タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

ハーブランチ付きのセミナーのご案内【満席】

2019年08月31日

 

お知らせの欄でも告知させていただきましたが、
セミナーのお知らせです。

 

【 女性のための薬草・ハーブ・植物療法 】

〜中世ドイツ 聖ヒルデガルドの4つ知恵とハーブレシピを味わう午後〜🌿

1回目 10月12日

※追加開催11月4日

申し訳ありません、両日ともに満席になっております🙏
キャンセルが出ましたら随時ご案内いたします

✴︎——————————————————————————✴︎

日時:2019年 10月12日、11月4日
13時半開場 14時セミナー開始

15時よりハーブ料理のアフタヌーンランチ 🍽

場所:石田屋Gamadan ダイニング

参加費:5500円(税抜き)和漢ティザンヌ付☕️

定員:14名

✴︎————————————————————————✴︎

ヒルデガルド・フォン・ビンケン

という名前を聞いたことがありますか?

 

聖ヒルデカルドは、現在に通じるの薬草やハーブを使った植物療法を書に記し、

フィトセラピーの第一人者とも呼ばれる12世紀のドイツを生きた修道女です。

今から約900年前の時代、修道院という場所は、

宗教だけでなく⛪️、学問や市民の医療の提供の場でもありました📚

ヒルデガルドの教えを学ぶほどに、東洋医学や、

アーユルヴェーダーなどのホリスティック(全体性)な考え方との共通点を見出します。

医食同源、陰陽、そして自然界に存在するエレメンツとの深い関わり。

ヒルデガルドが残したメッセージ、修道院の文化、

ハーブや薬草を通して、先人の教えを学び、

私たちの「心とカラダ」について考える、

アカデミックな秋の1日にしたいと思います。

 

そして!!なんと♡

当日、ヒルデガルドが特に大事にしていた素材やレシピを一部、石田屋ガマダンの松村シェフに再現いただくことが叶いました!(感謝)

ハーブや生薬、薬草などを使用したアフタヌーンランチ付き。
また、女性を応援するハーブや薬草、生薬のお話しにも触れてゆきます。

HDメニュー

◆植物療法の歴史やお国柄。

聖ヒルデガルドの4つの知恵について

◆最強のデトックスハーブとは

◆女性の応援ハーブ、生薬

◆修道院のレシピ などなど

1周年記念

 

 

あいにくただいまキャンセル待ちですが💦

参加ご希望のかたは、下記島田薬局にまでメール

またはお電話でお知らせいただけると幸いです。

その際は、参加の人数とお電話番号をお知らせください。

————————————————————————-✴︎

「植物療法のセミナーに参加希望です」とお伝えください☎︎

Mail: kusuri-shimada@khaki.plala.or.jp

Tel: 076ー268ー6833

関連記事

43歳の壁を越えて
残留農薬と生殖について
妊活セミナーを開催します!
妊娠と炎症について
生殖系やホルモン、漢方では腎です
とっておきの場所でセミナーをします
お腹に水がたまる!?
40歳、体外受精後の自然妊娠
血流の悪化は子宮につながる
病院選びに関すること

43歳の壁を越えて

2018年10月09日
テーマ:生殖医療 , 研修会

 

静かに、第一段階、報告。

 

先週、、
うちのお客様で44歳のかた2名それぞれが、

まずは胎嚢まで そして、おひとりは心拍まで

進むことができました。

 

もちろん、年齢的には流産率も高いので、

まだまだ安心できず、、

可能性を信じることしかいまはできません。

 

そして、このお二人は、

もう1年以上、真面目に、通い続けてくださった方々。

努力が実ったとか、

漢方が効いた、

とか、そんなことを言いたいのではなく、

 

自分の可能性を信じ続けることの

モチベーションを

繋いでくれてありがとう。

 

頭がさがる気持ちでいます。

 

 

✳︎

 

先週はとっても緊張することがあった

それは、

石川の地では、多くのかたが不妊治療に通う

鈴木レディスホスピタル様の院内の勉強会にお呼びいただき

妊活や漢方カウンセリングについてお話しさせていただきました。

 

