほぼ予約いっぱいで店を開けております。

 

今月、金沢大学で開催される薬草教室へ出席しました

 

緑豊かな角間キャンパスのあちこちにはタンポポが咲き乱れていた。

しかも、一般的によく見られる西洋タンポポではなく、

日本在来種の「エゾタンポポ」と聞き、さらに愛おしき気持ちになる。

IMG_7390

タンポポの根は「蒲公英」と呼ばれ、

乳汁分泌作用、胆汁分泌、利尿作用 がある。

アスファルトの割れ目からも芽を出し、

タンポポの綿毛を四方に飛ばし、生命力の強さの象徴でもある

 

 

 

この数日間、寝起きが苦しく、何か悶々としてる私。

それは・・・

きっと、平成から令和への

節目からくるざわざわとした心の波風

(と、、自己分析

 

きっと妊娠に向けて治療をしている方も

同じような想いで、ざわざわしているに違いないと思う。

 

 

こんなに医学は発展しても

不妊で悩む人は増え続けている。

 

 

朝、ネットから飛び込んでくるニュースは

 

子宮内膜症の発見 を、

タンポンの 経血で簡単に 

マーカーチェック出来るように

 

などとある

 

そんな一見明るそうなニュースの裏には

世界の不妊治療サービス市場は

2023年までに310億ドルに達し

2016年の2倍近くになる!

 

とのことで、

不妊治療に向けてのベンチャーを目指す企業が

どんどん多くなっているということでもあり、

それって、、つまり、

ビジネスになるということなんだね

 

 

 

私は、10年以上続けてきたこの妊活ブログを通して、

色々なテーマで、

妊活にまつわる情報や知識、症例、セミナー

そして日々のカウンセリングで

自分の心が動いたことをアップしてきました。

 

 

なぜ!?

妊娠しにくい体質が作られるのか?

不妊症は増えているのですか?

 

と尋ねられたら、

おおよそ自分の中の答えも固まっている。

 

 

そして、

 

 

こんな環境因子(農薬、電磁波などなど)が、

こんな食べ物が

こんな油が

こんな添加物が

こんなライフスタイルが

こんな薬が

 

悪影響を及ぼしています

 

とわかったところで、

 

 

世の中は、企業は、人は、それを作り続け、また 選択するんだね。。

 

だからこそ

 

自分自身を、家族を、守るには

 

自分で情報を学び、取捨選択してゆかないと

と思うのです。

 

 

私は、これからもそんなことを

小さな小さな現場から発信してゆきます。

 

 

 

関連記事

願いをひとつ叶えるとしたら
急きょ新聞社の取材を受けてくださるかた(複数名)求む
「セイメイ」について思う
良いことも悪いことも
最近の動向から〜必要なことに備える〜
やっと!油(脂質)が生殖にも重要と認知されてきました
私たちはどこへ行くのか?
「ご縁はあちらからやってくる」
AIDという選択は誰のために
ピル服用直後のAMHの値

優しきプロフェッショナルな医師

2019年03月13日

婦人科の領域ではないのですが、

数ヶ月前のこと、

わたしの妹のつながりで、皮膚科(ご専門は形成外科)

T先生とお知り合いになる機会に恵まれました。

 

患者目線での

良いお医者さん の定義とはなんでしょうか?

 

腕の良さはもちろんのこと

 

親身に患者に寄り添ってくれること

 

という意見がよく挙げられると思います。

 

説明がていねい

話をよく聞いてくれる

というのも上記のなかに含まれるでしょう。

 

私個人の意見を加えさせていただくと

寄り添うよりも、

 

(人として)謙虚であること

 

そして

 

人の痛みを知る(分かろうとしてくれる)

こと。

 

上記、T先生は、

その人としての謙虚さをお話しされる言葉の端々に

お人柄を感じ、

お話ししていてホッとする気持ちでした。

 

 

 

後日談

妊活をしながらアレルギーに悩まされているお客様に

T先生をご紹介させていただいたのですが

 

あんなに丁寧にヒアリングをしてもらったのは初めて!

 

とのフィードバック。

そして、毎日出ていた体の発疹も数日でていないとのこと!

