タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

目に見えるもの見えぬもの

2016年12月23日
テーマ:タマゴ学

今年もあと7日を切り、

慌ただしくなってきましたね

 

25日は日曜休みを返上し

ご予約を頂いた時間、店を開けてお待ちしております。

前日までにご予約をお願いします。

 

⭐︎

 

12月15日、新しい仕事での出会いがありました。

来年にむけて、自宅での仕事の打ち合わせ。

お茶よし、お菓子よし!

IMG_2223

この素敵なクッキーはうちのお客様が妊娠後、

安定期を迎え、

ありがたいことに贈ってくださった

鹿児島のお菓子 FUKU+RE(ふくれ)のもの。

天然素材のクッキーに押し花が〜

 

下記写真はFUKU+REのWebサイトから引用。

よく見て見て!!

四つ葉のクローバーが貼ってあるんです!

なんだか見ているだけで、幸せになりそうなお菓子です

sflower04

 

 

今年、私の仕事の分野では

「二極化」の年でした。

 

妊活の相談で来られるお客様の世代の二極化。

40代のご相談者、

そして20代のご相談が多くなりました。

なぜ、20代が!と思われるかもしれませんが、

20代は20代で排卵障害など

いろいろとあると感じているし、

20代男性の食生活にいたっては、

聞いててとてもマズいケースがある

(添加物の多さやファストフードの摂取による食の質の問題です)

 

そして、もうひとつの二極化は、

生殖専門クリニックの治療内容の二極化。

最先端の医療を行うクリニックは

どんどん先進的なことを行い、患者さんを全国から集める。

保守的なクリニックは、あえてそこにいかず

同じ方法を繰り返す。

 

検査結果の精査など、

調べなくちゃいけないことは

きちんと調べてほしいけれど、

どっちが良いのか、悪いのか、でなく、

自分の価値観でどっちを選ぶか、

なのかもしれません。

 

いろいろなことを感じてきたけれど、

結論は、

「自分の心と体を整えること」が大事なんだと思う。

妊活中はそうでなくても、

心と体のバランスを崩しやすいから。

 

✳︎

 

昨日、うちに通ってくださること

4年目の(途中、内膜症の手術などいろいろありました)iさんが

待望の妊娠報告をしてくださった。

 

妊娠って本当に奇跡的なことなんだよね。

 

こうして目えるカタチでアピールしてくれている小さな命。

ここまでの頑張りに心から感謝

澤本さん胎嚢

 

 

今日のタイトルは

「目に見えるもの、見えないもの」としましたが、

目に見えないやっかいなダイオキシンなどの環境ホルモンの影響。

これも脅威です。

 

アメリカでは、日本よりのその摂取に関する基準値は

厳しく設定しており、

発ガンとの因果関係を指摘する声が多い。

増え続ける「子宮内膜症」の原因だとも言われています。

 

原因不明の不妊のなかには、

これらの環境ホルモンも関係していると言われています。

うちの薬局では、それらの有害物質の吸収を阻害し、

排泄を促してくれるサプリメント

「バイオリンク」

取り扱いはじめました。

乳糖さえ入っていない添加物ゼロの、最強の葉緑素です。

まず、自分の家族に飲ませたくて。

 

✳︎

 

年末は29日までカウンセリングをさせていただきます。

30日は、店は開いておりますが、不在にします。

 

晦日の30日は、、1年の締めくくりに、

大好きな葉加瀬太郎の!

東京は国際フォーラムでのコンサートに主人と行ってきます。

 

私も年末は自分の魂の解放をするゾ〜〜!!

 

 

 

関連記事

染色体異常ということを理解するために②
卵巣刺激で早く卵子は無くなりま(せん!)
排卵するまでにタマゴが影響をうける因子
卵子とミトコンドリアの関係、こう考えて
AMH,今いちど知ってほしいこと
英ウィメンズクリニックでPGSの勉強
STORYでの妊活記事で発見
どこからが不育?着床障害?
夏になると低温期が高くなる人
「男性不妊です」と言える勇気
ページトップ