タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

自分自身でいること

2017年12月29日

 

本日は仕事納め。

今日はサプライズがいっぱい

 

1年ぶり(?)くらいに突然来てくださって、

お手紙付きの贈り物をくださったAさん(感激)。

 

おもちをついて持ってきてくれるお客様。

 

そして、今日は

今年最後のご妊娠報告のKさん1件と

 

着床してなかったよ、の報告も1件。

 

そして、、

お電話は、子宮がんがステージ3!

という疑惑から、細胞検査、MRIと大学病院で検査結果を待つ方から。

 

「MRIの結果、ガンじゃなかったです!筋腫だったようです。

 ほんとうにご心配おかけしました!」

 

の声に安堵のため息。

 

それこそ、365日を凝縮したかのような1日。

 

そうね、、命があってこそ、の日々ですよね。

 

 

来年にまた治療を持ち越したかた

 

妊娠できたけど残念ながら流産してしまったかた

 

治療を諦められずにもやもやしているかた

 

今までの夫婦関係にピリオドを打ったかた

 

元気でいなくちゃ、

 

笑顔でいなくちゃ、

 

じゃなくっても大丈夫

 

陰極まれば陽に転ず

 

無理して抑えようとせず

あるがままの自分の感情に身を任せた方が

立ち上がれるもの。

 

今日、郵便局でおつかいの帰りには、

大好きなミスチルの

「昨日のNo, 明日のYes」を車で聴く。

 

 

昨日のOhNoは 明日のYes

変えるのは君なのです 君なのです
コケるのは何度だってかまわないのです。

昨日のOhNoは 明日のYes 変えるのは君なのです

最後に笑っていればそれでいいのです~〜♫

 

そっか、コケるのは何度だってかまわないのね。

 

最後に笑っていれば。

 

 

島田のプライベートでは、、

来年からは、新しいことにまたチャレンジし始める1年になりそうです。

 

気学によると、今年わたしの1年は

運気がストップしたかのように枯れる1年だったそうですが

 

 

でも、今年はNARDのアロマアドバイザーとして

精油の知識を深めることができたこと

フランス語を学び、その言語の響きの美しさにうっとり、、

でも、全然上達しなくて

それでも、楽しめたこと。

そう、、

フランスは、2022年までに

学校の給食の半分をオーガニックにすると宣言したそうで、

ますます、有機農業、BIOの国として、

そして、フィト(植物)セラピーの国として、

わたしの熱くこがれる気持は上昇するばかり

 

今年は、プロヴァンススタイルの雑誌で発見し、

勝手に憧れ続けていた南フランスはゴルドーという小さな村の

シャンブルドットのオーナー、

ウェンディさんに会いに行くことができました。

 

この旅は始まりは、

ロストバゲージ(機内預けの荷物が行方不明!)や

パリからのトランジット飛行機の運航停止など

個人手配の旅の者にはかなりキツいトラブル続きの旅でした。

それゆえ、予定より1日遅れで、

ゴルドーの村々が眼下に見えたときは泣けてきた

IMG_3374

 

プロヴァンススタイルの雑誌に写っているウェンディ、

美しく優しいかただったなぁ。

FullSizeRender

この写真を見て↑↑憧れていたお部屋に泊まり、

写真のウェンディさん本人に会えました。

緊張して、フランス語はおろか、

英語すらでてこない自分が

悲しかったなぁ。

IMG_3477

あーあ、、私の顔の大きさったら(笑)

 

今年プライベートのなかで1番みずみずしく、

美しいプロヴァンスの夏とともに

忘れられない出来事。

 

メディカルアロマ用の精油(もちろんBIO)も日本より安価!

パリの薬局で購入してきたりもした。

ごそっと数十本、大人買い

IMG_3510

 

来年は、フランスの植物療法について、

もっと勉強したいと思っています。

 

さぁ、来年はどんな1年が待っているでしょうか?

 

希望に満ちたものでありますように。

 

あたながあなたらしく

輝く1年になりますように。

 

 

関連記事

妊活セミナー参加御礼
お盆によせて〜ご縁というもの〜
意味づけなど必要ない
骨密度、足りてますか?
無痛分娩について
妊娠前に知っておいてほしい病気①
大事な時間の共有これからも
どんな気持ちで12月を迎えていても
気持ちに行き詰まったら読む本
寄り添い,受けとめるということ

オリーブオイルの目利きは大事

 

今日は夕飯のときに自分でチャチャッと作った

サラダ用のドレッシングが美味しすぎて感動

 

それは、あきらかに私の味付けの妙でなく、、

噂のショップで購入した「ラベンダービネガー」のなせる技!!