医師、培養師チーム、そして看護師さんら

専門職のかたが集う前でのお話しは、

超キンチョ〜(苦笑)

43124943_1862064503901593_6141401069722271744_n

心の声

( 緊張するのは、自分を良く見せたいからなのよ

   良く見せる必要はない

   等身大の自分の気持ちを話せ。)

 

と心に言い聞かせ、話に臨むわたし。

さかのぼること5年前、

北國新聞の「女性の目」という対談で

鈴木レディスホスピタルの看護師長Tさんとお会いし、

そこからのご縁をいただいたのでした。

いまもなお、看護師長のTさん、優しさに溢れていて素敵でした

また、うちの妊活セミナーでもご講演を賜っている

辻培養師長さんも、日本の培養師のなかでも

ピカイチの腕だと(勝手に)信じています。

 

✳︎

 

今週の連休は、21日のお茶会セミナー向けて

スライドの準備、ほか様々な用事に追われました

今週は北陸中日新聞社さんからも取材が入り

なんだかソワソワが止まらない。。

 

セミナーは定員満員ですが、

まだ数名、お茶を飲みに来ていただける枠があります。

気になったらメール、お電話くださいね。

 

 

今日はずっ〜と行きたいと思ってた長町の

カフェとギャラリーと陶芸教室がある

「Creava  クリーヴァ」を覗いてきました。

IMG_6180

 

黒木紗世さんの「花を纏う」シリーズが

少〜しだけ置いてあって

手に取って見ることができました。

「いや〜 まっこと 美しきかこつです 」

(せごどん風)

 
気分転換しゅうりょう〜!

関連記事

ハーブランチ付きのセミナーのご案内【満席】
夫の食や体質を見直すことの必要性
ピル服用直後のAMHの値
3つの着床能の検査
染色体異常ということを理解するために①
着床の窓は前にずれている?(ERA検査)
ニッポン男性力クライシス
自分の魂を愉しませること
不育症とストレスの関係は?
内膜症の増加、おこっている異変

残留農薬と生殖について

2017年12月16日

 

 

もう今年も残すところ2週間となってしまいましたね。

家の掃除も、年賀状も、まるで何も手をつけていないことに

だんだん焦る今日この頃

今年は、大事なかたへのお歳暮はなにかと安心な秋川牧園のポークを。

そして、自身には、お正月に生薬をいっぱい詰めてサムゲタンを作ろう!

そう意気込み、やはり秋川牧園の

抗生物質など薬品不使用で飼育した丸鷄を一羽、オーダーしました。

年末に届く予定で楽しみ♬

 

昨今、無農薬の野菜や果物への関心が

わたしの周囲でも高まっています。

そんななか、

今年の10月30日に発表されたハーバード大学の研究チームの

下記の結果がアメリカでは話題になっているという記事を発見。

(Chiu YH, et al. JAMA Intern Med. 2017 Oct 30)

それによると、

 

高残留農薬作物を多く摂取したグループは、

妊娠率および出生率が有意に低下していた。

 

というものです。

 

この研究は、不妊治療を受けている女性325人を対象にしたもので、

それぞれが普段食べている野菜・果実をもとに

米国農務省の農薬データプログラムの検査値に基づいて、

野菜・果実の種類ごとに低〜中~高の農薬残留の度合いを分類し、

「高残留農薬」摂取グループから「低残留農薬」摂取グループまで、残留農薬量によって4グループに分け、その後の妊娠率・出生率を比較したものだそうです。

(直接、尿や血液中の農薬濃度を測定したものではないということです。)

結果、高残留農薬作物を多く摂取したと思われるグループは、妊娠率および出生率が有意に低下していたとの結果になったとのこと。

 

わたし、思うに、

こういう研究がハーバード大で行われること自体、

残留農薬は生殖毒、生殖に影響がある

とあらかじめ予測されていて行う気がしています。

 

この研究チームは、2年前には、

「残留農薬による精液の質の低下」についても

報告しているそうです。

(Hum Reprod. 2015 Jun; 30(6): 1342–1351.)。

 

普段、スーパーなどで購入する野菜に

どのくらいの農薬が残留しているのか?

個人で検出できる方法、目視で確認できる方法、ってないのかなぁ?

