タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

和漢ティザンヌが anan(アンアン)温活特集に♡

2019年12月07日

 

ここ数週間のあいだに報告いただいた嬉しきこと♡

妊活にオススメする漢方を飲んでいたら

 

◉気が付いたら蕁麻疹(じんましん)が出てない。

◉アトピーが改善した。

◉花粉症が発症しなくなった。

 

というお声を立て続けにいただき✨

とっても嬉しく思う

 

さて、、

 

これらの症状に共通していることはなんでしょうか?

 

そう。。それは、、

 

「アレルギーによる炎症」

がやわらいだということ

です。

 

細胞がなんらかの「炎症」を受けることによって

かゆみや発赤、鼻炎となって現れるわけです。

 

私はこんな症状にオメガ3を多々使います。
(卵子も質の向上にもとても良いので✨)

ほかには、有害な物質を「解毒」させる方向性でも

考えたります。

 

そして、それが

妊娠しやすい体つくりに繋がると考えます。

 

 

また、冷えも大敵ですね。

 

冷えると血流が悪くなる⤵️

冷えると体温が下がる⤵️

冷えると体内酵素の活性が弱くなる⤵️

 

そして上記の症状は

ホルモン力を低下させてしまう要因にも。

 

冷えには漢方を使います。

また、漢方と有機ハーブなどを調合した

「漢方ハーブティー」(和漢ティザンヌ)

をおすすめすることもあります🌿

 

生薬とメディカルハーブ、

そして美味しいお茶☕️

をブレンドしています。(島田が調合ブレンド)

ポカポカと体が温まるのも嬉しい効能です。

 

今月12月5日発売の anan(アンアン/マガジンハウス)は

温活&湿活の号に

その、和漢ティザンヌをご紹介いただきました!!

anan掲載

 

実は、、、

アンアンって まさかあの!

おしゃれ雑誌のanan だと思わず

薬局に電話がかかってきたときは疑いましたよ(笑)^^;

 

この冬は、ぜひ和漢ティザンヌの漢方ハーブティーで

温活取り入れてくださいね♨️

お店で試飲できます。

 

そして、この湿活というのも実はとっても大事なこと。

湿活ってなに???ってカンジかもしれませんが

肌の乾燥、皮膚の乾燥を防ぐという

シンプルな意味合いもありますが、

実は体の「内側」が乾燥することを

「インナードライ」といいます。

 

インナードライは漢方用語でいうところの

「陰虚(いんきょ)」です。

=潤すチカラです💧

 

潤す「陰」のチカラが不足すると

良いタマゴが育ちません!!

 

これに関しては、

また次のブログでゆっくりお話ししますね。

 

 

 

anan, 温活, 湿活

関連記事

和漢ティザンヌいよいよ
夏のむくみ、夏の漢方
日日是好日の本当の意味
妊娠後期の葉酸サプリのリスクは?
瘀血(おけつ)をとることは大事
生殖系やホルモン、漢方では腎です
血の巡りは卵胞の成長に大事!
オートファジーと妊活の重要な繋がり
夏になると低温期が高くなる人
NEW! 8月のセミナーのお知らせ
ページトップ