タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

漢方が症状に合い、基礎体温が安定

2013年06月12日
テーマ:漢方薬

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して
「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」
と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです。

 

今日は今夏はじめてエアコンの「ドライ機能」をオン!
熱くなったぁ~

 

 

今日は2回目のお客様の漢方子宝カウンセリングで、
すでに基礎体温が安定し、お体の不調が少しずつ改善された方が
おられました!

 

右後半部分から漢方服用開始!いいカンジ~
このまま生理来ませんように!(祈)

o0640040012573231035

 

こんな具合に、漢方が体に合い、

 

精神的にも安定してくると、基礎体温が安定してくることは多々あるんです。

 

漢方は「バランスの医学」
そして

 

「心身一如」と言われるように、
心と体はつながっており、どちらの機能が落ちていても、
もう片方に影響します。

 

私も常時、2~3種類の漢方に助けられています

生理が始まって、下肢が重く、ちょっとむくみ、
血も気も巡っていないなぁ~ だるぅ~い。
(そんなことってありますよね)

 

そんなときは、
香砂六君子湯と四物湯とアミノ酸製剤。
これで、気の巡りと血の巡りはバッチリいけます!

 

そこに、牛黄(ゴオウ)という動物生薬を組み合わせると、
ちょっとくらいの疲れは吹き飛ぶんですよ。

 

マジでしんどい、、

 

そんな方、ご相談くださいね!

関連記事

夏のむくみ、夏の漢方
日日是好日の本当の意味
妊娠後期の葉酸サプリのリスクは?
瘀血(おけつ)をとることは大事
生殖系やホルモン、漢方では腎です
血の巡りは卵胞の成長に大事!
オートファジーと妊活の重要な繋がり
夏になると低温期が高くなる人
NEW! 8月のセミナーのお知らせ
3・21セミナー御礼「陰と陽のバランス」

子宮内のポリープって取ったほうが良いの?

2013年06月08日
テーマ:妊娠症例

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して
「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」
と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです。
今日は、とっても花が咲いたような幸せな日

 

産まれた赤ちゃんを見せに来て下さるご夫婦や、
今日だけで、ご妊娠の報告が、なんと2名もある嬉しい1日でした!!!
そして、6月はすでに4名のご妊娠報告となりました(*^ー^)ノ

 

「はろ~(-^□^-) 来てくれてありがとう♪」
私のお楽しみ抱っこです♪

 

222

 

日の無事に「たいのう」の確認も出来て、
ご妊娠報告をしてくださった方は、

 

体外受精で、胚盤胞の移植を数回行って来たのですが、
なかなかうまくゆかず、ポリープの検査をしたところ、、、

 

複数個のポリープが見つかり!!
子宮鏡下で5つ!ものポリープを除去をした、という経過を経て、
着床⇒ご妊娠というケースでした。

 

もちろん、タマゴのグレードは、
漢方と抗酸化のサプリを飲んでくださっていた効果もあり?
とても良いものでした!!

 

よく、ポリープの除去手術のあとに着床!というケースも
あるため(もちろん除去しても着床しないケースもあるけど)
私のなかでは、

 

「あるより無いほうが」
「複数個より、少ない方が」

 

いいに決まっているような気がします。

 

ポリープがあると妊娠しにくくなる理由として

 

①ポリープからの不正出血
②ポリープによる着床障害
③ポリープが精子の輸送障害をしている
④ポリープによる炎症

 

等がその理由にあげられます。

 

やはり、上記のようなケースと、良いタマゴちゃんを何回か
移植して妊娠しない、というバアイは
調べてみるのがおすすめです。

関連記事

生殖系やホルモン、漢方では腎です
体内で最も血流が遅い場所は?
40歳、体外受精後の自然妊娠
46歳ご妊娠!運動の大切さあらためて
43歳,私に奇跡は起きないと思っていた
40代13回目の移植でご妊娠
検査で判明しない不妊の要素
2つの命、すくすくと育って
お客様のブログを発見して☆
11回目の移植でご妊娠

子宮筋腫を摘出のあと、ベストなご妊娠!Yさんご夫婦おめでとうございます!!

2013年06月06日
テーマ:妊娠症例

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して
「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」
と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです。


子宮筋腫を取って妊活にのぞむべきか、
いや、取らずにこのまま進むべきか?