といつも思っているわたしにも、

上記の研究発表はショックでした

 

有機野菜や無農薬野菜って、種類があまりないし、

販売しているお店も少なく、

しかもやや高めだしね。。

11002001735

 

そんなことを思っている最中、

 

本町ストラット(気になった方は自身で検索してみてね)さんに

お声がけいただき、先週は有志で実際に農業の第一線で頑張っている

「農業女子」を囲み、農業についての勉強会に参加してきました。

 

講師は能美市で自然栽培でお米や野菜を作っている「宮田農園」さん。

 

ありがたいことに、

私はここの無農薬栽培、化学肥料不使用の

お米を購入させてもらっている。

 

勉強会では、予想はしていたものの、聞いていたものの、、

一般的な慣行栽培のお米を作るのに

使われる農薬、使用の頻度に、ため息。

一例として、お米を育てるスタートライン、

種もみ、発芽、のときから、ネオニコチノイド系の薬品で消毒。

 

かたや、自然栽培は60度のお湯に浸透させて自然消毒だという。

なぜ、そうせざるを得ないのか、

という一般農家さんの悲哀を知るきっかけにもなる。

 

自然栽培のお米の収穫は毎年ごくごくわずか。

その、負けない執念ともいえる生育方法を聞き、新たに感謝の念。

 

大事に大事に食べます。

17554575_204843783342307_561625161989874838_n

その宮田農園さんの水田には、

今年の夏、餌をさがすために、こうのとりが舞い降り、

紙面でも話題になった。

20525185_265877900572228_385308464957684774_n

 

もちろん!

農薬がすべて悪いわけではないことは十分承知しており、

それが必要な場合だってある。

 

そして、農薬を使わずに、おいしいお米を作るのが

どんなに大変なことかを知ったいま、

誰が継承してゆけるか、ということも大きな

問題でしょう。

 

だけど!石川は羽咋市が、

お米の自然栽培で町おこしに成功した例もある!

どんどん自然栽培を学ぶために

若いかたが移住しているとの朗報も聞く。

 

 

みなさんにも、もっと無農薬野菜やお米について

興味を持って欲しい

 

そう思っています。

 

また店頭にてお伝えしますね。

 

関連記事

ヒトの生殖機能は秋がベスト?
ハーブランチ付きのセミナーのご案内【満席】
夫の食や体質を見直すことの必要性
ピル服用直後のAMHの値
嫉妬という感情の扱いかた
銀とアルミニウム
運動ってなぜ大事ですか?ミトコンドリアの見解から
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
甲状腺機能低下とヨード
健康なごはんって何だろうね??

妊活セミナーを開催します!

2017年09月25日

《妊活セミナー開催のお知らせ》

 

来る11月12日の日曜日、

1年ぶりの「妊活セミナー」を開催します。

————————————————————–⭐︎

会場:金沢市地場産業センター(本館第7会議室)

時間:14時〜16時半くらい

参加費:1500円(薬膳のお茶とお勧めのお菓子付き

定員:20〜25名

申し込み方法)

kusuri-shimada@khaki.plala.or.jp

までメールまたはお電話(076-268-6833)