主人も「酸味があるのに甘くておいしい〜」と。

このラベンダービネガーにオリーブオイルと良いお塩、

そして胡椒を振っただけのレシピなんです。

市販のドレッシングが使えなくなる深い味です。

 

原料も添加物なし!

もう片方は「ピーチビネガー」

甘いので炭酸割りにして飲む予定

IMG_4325

この噂のショップ、、OIL&Vineger

私は今年の夏に行ったのですが、時間外でお店が閉まっていたので

今回行ったのはリベンジだったのです。

が!とても残念なことに、訳あって、多くのかたに惜しまれながらも、

12月で閉店することになったようです

そんな事情で、12月いっぱいまでは店内のもの、すべて半額だそう

 

そんなこともあって、

私も最高級のエクストラヴァージンのオイルを購入したり、

家族、友人用のプレゼントを購入!

 

管に入っているオイルはエキストラヴァージン。

賞を受賞したなど、各国自慢の銘オイルがすらっと並んでます。

IMG_4311

 

特殊なガラス容器のオイルは、ハーブなどを抽出したオイル、

そして各種ビネガー

見ていてワクワクです。

IMG_4310

 

ところで、、

植物油(サラダオイル)はトランス型の油脂ということで

体によろしくない、体をサビつかせる、酸化させる、

ということは周知されてきたせいで、

代替として、多くのかたが

オリーブオイル

を日常に使う傾向のようです。

 

そこで!

 

大事!オリーブオイルを選ぶコツ

 

① 使うならエキストラヴァージンを。

低温圧搾法という過程で精製され、添加物や溶剤を使わずに作られるので

有害なトランス脂肪酸の発生が比較的抑えられるからです(少しは発生する)。
保存されている瓶は、日光による酸化を防ぐため、遮光瓶に入っているものを選ぶ。

ですので、自宅での保存も暗い場所に保存がマスト。

 

③ エキストラヴァージンのオリーブオイルは熱に強いオレイン酸とはいえ、

高温の熱による酸化が起こるという意見も。

ですので、長時間フライパンのうえで熱したり、

フライ用の油にするのはいかなるものか〜です

もちろん、ささっと炒めものに使うのはアリだとは思います。

 

 

 

話かわり、先日、美容院にいったときのこと、担当の20代女子2名が、

衣服の柔軟剤にどこのメーカーのなんという製品を使うか盛り上がっていた。

 

illustrain02-sentaku09

 

でも、わたし、、

 

「衣服の柔軟剤の匂いは、私ダメねん

  ああいう化学合成されたケミカルな匂いがダメなんです。

 

といつもの店で話すようなホンネで喋ってしまったため、

女子2名はキョトーーーン

あぁ、イカンイカンと思いつつ、

笑ってごまかした(汗)

でも、ホント、あの香りで吐きそうになったりしたことも。。

 

 

香りの成分である芳香分子は

体内に入って、鼻腔から入り身体中をめぐる。

例えば、アロマオイルの精油がホルモン系にまで作用するのも中枢系にまで影響を与えるからなのだ。

だからアロマはホルモン系にも作用する。

香りといえど、ケミカルでなく、自然由来のものをとり入れたい。

 

今日は自分と主人のピロースプレーを製作した。

今年フランスの薬局で大量に購入してきたBIOの精油、プラナロム社のもので。

以前、ロクシタンで購入したルームスプレーの香りの再現をしたくて

いろいろ精油を合わせてみたが、なかなか再現できず。

 

結局、殺菌効果のローズマリーシネオール

神経系がリラックスできるようにカモマイルローマン、

ほか、大好きなジュニパーヤラベンダーアングスティフォリアやオレンジ。

そんな清々しいブレンドを作った

 

最近は、痛みや不安のための精油を

ブレンドすることが多かったのですが、

こんなこともやっています。

 

自分好みの香りで寝室を整えるのは気持ちが良いです

トライしてみたい方、おっしゃってくださいね。

IMG_4324

あ、ちなみに、自然由来のもだから、

すべて体に良い、合う、ではないです。

精油によって禁忌があるものも。

私も日々勉強中です。

 

さて、今年もあと10日、気を張ってゆこう。

 

関連記事

残留農薬と生殖について
祈ることの効用
今年見て最高に感動した実話映画
体からのサインを見逃さない
卵管造影検査で気をつけること
養殖より国産、天然
排卵するまでにタマゴが影響をうける因子
血の巡りは卵胞の成長に大事!
オートファジーと妊活の重要な繋がり
妊活と水素水について

残留農薬と生殖について

 

 

もう今年も残すところ2週間となってしまいましたね。

家の掃除も、年賀状も、まるで何も手をつけていないことに

だんだん焦る今日この頃

今年は、大事なかたへのお歳暮はなにかと安心な秋川牧園のポークを。

そして、自身には、お正月に生薬をいっぱい詰めてサムゲタンを作ろう!