 

迷っている女性は少なくない!~と常日頃感じています。

 

今回は、子宮筋腫(粘膜下筋腫)を摘出後、体外受精に進まれ、
みごと1回目の採卵、移植で、ご妊娠されたYさん(35歳)の症例を
ご本人に了承を得て書きたいと思います。

 

少し長文になりますが、おつきあいください。

 

Yさんご夫婦がうちに来て下さったのは、昨年の4月末。
すでにご結婚から2年が経過していました。
奥様の月経痛、貧血があり、漢方で対処してゆくと共に、
一般不妊検査などもまだだったので、Yさんご夫婦に、おすすめの病院を
ご紹介しました。

 

ようやく治療に向かった5月、、、
筋腫の存在を指摘されました

 

しかも、「子宮筋腫が子宮にのめりこんでいる」とのこと!

 

大きさは2、5センチ。さほどの大きさでもないにしても、
粘膜下筋腫であり、MRIの画像でも筋腫がポッコリと内膜にコブを作っていました。
着床障害になる可能性があるとドクターも判断され、
紹介をされた金大で手術を受ける決心をされたのです。

 

粘膜下筋腫は、子宮内膜にある筋腫。
着床の妨げになるということも・・

333

 

文章にすると、シンプルですが、
ここで多くの女性はとても悩むと思うのです。

 

ひとつは、
「筋腫の摘出、回復を待つ、ということで不妊の治療がまた遅れてしまう」
という不安、ためらい。

 

ふたつめは、筋腫というのは、存在していても妊娠するケースもあるということ。
そのことから、お医者さんによって、取る取らないの基準が違うことも多々あり、
迷ってしまうこと。

 

みっつめは、仕事をしている場合、開腹して手術を行うと、
最低一週間の入院が必要になります。
(もっと長いケースもあります、そして腹腔鏡のバアイは体の負担が比較的に楽です。)
お休みが取れなかったらどうしよう、と悩む方もいらっしゃいます。

 

Yさんご夫婦が、決心した1番の理由は、

 

先生の

 

「切りましょう!」

 

 

 

という揺るぎのない言葉だったということです。

 

また、、
Yさんご夫婦は、とっても仲良しご夫婦

 

いつもご主人さまが奥様のサポートをかんぺきに、
されていて、送り迎え、診察のあとの説明にも付き添い、
奥様以上に奥様の状況を把握されていましたね~。
だんな様の見守りの優しさ、ピカいちでした

 

世の中すべてのご夫婦がこうだったら、女性の気持ち的な負担は
ずいぶん楽になるんじゃないかなぁ。
診察の付き添いは無理としても、、

 

「ありがとう」
「だいじょうぶか?」
「なんか家事手伝おうか?」

 

こんな言葉ひとつで女性は報われるのですヨ。

 

(世のだんなサマ、ここんとこぜひお願いします)
さて、その後Yさん、筋腫を無事に摘出され、
片方の卵管のつまりもあったため、
筋腫は取れたけど、タイミングに戻らず、
今年の冬には体外受精(ロング法)をされ、

 

なんと!
8つのグレードの良い胚盤胞を凍結することができたのです!!
卵巣機能はとっても元気に保たれていたね。
すばらしかったよ!

 

もちろん、手術からこのあいだも、ずっと漢方も続けてくださっていました。

 

そして移植。

 

そして運命の・・・

 

「たいのう確認」を経て

 

先週「心拍確認」されました

 

待ちに待っていた「おふたりの愛の結晶ちゃんです。

 

444

 

お腹のなかで、スクスク育ってね。
筋腫もないし、ふかふか? 居心地よいよね!

 

悩んでいた子宮筋腫の存在から、決心、手術をされ、
1回の体外受精による採卵、移植で、うまくいったという
すばらしい症例でした。
Yさんご夫婦へ
ほんとうにおめでとうございます!

 

お二人のような仲良しご夫婦のところを
きっとこの子は選んでやってきたんだろうなぁ

 

おふたりがうちに来てくれたご縁に心より感謝しています

関連記事

生殖系やホルモン、漢方では腎です
体内で最も血流が遅い場所は?
40歳、体外受精後の自然妊娠
46歳ご妊娠!運動の大切さあらためて
43歳,私に奇跡は起きないと思っていた
40代13回目の移植でご妊娠
検査で判明しない不妊の要素
2つの命、すくすくと育って
お客様のブログを発見して☆
11回目の移植でご妊娠
ページトップ