タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

46歳ご妊娠!運動の大切さあらためて

2016年09月17日
テーマ:妊娠症例

ネットのニュースでは、

2014年には生まれた赤ちゃんの21人にひとりが

体外受精で生まれてきたことを伝え、

同じく今日は、

夫以外の精液を使った体外受精の増加を伝えていました。

 

晩婚化が進み、

誰しもが「不妊」のリスクを背負う可能性がある昨今、

高齢でも産めるような体作り、

もっと突っ込んで、

卵子の老化を少しでも

遅らせる技術があるならばどれだけ良いだろう!

と誰しもが望んでいると思う。

 

先週、新大阪で行われた

「統合医療生殖学会」の記念すべき第1回に参加してきました。

 

その後半、

46歳、体外受精でご妊娠された奥様と、

50歳のご主人様が、

自分たちの症例が少しでも多くのカップルに

勇気を与えるならば、

と、ご好意によりご来場いただき、

インタヴュー形式の体験発表を

してくださったのです。

IMG_1753

(プライバシーに配慮したお写真のアップの了承を得ています)

 

ショウキT-1の製造元「徳潤」の

アンテナショップである

大阪市内の薬店でショウキT-1や

ほか漢方を服用していたそうですよ

 

会場の薬剤師ほか医療関係者から質問が飛び交います。

そのなかで、

「46歳で妊娠するということはスゴいことですが、

 1番自分がやっていて良かったと思うことは

 どんなことですか?」

という質問に対して、

 

奥様が迷わず

 

「運動だと思います。運動の大切さをもっと知ってほしい」

 

と仰られたのが印象的でした。

 

 

また、ご主人さまも、

自分が協力できることは禁煙!というお気持ちから、

きっぱりタバコを止められたと聞き、

こんな身近なところにも

卵子、精子が少しでも老化、酸化を

起こさないようにできるヒントが

隠されているとつくづく思ったのでした。

 

 

運動するヒマがないの、、

 

そうですよね、、

それは私自身もいつも思っているのですが、

家のなかでスクワットとか、

腹筋とか、ラジオ体操だって

立派な運動です。

 

お金をかけずにできる妊活=運動!

かつ、ダイエットにもよし。

 

新たなチャレンジをしてみませんか?

 

私も来週は、初めてのチャレンジ!

人前で講演や講義をするときに必要なスキルを身につけるレッスンに参加してきます。

とても有名な先生にレッスンを受けるのですが、

自己紹介を参加者の前で2分で行うこと、

という宿題を与えられているのです

そのスピーチしている姿をビデオ撮影され、

その表情や話し方のクセ、声のトーンなどを

先生に指摘、直されるそうなんです。。

あ〜、怖い。

 

どんな年齢になっても

向上を目指し、私もチャレンジしていたい。

年齢になんか負けるものか!!

 

そんなことを思っています。

関連記事

「ご縁はあちらからやってくる」
AIDという選択は誰のために
妻43歳と夫無精子症からのご妊娠
治療の合間の自然妊娠
生殖系やホルモン、漢方では腎です
体内で最も血流が遅い場所は?
40歳、体外受精後の自然妊娠
43歳,私に奇跡は起きないと思っていた
40代13回目の移植でご妊娠
検査で判明しない不妊の要素
ページトップ