お名前とご連絡がつくお電話番号をお伝えください。

————————————————————–⭐︎

妊活セミナー

なるべく年齢が近いかたとお話や情報共有できるような

茶話会形式で開催したいと思っております。

昨年は20名満席になりましたので、

ご希望のかたはお早めにメール、またはお電話ください

もう通算11回目の開催になります。

今回はうちに、今現在通われているお客様でなくても

参加できますので

このお知らせを見られて

参加してみたい、

島田にちょっと聞いてみたいことがある

生殖医療の最新情報を知りたいかた、

気持ちをらく〜に、気を張らずご参加ください。

ほぼ皆さんが各々ひとりで参加されます。

ご夫婦での参加も可能です。

では今回の趣旨を。

《特別講師》

鈴木レディスホスピタル培養士  辻敏徳先生

《演題》

最新の治療についてスライドで講演。

《島田からのテーマ》

エストロゲン依存性疾患である

子宮内膜症と環境ホルモン、食のかかわりについて

ほか、普段カウンセリング時にはお話していない情報など

シェアしたいと思います。

⭐︎

毎回、うちの妊活セミナーは、学びの場であると共に、

妊活をしている女性らの交流の場にもなっていると感じます

体外受精の治療数は今年は過去最高を更新しました。

いまや、不妊は誰にでも起こりうる問題です。

だからといって、ただ不安に陥ったり、情報ジプシーにならないで。

皆さんで情報をシェアし、いま、取り組めることを見つめ直す。

そんな会になれば嬉しく思います。

では、皆様のご参加をお待ちしております。

有意義な会になりますように。

関連記事

ハーブランチ付きのセミナーのご案内【満席】
夫の食や体質を見直すことの必要性
ピル服用直後のAMHの値
3つの着床能の検査
染色体異常ということを理解するために①
着床の窓は前にずれている?(ERA検査)
43歳の壁を越えて
お茶から始める身近なフィトセラピー
ニッポン男性力クライシス
自分の魂を愉しませること

妊娠と炎症について

2017年09月10日
テーマ:生殖医療 , 研修会

今日は大阪。

昨年発足されたばかりの統合医療生殖学会での研修会に参加してきました

 

冒頭にDr.ショウキ先生のお話しのなかで

まず、子宮、卵巣の「炎症」についての講義がありました。

 

スライドは子宮内視鏡による炎症所見を解説しておられます。

FullSizeRender

 

どんなに良いタマゴが作られていても、

子宮内膜炎などによって

子宮内の環境が整っていなかったら、

炎症」があったら、

着床につながらない。

 

それは子宮の内膜だけでなく、

卵巣や卵管の「炎症」も同じことがいえるということ。

 

もう少し、具体的に言うと、

 

卵管の炎症で、水腫があったら

水が内膜のなかに流入してきて、

受精卵の着床を妨げているかもしれない。

 

ものすごい勢いで増加している

梅毒」も性病感染の一種ですが、

これも、腹膜や卵管などに炎症を起こし、

不妊の原因になっている。

 

内膜症も「炎症」のひとつとして捉えることもできる。

 

 

この「炎症」というキーワード。

じつは、私も最近、よくカウンセリング中にお話しすることです。

 

 

妊娠と炎症の関係、もっと考えていかなくては、と思った1日でした。

 

そして、酸化を防ぎ、

炎症を和らげるのが得意な漢方の紹介、

もっと深くお話しする必要がある!そう思いました。

 

 

先週の土曜日、

41歳のAさん。

県外の生殖医療専門病院にて

体外受精、1回目の採卵、1回目の移植にて着床反応が出ました

まずはお電話でお知らせを受けのですが、

40代でこれはすごいことです。

 

このかたは、AMHが良好、

たくさんのタマゴが採れ、

複数個の良好胚盤胞に到達し、凍結できた。

ということは、資質的にも素晴らしいのですが、

もうひとつ、

せっかく良好胚盤胞があるのなら!

と、移植前に、

内膜の状態を内視鏡にて検査を行いました。

そこで、複数個のポリープが見つかったのです。

 

急がば回れ、ではないですが、ポリープを摘出し、

その後移植にのぞみました

 

良好胚だけでなく、そんな丁寧さも

もしかしたら今回の着床につながっているのかもしれません。

 

いまはただ、来週、無事に胎嚢が見えることを祈るのみです。

 

 

関連記事

ハーブランチ付きのセミナーのご案内【満席】
夫の食や体質を見直すことの必要性
ピル服用直後のAMHの値
3つの着床能の検査
染色体異常ということを理解するために①
着床の窓は前にずれている?(ERA検査)
43歳の壁を越えて
ニッポン男性力クライシス
自分の魂を愉しませること
不育症とストレスの関係は?

