タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

AIDという選択は誰のために

2019年08月20日

 

まず、

夫以外の精子を使って、人工授精することを

「AID(非配偶者間人工授精)」

と言います。

 

今日はちょっとだけ重いテーマですが、

昔、本当に10年以上昔、、

ご主人様は精子が造られない病気だと知った

そんなお客様(女性)の

それは苦しい胸のうちのご相談を受けたことを

この記事を読んで、ひたひたと思い出しました 。

気が進まぬ精子提供による不妊治療を繰り返し、心身の健康を害した妻

 

そして、この記事中にもあるように

AIDの歴史は結構長く、70年以上にわたって

ひっそりと今もなお

行われているという背景があります。

 

それを受けるご夫婦が、迷いや葛藤の中から

苦渋の決断をされ、

様々なリスク(想像してみてください)

を承知で行うのは良いのではないか、

と思うのですが、

この記事では、

子供が思春期になった時、

自分の父親がどこの誰なのか知る余地もない

という状況はどんな心理的な影響を及ぼすのか

計り知れないと。

(出自を知る権利の法整備は日本では止まったまま)

 

そして、、

不妊治療の本当の主役は

治療によって生まれてきた子供なのである

 

そう結ばれており、

まさしく、と思った。

 

今や19組にひとりの割合で体外受精で

生まれた赤ちゃんが誕生している。

 

自分たち夫婦のタマゴ(卵子)と精子で

赤ちゃんを出産できるということ。

 

それだけで

受精卵のように丸く収まり

何も(出自については)説明はいらない

 

なぜ、こんな苦しい治療を選択しているのだろう

とふと感じた時、

「陰中陽=陰の中にも陽があり」

別の捉え方もできるのではないか。

 

✴︎

 

そんな中、、

 

先週〜今週も力強きことと、

とても哀しいこと、両方があった。

 

「力強きこと」

40代中盤の方の着床の報告があったこと✨

他、20代、30代の着床報告1名づつあったこと✨

 

どうかこのまま、まずは胎嚢確認を迎えて欲しいと思う。

 

そして、もう一つ。

 

先週は、40代で妊娠、出産されたKさんご夫婦が

息子さんを連れて、逢いにきてくださった。

 

Kさんご夫婦も決して簡単に妊娠出産に至ったわけじゃなくて。

どれだけ苦しい思いを何度も乗り越えてきたかと思うと

ご主人様の爽やかな笑顔が

キュウ〜っと胸に刺さるくらい眩しい。

 

素敵なお皿(珠州焼き)までいただき。

まだもったいなくて、、使っていません。。

お蕎麦でも乗っけようかな。ありがとうございます!

IMG_0130

 

本当に、

逢いにきてくださってありがとうございます。

 

✴︎

 

また話がちょっとそれるけれど

ハリウッドスターのアンジェリーナジョリーの長男(養子)さんが

韓国の大学に進学することになったという記事を読んだ。

長男はカンボジアが故郷という。

 

彼も思春期。

もう、自分のルーツとか、出自について

深く考える旅 始まっているのかな、とか、、

 

そんなことを思った。

gettyimages-845808652-1565114636

写真はネットからお借りしてきました。

 

関連記事

「ご縁はあちらからやってくる」
妻43歳と夫無精子症からのご妊娠
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
治療の合間の自然妊娠
陰から陽に抜ける日
不調さえ自分の大事な一部
自分の魂を愉しませること
自分自身でいること
生殖系やホルモン、漢方では腎です
意味づけなど必要ない

夫の食や体質を見直すことの必要性

2019年08月06日

 

猛暑の候、お見舞い申し上げます。

 

室内はクーラーでキンキンと冷え、

室外は猛暑という

この気温差で自律神経や体力が弱っている方を

最近少しづつお見受けするようになった今日この頃。

 

今日は基本「き」に戻る内容ですが、

 

流産を繰り返ししてしまう

 

着床するのに胎嚢確認まで至らない

 

というかたで

特に不育症の要素が見当たらない場合。

 

徹底的にディープな不育症の検査に進まれたり、

心理的な八方塞がりな状態に陥ってしまう。

という方も少なくないのですが、、

 

ちょっと待ってくださいね

 

それは、本当に

受け皿(女性の着床能)の問題であるのか?

 

今一度考えてみるのも大事ではないでしょうか?

 

精子側のDNA損傷があると

卵子が修復しきれずに、

受精卵として 染色体異常が起きてしまい

着床してもうまく継続しない
(初期流産)

 

ということが多く報告されています。

 

そう、、

卵子のせいだけでないのです。

 

これは、実は、本当に!

とっても大事なことで

世の女性たちは真面目で

食や冷えの改善、漢方、サプリの摂取など

自分自身は妊活に良いことに努力を惜しみませんが、

以外に夫の「食」や「生活習慣」には

多少気にしつつもノーマークなことが多いようです。

 

精子は、、

どんなに見かけの運動率が問題なくても

数がたくさんいても、

高度生殖医療による精子の選別治療を受けたとしても
(ICSIやIMSIなど)

DNAの損傷が起きているか否かまではわかりません。

 

精子をケアするようなこと

例えば

 

食生活

生活スタイル

体質

抗酸化

サプリメントや漢方

 

今一度、一緒に考えましょう。

 

✴︎

 

たまに、

友人へのプレゼント探しやお祝いの品探しに伺う

高木屋金物店様(昨年ここでセミナーを開催)

IMG_7967

 

今回は知人のお店の新規オープンのお祝いに
桐のハンガーを購入しました。(壁のリングがかわいい〜)

桐のハンガー

 

裏手の駐車場にはまさに今、蓮の畑が広がっています。

IMG_7965

なぜ、仏教関連のイラストに蓮の花がよく登場するのでしょうか?

それは、

阿弥陀経(あみだきょう)には、

「極楽には蓮の花が咲いている」

と説かれているからなんだそうです。

その一説には

〜淤泥不染の徳(おでいふぜんのとく)〜とあり、

ドロドロなぬかるんだ泥田からも、

蓮の花は泥にも染まらぬ美しい色の花を咲かせる✨

とあります。

 

言霊だなぁ。。。

時に、ドロドロな心になる私には

心の清涼剤のような(笑)

 

そろそろお盆ですね。

あともうひと頑張り。

 

関連記事

FTで卵管を治療した直後の妊娠
ヒトの生殖機能は秋がベスト?
ピル服用直後のAMHの値
嫉妬という感情の扱いかた
3つの着床能の検査
運動ってなぜ大事ですか?ミトコンドリアの見解から
染色体異常ということを理解するために①
甲状腺機能低下とヨード
着床の窓は前にずれている?(ERA検査)
43歳の壁を越えて
ページトップ