タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

良いことも悪いことも

2020年04月13日

 

世の中の、良いことも、悪いことも

COVID-19は表出させているんだ

と感じています。

 

✴︎

 

わたし、サギに遭ってしまったかも(~_~;)

マスクが届かないサギ、とやらに。。。

hand-disinfection-4954840_960_720

 

大手ネットショップでガーゼ製の布マスクと

不織布マスクを購入したものの

一向に届かない〜〜💦

出荷や配送のメールも無く、追跡もできない。

業者に連絡メールを入れるも、なしのつぶて💦

薬剤師もネットでマスクを購入しなくちゃならない

卸さんからも入荷してもらえない

これが今の現実です。

(ドラックストアに並ぶ根性もない・・・)

 

 

いつも快適に利用しているネットショッピングにも

こんな落とし穴があったことも

初めて知ることになりましたさ😣

 

 

 

後日談(4月15日追記)
数年前に妊活カウンセリングで通ってくださっていたTさん。

ブログを見てくださって、なんと´д` ;

ご自身の貴重なマスクを薬局に届けてくださったのです。

感謝を超えて、感動をいただきました。
(もちろん、申し訳なさもいっぱい💧)

 

また、さらに!

昔からの知り合いのAさんがお手製の布マスクを

6枚も届けてくださって!!

 

私たち、店をやっている者は、お客様から元気を分けていただいているのだ。

そう痛感した出来事でした。

Tさん、Aさん、ありがとうございました。

そんなわけで、もうマスクはいっぱいあります、愛もいっぱい!

 

✴︎

マスクこそ、そんな感じで世の中の不足が続いていますが、

スーパーに行くと

溢れるほど、美味しいものがいっぱいで幸せ〜と思う。

(今のところ)目立って物資がとだえることなく🚚

生産者さんが頑張ってくれてて🍅

それを流通してくれるひとがいて、

不特定多数のお客様を相手に

レジを打ってくれる店員さんがいて。

これがこんなにありがたいことだと

今さらながら、じみじみ感じています✨

 

✴︎

 

 

 

さて、この4月

生殖医療にもすこだけ朗報がありました。

特定不妊治療の助成の年齢上限が緩和され、

治療の開始年齢が今まで43歳未満だったところ

今回のこのコロナ感染拡大による影響を受け、

44歳未満までに引き上げられました。

 

同じく、

通算6回まで助成を受けられる40歳未満の年齢が41歳未満まで可能となりました。

※これは、本年度
(2021年の3月まで)だけの措置のようです。

 

そして、良いこととも、悪いこととも言えない4月1日付けの生殖医学会の声明

 

コロナ感染拡大を受け、

不妊治療の中止や延期を求める声明が発表されました。

 

金沢市では、タイミング療法も中止する婦人科も出てきました。

妊活カウンセリングを勤めさせていただいている鈴木レディスホスピタルでは

今のところ現状と変わらず治療は行なっています。

 

うちのお客様の反応はまちまち。

だけど、採卵を止める、というかたは意外に少ない。
(移植は延期という声は多々あれど)

ただ、、

ガーゼやアルコールなどの医療素材が今後不足して、、

救急や命に関わる医療に回さなくてはならず

万が一でも、治療が困難になることだって想定されます。

 

 

この時期をどうやって過ごすか?

 

自分のなか、ご夫婦のなかに

答えあるのだと思います。

 

いまは1日1日を乗り越えよう。

couples-1880985_960_720

 

 

免疫を落とさぬように心と身体を整えること。

意図してリラックスをすること。

 

これも妊娠しやすい身体作りとリンクしてゆくことと思います。

 

 

 

妊活カウンセリングの際に

ゆっくりとお伺いさせてくださいね。

 

 

関連記事

願いをひとつ叶えるとしたら
未熟なタマゴとは具体的にどんなことを指すのか?
不妊治療・体外受精の保険適用につき不安なこと
「セイメイ」について思う
タイムラプスで胚を培養することのメリット
私たちはどこへ行くのか?
着床前検査の見解は変わってきている
FTで卵管を治療した直後の妊娠
「ご縁はあちらからやってくる」
夫の食や体質を見直すことの必要性
ページトップ