生殖系やホルモン、漢方では腎です

2017年08月07日

立秋のはじまり。

もう暦は秋に入りました

 

先週、それはうれしいお便りをいただきました

幾度もの流産を乗り越え、

金沢で妊娠したのち、

県外へ転勤になり

その後も安胎のために漢方を送っていたYさんからの

7月の出産報告とかわいいBabyの写真でした。

 

Yさんは臨月のドタンバで

尿たんぱくの数値がハネあがり、

入院になったことなど、

決して安産とも言えない経過の出産だったそうですが、

とりあえず、いまは母子ともに健康とのこと。

ほんとうにホっとしました。

 

思い起こすと、、

彼女はもともと「腎と肺」が弱いタイプでした。

問診では「腎」の欄にチェックが複数はいったのを覚えています。

 

東洋医学では「腎」は生殖機能と大きく関わる臓器です。

ここの働きが弱いと、卵巣の働きが弱くなること、

そして、流産しやすくなることがあると考えます。

 

また、肺は東洋医学では、

体に邪が入り込むのをバリアする機能を持ち

免疫力と呼吸器系と深く関わりのある臓器です。

セミナー8月6日取り出し

 

 

だから、、出産のお手紙を読んで

「尿中たんぱく」が基準値を大きく超えてしまったこと、

あぁ、腎のタイプだった〜〜!

と、思い起こし、妊娠中期〜後期までまったく問題なかったから

腎のケアがノーマークだったことを少々後悔。

 

腎のケアとは?

それは、排泄や泌尿器のみならず、

生命力やホルモン、成長、老化をケアすることになります。

 

これまた一見難しいハナシなのですが、

また店頭でチェックさせていただきます。

⭐︎

 

おとといの「生薬と五行の知識セミナー」では

そんな五行の知識について、

主に「病気」と「感情」について

少し詳しく五行の流れ、読み解き方を解説してゆきました。

計9名のかたが参加してくださいました。

 

みんな一生懸命に学んでくれています。

IMG_3795

開催場所は、、、

わたしのとっておきとも言える♡大好きな場所。

不室にあるヴィラ、、デリケートトゥールさん。

(住宅やお庭の建築を手がける工務店さんです)

IMG_3779

 

ここから見える景色が大好き。

IMG_3780

 

翌日の日曜は、ちょっと疲れ気味でしたが

朝から「美味しい玄米の炊き方」の教室へ。

 

 

結論から言えば、

玄米は土鍋で炊くのがサイコーなのさ!!

 

ってことでした(はしょりすぎ?笑)

 

 

マクロビのご飯も一緒に実食。

IMG_3788

 

そういえば、、

 

わたしのお休みの過ごし方は、

心と体がヘルシーなものを

求めていることに、ふと、気がつく。

 

先々週は、鳥越まで

無農薬でブルーベリーを育てている農家さんを訪ね

(これもありがたいことに、お客様との繋がりです!)

ほんとうに甘くて酸っぱい、

もぎたてのブルーベリーを

お腹いっぱいになるまで頬張ってきました。

 

そのブルーベリー畑はまるでパワースポットのよう。

敷地が光のオーブで包まれていて感動的でした!

IMG_3769

 

今まで食べたことがないほど

大粒の果実。

ほんとうに素敵な体験でした。

IMG_3764

また9月に行けたらいいなぁ。。

 

 

関連記事

「ご縁はあちらからやってくる」
ハーブランチ付きのセミナーのご案内【満席】
AIDという選択は誰のために
妻43歳と夫無精子症からのご妊娠
治療の合間の自然妊娠
43歳の壁を越えて
夏のむくみ、夏の漢方
日日是好日の本当の意味
妊娠後期の葉酸サプリのリスクは?
残留農薬と生殖について

とっておきの場所でセミナーをします

2017年06月17日
テーマ:イベント , 研修会

「今度はいつセミナーしますか?」

「五行のセミナーを聞きたいのですが。」

 

そう言ってくださるお客様のありがたいお声。

(自分のなかで)夏場はセミナーはオフタイムなのですが、

ここなら開催したい!