 

 

プロフェッショナルな名医は

心、言葉で患者さんをケアできるものなんだな。

 

とあらためて想った。

 

 

先生、ありがとうございます。

 

 

先週会いに来てくれた,ママになったKさん。

このかたは、ハードな妊活(反復する流産)と

それ以上に、

ハードな妊娠期間(半分が入院)を送りましたが😓

最後には

「多くのひとに助けられて 産むことができました」

と伝えてくれました。

 

久々の「タマゴのち天使」くん。

IMG_7139-2-266x300

(※お写真と記事のアップはお客様に了承を得ています)

 

妊娠後、仕事を辞めざるを得なくなり

その時に、いっぱい悲しみに暮れたことも

時にくやしいおもいをしたことも

多くのひとに恩をうけたことも

 

きっと、これからの子育てのなかに生かされ

この子に伝えられてゆくのならば、

そんな期間も無駄ではなかったのだ。

 

って、

 

今になって思えますね

 

いや、ほんとに。

 

 

彼女の よ〜がんばったね!!!!

 

って思えるところは

いつも最後は

「わたし 絶対に元気に産みますから」

って宣言していたこと。

 

いつも不安に押しつぶされそうな心理だったことは

痛いくらいにわかっていました。

 

さぁ、また春がやってくる。

 

( 謙虚に、、自分にも言い聞かせます )

 

 

 

関連記事

願いをひとつ叶えるとしたら
急きょ新聞社の取材を受けてくださるかた(複数名)求む
「セイメイ」について思う
良いことも悪いことも
私たちはどこへ行くのか?
「ご縁はあちらからやってくる」
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
治療の合間の自然妊娠
祈りに立ち返る
1PNってどんな状態のタマゴ?

治療の合間の自然妊娠

2019年02月20日

治療の合間の自然妊娠・・・

そんなことって本当にあるの??

 

実はちょこちょこっと、あります。

 

それは、もともと、

自然妊娠の可能性だって十分にあるかたも

焦りや不安で早めに治療されている場合などのケースもあるし、

もう一つは

境遇の変化、転勤など仕事の変化、

あるいは、

(ちょっと不謹慎でごめんなさい)

なのですが、祖母、祖父などの親しき人との死別など、

何かしら「環境の変化」があったときにも

自然妊娠というものはやってくるんだなぁと感じています。

 

先週も、カウンセリングの予約でこられた方が

突然座るやいなや(顔つきは冷静に〜)

 

「こんなことになってました」

 

と見せてくれたのは、

胎嚢(約妊娠5週でみられる胎芽が入る袋)の写真✨

 

彼女は、治療に疲れ、

しばらく診察に通うのをやめます。。という流れがあって

漢方を始めだしたのも功を奏したのか、

ちょうどおりものが出ていると言われたので

「この辺でタイミングを取ってみるといいね」

とお伝えしていたところでした。

 

まさか、そのタイミングで妊娠されるなんて〜!です。

 

(やっぱりオリモノが出るって大事ですね!)

 

 

また、別の方ですが、

昨年はいよいよ体外受精にステップアップ

という直前に妊娠判明!

 

なんてこともありました。

 

ですので、

 

ストレスから逃れ、少し目線を変える

 

自ら環境の変化をおこしてみる

 

ということもアリなのかもしれません。

 

⭐︎

 

話は変わり、、

 

皆さんには「ときめくこと」ってありますか?

 

大好きなアーティストのコンサートにゆく

お金を溜めてジュエリーを買う

大好きなお菓子を食べる

大好きな旦那様とデートする
(ダンナぁ??って声が出そうな・・笑)

 

すっかり世界のこんまりとなった

近藤麻理恵が提唱する

お片づけのメソッド、ご存知でしょうか?

 

 

面白いなぁと思うのは

お片づけしたり、整理をしたりするときに

モノを要る、要らない、使う、使わないというベクトルでなく

 

「ときめくか、ときめかないか」

 

であるということ。

 

触って、もはやときめきを失ったものは、

捨てる(あるいは寄付をする)。

 

自分の部屋のいつも目のつく場所に

大好きなものを置く

ときめくものを置く

 

大事らしい。

 

ときめき

 

を英語に訳すと「Spark  of  joy 」というらしいけど

Spaek(きらきらっ)のような気持ちを

いつも持っていることはきっと気の流れが良くなり

きっと幸運を引き寄せやすくなるんじゃないか!?

