タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

最近の動向から〜必要なことに備える〜

2020年03月28日

 

東京でのコロナ感染者が日々記録を更新し

なんだか戦々恐々としてきました😖

正直、ここまで深刻な状況になるとは思ってもおらず、

日本中、世界中が抑圧されたなか春を迎えています。

 

そんな中、ニュース報道で

スーパーの陳列棚の空っぽの状態を見ると

EGgBEXyUEAA07LD.jpg-large

 

なんだか

 

モヤモヤ、アセアセ (・_・;

 

 

しかし、生鮮食品など買いに走っても長持ちしませんし

今はそんなことを行う意味もありません。

 

だけど、もし、

有事に備えてコツコツと、

常備できるものを購入するとしたら

 

お米や麺、水、味噌、しょうゆ

といった基本のものにくわえて

ミネラルやカリシウムが豊富な

「乾物」

を特にストックしたいと私は思っています。

 

生鮮野菜は長持ちしないので

ぬか床を買って、野菜のぬか漬けを行うもよし。
(乳酸菌がいっぱい)

↑↑↑↑↑

(ぬか漬け、、自分でやってないのに言いました、、スイマセン😅)

 

あるいは、ニンジンやほうれん草の乾物。

切り干し大根、乾燥ひじき
(どちらもミネラルいっぱい)

 

ナッツやドライフルーツ

も繊維やビタミンが豊富なので

ぜひ、備蓄リストに。

 

タンパク源つぃては

冷凍になっている

「お魚」や「お肉」、大豆のプロテインバー

などがあれば良いなぁと思っています。

 

うちはいつもアミノ酸製剤の液体(コンクレバン)

が常備してあるので

これは結構安心材料になっている☺️

 

備蓄の買い出しは、あくまでゆるゆるっと。

 

 

こんな素敵な本も見つけました。

71724_増補改訂版-乾物と保存食材事典_high-768x995

 

✴︎

 

妊活では体外受精でチャレンジしている

最近のお客様の動向を見ていると

 

採卵はこのご時世でも行うけれど

移植となったらどうでしょうか??

このコロナが収束してから

移植して妊娠したいとは思いますが・・・

 

ということを皆さん漠然と思っておられるような印象を受けます。

そしてとてもお気持ちは理解できる。

 

もちろん、妊娠をのぞむご夫婦の妊活は

体外受精だけでなく

タイミング療法や人工授精という段階も。

そんなご夫婦は、

特にこの時期だからといって

妊活を特にネガティブにとらえず

 

ご縁は向こうから必要な時にやってくる
(うちのお客様から教えていただいた名言)

 

という気持ちで臨んで欲しいなぁと思うのです。

 

今月は、新規でのご相談がとても多かった月。

 

災害時には家族の結束や絆が深まるという

 

悲しい事情や側面に視点を当ててばっかりでは

心が折れたり、疲れるから

自分の家族や友人の大好きなところ

時にはみつめたいですね。

 

 

関連記事

妊活カウンセリングについて今一度
やっと!油(脂質)が生殖にも重要と認知されてきました
私たちはどこへ行くのか?
頑張るというスタンス
未来は常に過去を変えている(映画の名言)
ピル服用直後のAMHの値
嫉妬という感情の扱いかた
銀とアルミニウム
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
砂糖の摂りすぎ、なぜ妊活に良くない?
ページトップ