と思えるすてきなスポットでのご縁があったので

真夏のセミナーを開催させていただきます。

 

セミナーのお知らせ>

 

ヨーロピアンなカントリーハウスで学ぶ午後
〜生薬と五行の知識(体、感情編)

漢方や生薬の効能、薬膳レシピについて知る。

生薬を生活のなかで応用できるように。五行説の基礎にも触れます。

自然に囲まれた空間でアンティークな気分に浸る。

セミナー8月6日取り出し

 

<詳細>

日時) 8月5日(土曜日)14時〜17時くらい 
場所)  デリケートトゥールさんにて
定員) 10名  
参加費)税込5500円
講師)島田薬局 : 島田和美 (薬剤師)

満席となりました。
キャンセル待ちでよかったらご連絡お待ちしております。
お一人での参加も気を張らずお越しくださいね。


☆

今回は、生薬について深く学んでゆく上で、

自分の体(臓器、臓腑)の弱いところ、感情との関わり、

養生法などを東洋医学の概念を「五行説」を通して学びます。

せっかく学んだ知識を活かせるように生薬を使った薬膳レシピや、

使い方についても触れます。(資料作り頑張っています!

参加特典として、使ってみたい生薬を3種類、

お持ち帰りすることができます。

もちろん、漢方茶とスイーツタイムもあります!

薬膳のスイーツも素敵なんです!

楽しみにしてくださいね!!

 

そして!

今回は、わたし(島田)も大好きな場所

のどかな大自然!里山にあるデリケートトゥールさんにて開催です。

(デリケートトゥールさんは不室町にある、主にヨーロピアンカントリースタイルの住宅を手がける工務店さんです。)

この素敵な工務店のショップでは、

輸入雑貨やオーナー様が6月末フランスで買付けしてきたアンティーク小物を見たり(購入もできます)

今回は特別に!オーナー様の住居スペースも

見学させてもらえるとのこと(これも楽しみ!)。

ヨーロッパの田舎にいるような気分で学び、

癒されていただきたいです。


では!デリケートトゥールさんの素敵な画像をご覧あれ。

CRW_0201+

フランス風のアンティーク雑貨が並ぶキッチン。

IMG_1017

テラス席もすてき〜。

IMG_1024

このお部屋でセミナーを↓↓

DT-063

セミナーの参加ご希望のかたは

島田薬局(076−268−6833)までお電話いただき

直接お申し込みいただくか、

kusuri-shimada@khaki.plala.or.jp

までメールください。

メールには

1)お名前

2)携帯のお電話番号

をお願いいたします。

デリケートトゥールさんの所在地はコチラ↓↓↓

所在地:

石川県金沢市不室町は133−1
PHONE:076-236-1315

来られる時は、お車で

かつ、ナビがあると便利かもしれません。

 

 

 

関連記事

ハーブランチ付きのセミナーのご案内【満席】
43歳の壁を越えて
お茶から始める身近なフィトセラピー
残留農薬にホタテのホタパくん
残留農薬と生殖について
妊活セミナーを開催します!
妊娠と炎症について
生殖系やホルモン、漢方では腎です
中年の星でいいじゃない
血流の悪化は子宮につながる

血流の悪化は子宮につながる

2016年06月29日

まずはお知らせ

今日29日から明日30日にかけて

名古屋に漢方の研修に行きます。

カウンセリングはお休みですが、

商品はお出しできますので、

事前にご連絡ください。

 

 

来月23日のセミナーでは、

私も「子宮を元気にする」ということにフォーカスして

お話しをさせてただきたいと思っています。

IMG_1238

 

子宮は平滑筋。

自分でコントロールして動かすことができない臓器ですが、

意識して、意図して、

子宮の血流を元気にするにはどうしたら良いのか

というお話しや、

 

 

子宮は「血の海」という漢方の言葉があるのですが、

血流は、生命にかかわる大事な場所を優先で流れます。

血流の1番大事な場所、

さて、どこでしょうね?

残念ながら子宮ではありません。

脳、心臓、そして、肝臓。

ここの血流がしっかり満たされてこそ、

子宮に「余裕のある分」が巡ってきます。

低血圧、めまい、冷え

これは血流悪化のサイン。

 

なんていうこともお話ししたいと思っています。

 

⭐︎

 

昨日、友人(女性)が訪ねてきてくれて

こんなすてきな花束をいきなり〜⭐︎

お誕生日だということ

すっかり自分でも忘れていたんです。

 

サプライズにびっくり!

IMG_1275

ありがたいな。

友人に感謝。

あぁ、

40代最後の1年を(も)

悔いなく 感謝して

わたしは駆け抜けます!