 

そんなことを、私が昔よく読んでいた

浅見帆帆子さんの本にも書いてあったな。

 

そんなこともあって、

最近、&Premiumという人気の雑誌に載っていた

作家さんの手作りの真鍮の匙を購入した✨

(1000円台で買えるのよ〜)
見ててニマニマする。。

春にふさわしいデトックスにスギナのお茶を飲む。

もちろんこのお匙でハーブを扱って。

IMG_6967

 

週末は石田屋さんの「くるみど展」で古物のシュガーポットを購入。

銀器だったので、黒サビをクリーナ使って磨くこと1時間!

使えるようになりました✨

30173248_Unknown 2

 

ここ、なにげににお宝の山✨(笑)
2月いっぱいやっているそうです。

IMG_6971

春はもうすぐ。

皆様も自分のできる範囲で

気持ちがスパークリングすることを選んでみてくださいね。

 

関連記事

願いをひとつ叶えるとしたら
急きょ新聞社の取材を受けてくださるかた(複数名)求む
「セイメイ」について思う
良いことも悪いことも
私たちはどこへ行くのか?
「ご縁はあちらからやってくる」
AIDという選択は誰のために
妻43歳と夫無精子症からのご妊娠
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
優しきプロフェッショナルな医師

祈りに立ち返る

2018年12月28日
テーマ:Messege for you

今年も残すところ、わずかとなりました。

 

今日は、メールにて

1件の妊娠報告と

1件のお電話での妊娠判定が陰性だった報告あり。

 

また、移植周期が始まったばかりなのに

インフルエンザに罹ってしまいどうしたらよいか、

というお電話もありました

おひとり、おひとりの人生と向き合う仕事をさせていただき、

今年も過ぎようとしています。

 

そして、、

今年も深く心に思っていることは、

 

年齢のために

採卵できなくなっているとか、

採卵しても受精卵の質が悪いことととか、

ましてや、

受精卵の染色体異常が多くなることなど

 

女性のからだのごく自然な成り立ちであって

必然的な、自然現象であり

自分自身を攻めるべき要素など

全くないということ。

 

ただ、そこで命を生み出す「結果」を求めることに

心とからだに負荷がかかってしまう。

 

諦めなくてはならないのに、諦めることができない。

認めなくちゃいけないのだけど、認めたくない。

 

いつか、腑に落ちて、

必然だったのだと思える時がやってきます。

 

⭐︎

 

昨年の締めのブログでも、
自分の好きな詩をアップしたと思うのですが、
今年もこの詩を引用させていただきます。

 

ニーバーの祈り

O God, give us
serenity to accept what cannot be changed,
courage to change what should be changed,
and wisdom to distinguish the one from the other.

 

神よ

私たちに  変えられないものを受け入れる 心の平穏を与えて下さい。

変えることのできるものを変える 勇気を与えて下さい。

そして 変えることのできるものと

できないものを見分ける賢さを与えて下さい。

 

⭐︎

 

みなさんはどんな年末を過ごされているだろう。

私は以前このブログでも書きましたが、

二度同じ映画観ることはかつてなかったことなのに

「ボヘミアンラプソディー」

にはまってしまい、

2回目はイオンかほくの3面スクリーンで鑑賞してきました

 

主役のフレディマーキュリーが、いま生きていたら、

きっとエイズで命を落とすことも(治療法が発達しているので)、

マイノリティの偏見もさほどでなく

もっと生きやすい世の中だったかな、と思う。

 

エイズに感染したことを仲間に報告し

同情や悲観をはねのけるべく

「自分が何者かは自分が決める」

といった言葉。

ほか、心に刺さるシーンばかりでした。

 

ラスト21分のライブエイドの映像は、

完全にわたしの涙活(るいかつ)!(笑)

 

自分が決めて選んで行ったことに間違いはない。

そこに意味付けをするのも自分。

mainff

 

 

来年も皆様にとって、実り多き、素晴らしい1年になることを

心から祈ります。

 

 

 

関連記事

願いをひとつ叶えるとしたら
急きょ新聞社の取材を受けてくださるかた(複数名)求む
「セイメイ」について思う
良いことも悪いことも
私たちはどこへ行くのか?
「ご縁はあちらからやってくる」
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
優しきプロフェッショナルな医師
治療の合間の自然妊娠
1PNってどんな状態のタマゴ?
ページトップ