そう意気込み、やはり秋川牧園の

抗生物質など薬品不使用で飼育した丸鷄を一羽、オーダーしました。

年末に届く予定で楽しみ♬

 

昨今、無農薬の野菜や果物への関心が

わたしの周囲でも高まっています。

そんななか、

今年の10月30日に発表されたハーバード大学の研究チームの

下記の結果がアメリカでは話題になっているという記事を発見。

(Chiu YH, et al. JAMA Intern Med. 2017 Oct 30)

それによると、

 

高残留農薬作物を多く摂取したグループは、

妊娠率および出生率が有意に低下していた。

 

というものです。

 

この研究は、不妊治療を受けている女性325人を対象にしたもので、

それぞれが普段食べている野菜・果実をもとに

米国農務省の農薬データプログラムの検査値に基づいて、

野菜・果実の種類ごとに低〜中~高の農薬残留の度合いを分類し、

「高残留農薬」摂取グループから「低残留農薬」摂取グループまで、残留農薬量によって4グループに分け、その後の妊娠率・出生率を比較したものだそうです。

(直接、尿や血液中の農薬濃度を測定したものではないということです。)

結果、高残留農薬作物を多く摂取したと思われるグループは、妊娠率および出生率が有意に低下していたとの結果になったとのこと。

 

わたし、思うに、

こういう研究がハーバード大で行われること自体、

残留農薬は生殖毒、生殖に影響がある

とあらかじめ予測されていて行う気がしています。

 

この研究チームは、2年前には、

「残留農薬による精液の質の低下」についても

報告しているそうです。

(Hum Reprod. 2015 Jun; 30(6): 1342–1351.)。

 

普段、スーパーなどで購入する野菜に

どのくらいの農薬が残留しているのか?

個人で検出できる方法、目視で確認できる方法、ってないのかなぁ?

といつも思っているわたしにも、

上記の研究発表はショックでした

 

有機野菜や無農薬野菜って、種類があまりないし、

販売しているお店も少なく、

しかもやや高めだしね。。

11002001735

 

そんなことを思っている最中、

 

本町ストラット(気になった方は自身で検索してみてね)さんに

お声がけいただき、先週は有志で実際に農業の第一線で頑張っている

「農業女子」を囲み、農業についての勉強会に参加してきました。

 

講師は能美市で自然栽培でお米や野菜を作っている「宮田農園」さん。

 

ありがたいことに、

私はここの無農薬栽培、化学肥料不使用の

お米を購入させてもらっている。

 

勉強会では、予想はしていたものの、聞いていたものの、、

一般的な慣行栽培のお米を作るのに

使われる農薬、使用の頻度に、ため息。

一例として、お米を育てるスタートライン、

種もみ、発芽、のときから、ネオニコチノイド系の薬品で消毒。

 

かたや、自然栽培は60度のお湯に浸透させて自然消毒だという。

なぜ、そうせざるを得ないのか、

という一般農家さんの悲哀を知るきっかけにもなる。

 

自然栽培のお米の収穫は毎年ごくごくわずか。

その、負けない執念ともいえる生育方法を聞き、新たに感謝の念。

 

大事に大事に食べます。

17554575_204843783342307_561625161989874838_n

その宮田農園さんの水田には、

今年の夏、餌をさがすために、こうのとりが舞い降り、

紙面でも話題になった。

20525185_265877900572228_385308464957684774_n

 

もちろん!

農薬がすべて悪いわけではないことは十分承知しており、

それが必要な場合だってある。

 

そして、農薬を使わずに、おいしいお米を作るのが

どんなに大変なことかを知ったいま、

誰が継承してゆけるか、ということも大きな

問題でしょう。

 

だけど!石川は羽咋市が、

お米の自然栽培で町おこしに成功した例もある!

どんどん自然栽培を学ぶために

若いかたが移住しているとの朗報も聞く。

 

 

みなさんにも、もっと無農薬野菜やお米について

興味を持って欲しい

 

そう思っています。

 

また店頭にてお伝えしますね。

 

関連記事

オリーブオイルの目利きは大事
ちまたで噂のあのニュースについて
体からのサインを見逃さない
妊活セミナーを開催します!
妊娠と炎症について
生殖系やホルモン、漢方では腎です
子宮内の細菌叢バランスと着床
その飲み物ちょっと待った。。
とっておきの場所でセミナーをします
養殖より国産、天然
1 2 3 4 5 95
ページトップ