 

関連記事

ヒトの生殖機能は秋がベスト?
ハーブランチ付きのセミナーのご案内【満席】
夫の食や体質を見直すことの必要性
ピル服用直後のAMHの値
嫉妬という感情の扱いかた
運動ってなぜ大事ですか?ミトコンドリアの見解から
甲状腺機能低下とヨード
43歳の壁を越えて
命を植えること
妊娠後期の葉酸サプリのリスクは?

病院選びに関すること

2016年06月01日
テーマ:研修会

漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

 

高度な不妊治療を行ううえで、

多くの方がもっともストレスを感じていることと。

 

それは、

通院、治療しているのに結果がでないこと

と言われます。

もちろんそうですよね。

 

そして、

通院に関わるストレス

医師との意思疎通が取りにくいこと

金銭的な負担

なども挙げらます。

 

この病院ならきっと大丈夫!

期待を込めて、通院し始めたものの、

予約の取りににくさがあったり、待ち時間が長かったり

(都会の病院では診察まで数時間待ちということも!)

医師の言葉に一喜一憂したり、

自分に合っていないのかなという治療方法に

もんもんとしたり、、

 

今年に入り うちのお客様のなかで、

石川の病院を脱して、、

県外に転院されたかた、

検査に行かれたかた、本当に多かったです。

 

みなさん、今も期待と勇気を持って挑まれています。

⭐︎

 

今日、勉強のために読ませていただいている

松林秀彦先生のブログを見て

大きく心を動かされた記事があったので

コピペします。

 ———————————————————————-

<医師の選び方>

医師が患者さんの治療に

どこまで思い入れを持っているか(親身になっているか)

これが重要です。

熱意のない治療は「その場限り(その場しのぎ)」になりかねません。

妊娠治療はそもそも確率の低い治療です。

体外受精でさえ、40%で上出来、30%で普通、20%で成績不振という世界です。

他の医療とは比べものにならないくらい低い確率です。

妊娠判定(ー)の時に、「これはしょうがないんです」というスタンスではなく、

「少しでも改善の可能性を探っていきましょう」

というスタンスの医師がより好感度の高い医師だと思います。

満足度の高い医療は、

たとえ結果が出なくてもいかに納得できるプロセスをとっているか

だと思います。

医師~患者関係は、上下関係ではなく、対等な関係、

つまり患者さん側に立った診療が望ましいと考えます。

もちろん、ヒト対ヒトには相性というものが存在します。

相性の合わない医師~患者関係は良好とは言えません。

 

⭐︎

 

がんばっているみなさんの想いを

専門知識を持って、受け止めてくれる

そんな生殖医療の病院が

石川県にも増えるといいなぁ、

そう思っています。

 

私は良い卵子を少しでも育めるような、

体つくりを本気でサポートし続けたいです。

 

7月23日のセミナー(妊活お茶会)でも

お話ししたいと思います。

まだまだ空きがありますよ〜。

妊活お茶会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ハーブランチ付きのセミナーのご案内【満席】
43歳の壁を越えて
残留農薬と生殖について
妊活セミナーを開催します!
妊娠と炎症について
生殖系やホルモン、漢方では腎です
とっておきの場所でセミナーをします
血流の悪化は子宮につながる
サンタクルス、吉田Dr.の講義で学んだこと
エンブリオロジスト学会 in 金沢を見学

サンタクルス、吉田Dr.の講義で学んだこと

2016年03月15日
テーマ:生殖医療 , 研修会

石川県は金沢市で 妊活カウンセリング、漢方カウンセリング を通して

あなたの「心とからだ」を整えるお手伝いがしたい

漢方薬剤師、心理士、認定不妊カウンセラーの和みです

 

 

 

 

先々週は、妊活カウンセリングで東京、

先週は、福井での漢方セミナーで行い、

今週は、新大阪での子宝カウンセラーの会に出席

 と、、

まるで走っているかのようなここ数週間

(その合間に弾丸沖縄も。。)

 

気のバリアをしっかり張って、

食べ過ぎないよう

寝不足しないようやっています

 

さて、

3月13日の大阪は

「子宝カウンセラーの会」で学んできたことを

お伝えしますね

 

