タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

染色体異常ということを理解するために②

 

今日は鈴木レディスホスピタル様で行っている

妊活カウンセリングの日でした。

次回の、5月1日(水曜)はゴールデンウィークですが

妊活カウンセリングは行います。

普段はお仕事がある方もお休みなので行けそうというお声もチラホラ。

お気軽にご予約ください。

 

 

最近は染色体異常のことについて尋ねられることが多くなっており、

その割合に対し、正しく

「染色体の異常」と「その検査」

について理解されていないことが多いなぁ💦

と感じていますので今日はその②です。

 

まずは、

Q.「ヒトの染色体は全部で何組何本でしょうか?」

 

A.23対46本ですね。

 

男の子の染色体だとこう(23番目が性染色体XY

IMG_2798

女の子の染色体だとこんなカンジ(23番目がXX

IMG_2797

 

よ〜く観察すると、、、

1番目の染色体に比べ、番号が大きな染色体のサイズ

小さくなっていますね。

ですので、

サイズの大きな1番目とか、3番目などに

染色体の異常が起これば、

遺伝子のダメージが重篤なので、、

なかなかこの世に生まれてくることができません。

 

さて、、

 

PGT-A(PGS)と言われる着床前診断(ごく一部の病院で行われている)

でわかるのは、

染色体の数の異常です。

2本(2対)あるはずなのに、

1本(モノソミー)しかなかったり

3本(トリソミー)あると、異常とみなされます。

 

何番目の染色体が、多いか?少ないか?

で結果を出します。

当然、多いものも、少ないものも、

移植には用いません。

 

 

数的異常を起こしている胚を戻しても、

自然淘汰され、

基本的には着床しないか、

あるいは流産になります。

 

ちなみに、、、

PGT-Aの検査は、体外受精で採卵し、

胚盤胞まで育った胚の胎盤の部分から数細胞を吸引して採取し

特殊な方法で検査します。

 

どうでしょうか?

 

ぼんやりと、染色体の構造、そして

PGT-Aについて見えてきたでしょうか?

 

まだまだ補足したいことがありますが、

文章でお伝えするのは(私は)ここが限界。。汗

 

さぁ、暦では清明から穀雨へ。

心と体も夏の準備を始めましょう。

 

関連記事

3つの着床能の検査
鈴木レディスホスピタル様でのカウンセリング
卵巣刺激で早く卵子は無くなりま(せん!)
排卵するまでにタマゴが影響をうける因子
目に見えるもの見えぬもの
卵子とミトコンドリアの関係、こう考えて
AMH,今いちど知ってほしいこと
英ウィメンズクリニックでPGSの勉強
STORYでの妊活記事で発見
どこからが不育?着床障害?
ページトップ