タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

砂糖の摂りすぎ、なぜ妊活に良くない?

 

先週の日曜はクロレラ工業の研修会だったのですが

久々に「使える学術」を学んだ〜という気分だった。

 

 

みなさん、健康診断で血糖値を一度は測定したがありますか?

この測定も2つに分けて、

空腹時に測定する

空腹時血糖 の数値 

HbA1C(ヘモグロビンエーワンシー)があります

 

HbA1C 、

これは、直近 約3か月の血糖の状態の指標であり

採血の数日前に甘いものをとっさに控えても

ちゃ〜〜んと生活習慣が明るみになってしまうという数値

 

別名、グリコヘモグロビンともいう。

 

先の研修会では、

「このグリコヘモグロビンは どんなものかご存知ですか?」

 

と講師の方が尋ねられ、

 

その回答が

ブドウ糖が、血液中にある赤血球 
 張り付いている割合です! 

と。

 

イメージ

6335827

※ unzen city official web site から引用

 

要は…

 

「ベタベタした赤血球の割合です!」と。
  (砂糖水や飴は、こぼすとベタベタしているでしょ?)

 

シンプルでわかりやすい!!

 

だから、

 

これが高いと、大事な酸素を運搬する赤血球ちゃんが

ベトベトになっているってことなのね。。。

 

糖化した赤血球 ともいうらしい。(イヤな言葉・・)

 

話を進め

 

ではなぜ、このベトベトした赤血球が悪いのか?

ということですが、

 

①ベトベト赤血球がタンパク質に結合する

    ↓

②活性酸素が出る!

    ↓

③インシュリン受容体を壊す!!

    ↓

④インシュリン抵抗性!!!
(インシュリンが出ているのに細胞に取り込まれない)

結果として、

 

細胞がエネルギー不足になり

体の代謝機能が下がってしまう。

結果、

ミトコンドリアも酸化されやすくなり

様々な細胞に悪影響。

 

ガン細胞も糖を好みます。

 

やっぱり糖、甘いものに依存しちゃダメね

 

⭐︎

 

先週の日曜日、

フォーラスにお買い物に行った際のこと。

急に

 

ドタン!


ドス〜ン!

 

という音がブティックに鳴り響き、

 

気がつけば、私の数メートル前に、

女性が倒れているではないですか

 

慌てて、救急車を呼ぼうとする店員さん。

倒れた女性の横で、名前を呼ぶ友人らしき女性。

私もしゃがんで、

どうなったんだろうか!!、、、と

顔を覗き込んだ瞬間!

パチっと目を開き、

 

(私、どうしちゃったんだろう!!??)

 

という恐れの表情をし、急に頭を起こそうとするので

 

「今、倒れられたので、急に起き上がらない方が・・・」

 

と声をかける。

(頭でも打っていたらタイヘン!)

 

落ち着いたら、

 

「朝から何にも口に入れてなくて・・・お水あるかな。」

 

と友人とお話しし始めたので、立ち去ったけれど、
(ホッ〜

 

神経調節性失神だったのか?

 

低血糖で倒れたのかなぁ?

 

などと考えながら。

 

人の体は、

(糖が)ありすぎても

足りなすぎても、問題が起こるのね。

 

そして、

 

 

若い女性の食、本当に心配です

 

ちょっとだけ、怖い体験でした。

 

 

関連記事

銀とアルミニウム
運動ってなぜ大事ですか?ミトコンドリアの見解から
イライラ感じるとどの臓器が頑張るか?
陰から陽に抜ける日
着床と夫婦関係
雪の結晶が美しい大好きな場所
不調さえ自分の大事な一部
自分の魂を愉しませること
夏におすすめ!生薬コーラのレシピ
農薬、無農薬、自分の家の作物畑には。
ページトップ