今回の講師は、

大阪は夙川(しゅくがわ)と宝塚に

2つの婦人科、産科を開業されている

サンタクルスの吉田昌弘先生でした。

 

このクリニック、、、

もう、なにこれ?!ホテルっていうほど、、

ゴージャスクラシック!!(←そんな造語を作ってみた)

shuku_img03

それもそのはず、

コンセプトはマタニティリゾートだそうです。

 

ゴージャス 

bd374d36573c1664a7183e10cfc436c5

 

堅実な(?)石川県人が見たら、

そこにそんなにお金かけなくとも、って

内心、感じるかもしれません

 

 

でも、理事長の吉田先生の講演を聴き始めたら

そんな不安(?)も一蹴され、

表向きな面だけでなく、

とてもしっかりとした「医療」に取り組んでいるのが伝わりました。

 

まずは、昨今注目をされている

「着床前診断」についての

サンタクルスさんでのスクリーニング検査方法について。

 

サンタクルスでは「オスカー法」といい、

胎児の首のむくみ( NT)と

母体の血清マーカーを組み合わせて精度を高め、

陰性陽性の線引きであるカットオフ値を定めているとのこと。

 

OSCAR法

FullSizeRender 

 

その流れで、

 

よく行われているクアトロテストは、あまりおすすめしません。

 あれ、高齢のかたが行うと陽性率が高くなるんですよね。

 

とおっしゃったこと、私も心のなかで大きく共鳴

 

いままで数名のかたが基準値よりはるかに高い陽性率となり

ヒヤヒヤ、ドキドキし、羊水検査まで及んだけど

赤ちゃん染色体には異常がなかった!

というケースがあった(よかった!)

でも、あれはほんと、心臓に悪い。

 

また、NIPT(新型出生前診断)についても勉強。

その判定の原理を知る。

IMG_0506

 

 

次のトピックは、ちょっと話が重くなりますが、

産婦人科が抱えるリスクについて。

 

これは、同じく妊婦が抱えるリスクとも言えます。

 

実際にあった症例を紹介しながら、

妊婦がどんなに経過が良好であっても

予期できないリスクが起こり得る

ということをあらためて実感。

 

私がスライドを見ていて、

脳裏に思い出されていたのは

人気ドラマ「コウノドリ」の一場面。

医療者と妊婦、その家族の心の葛藤でした。

 

母子間輸血症候群)

FullSizeRender

 

胎盤早期剥離)

FullSizeRender

 

癒着胎盤)

高齢妊婦に多くなるという癒着胎盤。

胎盤の絨毛組織が子宮壁面(脱落膜)にベッタリくっつき、

侵食されることによって起こる。

分娩直後、胎盤が剥がれずに分娩後出血過多となったりする。

FullSizeRender

 

妊娠前から、子宮を

元気に、プリプリに!

整えることの必要をやっぱり感じた。

(でも、やっぱり早く宿し、早く産むことがベストなのはいうまでもありません)

 

吉田先生いわく、

 産科医は

なにか大きな問題があったとき、

幸せな妊娠生活から一変して

「天国から地獄」を味わう性質がある。

 

訴訟を起こされるのが1番多い科でもある。

 

とした上で

 

それでも、生まれ変わったらまた産科の医者になりたい

 

とおっしゃったのがとても印象的だったな。

 

産婦人科医の深刻な不足も講演の話のなかにありました。

 

それでも、ほら、日本は世界に比べて(米国に比べても)

妊産婦死亡率が低いのね。

クリックで拡大↓↓

FullSizeRender

 

辛いこともいっぱいおありなんでしょうが、

良いご縁に恵まれ、

これからもたくさんの赤ちゃんを産むサポートに

ご尽力されて欲しいなぁと思いました。

 

 

 

 

関連記事

ハーブランチ付きのセミナーのご案内【満席】
夫の食や体質を見直すことの必要性
ピル服用直後のAMHの値
3つの着床能の検査
染色体異常ということを理解するために①
着床の窓は前にずれている?(ERA検査)
43歳の壁を越えて
ニッポン男性力クライシス
自分の魂を愉しませること
不育症とストレスの関係は?
ページトップ