タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

未来は常に過去を変えている(映画の名言)

 

「未来は常に過去を変えている」

 

このセリフはなんの引用かというと。

 

11月1日から公開の

石田ゆり子と福山雅治主演の映画 🎬

「マチネの終わりに」

で、たぶん、、、キーとなるセリフです。

 

 

先日の、10月22日の即位礼正殿の日、

私は朝6時のサンダーバードに乗り、

いち日本国民として「万歳三唱」の気持ちを

出雲大社⛩ で夫と迎えました。

IMG_0580

出雲大社には、高らかに
空にむかって日の丸が掲げられていました。

 

旅といえば「本」📚

出雲への、出発直前の空港にて買ったのが

その「マチネの終わりに」の文庫本。

 

スクリーンショット 2019-10-25 23.29.10

 

ラブストーリー(ましてや邦画)なんて

滅多と手に取ることはない私だけれど、

なんとなく、目次の言葉に惹かれて読んでいるうちに

いまの自分の心のなかと共鳴するような言葉がたくさん出て来て、

読み進めてしまった。

 

例えば、、

主人公の小峰陽子(ジャーナリスト)が

命の危険を承知で

治安の悪化するイラクへ志願して勤務していることを

 

「中高年になって突然、

 現実社会への適応に嫌気がさして

 本来への自分へと立ち返るべく

 破壊的な行動にでること」

 

と言い、

それを<ヴェニスに死す症候群>という表現をしていて、

 

その「社会的適応に嫌気がさす」

という言葉が

ビビビと心を貫通。

 

日常を無難に立ち回りながら、

ひとの顔色をうかがいつつ生きている自分。
(あなたそんなことないよ、と家族は言いそうだけど^^;)

そんな状態にもしかしたら、

疲れていたのか?

わたし、、、

 

 

決して、、社会に嫌気がさしているわけでも、

破壊的な行動はできないし、しないけれど(苦笑)

 

✴︎

 

そして、

未来は常に過去を変えている

 

未来(の自分)が起こす行為によって

過去の価値観や、記憶、意味付け、など

すべてが塗り替えられる可能性があるということ。

たぶん。

小説ではまた違った例えが出て来たけれど。

 

だから、未来を変えるべく

アクションを起こしているいまが重要なこと。

そのことによって

過去も塗り替えられていく可能性がある。
(これは我流解釈です😅)

 

 

✴︎

 

今日、25日、

14年間という年月を経て

着床判定という日を迎えたお客様がおられ

過去の状態を振り返りながら

それは大事な、必要な時間だったのだね。

とそのかたの過ごして来た時間に

一緒に意味を見出せたこと。

 

嬉しかった。

 

 

話また戻り、

出雲大社はじつは初めて参ったのですが

とても清々しくパワー溢れる場所でした。

 

やっぱり神社は、パワーアップの場所だと感じる✨

 

翌日の23日、松江市に移動し観光。

 

おしゃれなレトロカフェでお茶を飲む時間も✨

IMG_0603

 

IMG_0616

IMG_0613

絶品な。。ほわっほわなフレンチトースト
実は私が食べたのではなくて、
珍しく主人のリクエストでした(^_^;)

IMG_0634

 

帰りは富士山もきれいに目視できた。

IMG_0642

過去を必然だったと思えるような未来ってどんなだろうね。

 

 

 

マチネの終わりに、の映画みてみようかな〜。

主演のキラキラなイメージの2人も50歳とのこと。

それでのぞむ大人の恋愛映画。

もちろんいい具合のHappy endは用意されたおらず
なぜに、なぜに、と読みながら、思った。

 

だからなお・・

いいかもしれない。

関連記事

ヒトの生殖機能は秋がベスト?
嫉妬という感情の扱いかた
信じる?「げんをかつぐ」こと
砂糖の摂りすぎ、なぜ妊活に良くない?
お気に入りのレストランで飲めます
陰から陽に抜ける日
雪の結晶が美しい大好きな場所
不調さえ自分の大事な一部
何かを始めるのに縁起が良い吉日とは?
オリーブオイルの目利きは大事
ページトップ