タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

採卵のあとに卵巣の腫れを取る漢方

2013年07月24日
テーマ:漢方薬 , 生殖医療

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

このごろの暑さで、つい冷たいものや、水分を過剰に

摂ってしまいがち・・・

お腹が水っぱらになっている・・・

よって、

体がだる〜い!気力が湧いて来な〜い!

そんな方が増えてきました。

 

漢方の世界では、胃腸のことを「脾胃」と呼び、

その脾胃が冷やされたり、動きが悪くなると、

気血の流れが悪くなってしまうことは

今までの旧ブログでもよく書いてきました。

胃が元気のない状態で、水びたしになっていては、

手足や体は重くなるばかり。

 

そんな症状を解消してくれる漢方があるのです!

補気建中湯(ほきけんちゅうとう)

簡単に言うと、

お腹にたまった余分なお水を、尿として抜いてくれ、

気分も良くなる〜というカンジでしょうか。

写真

読んで字のごとく、、気と中(胃の働きのこと)を補う漢方です!

お店で聞いてくださいね。

 

また、この漢方は、うちでは もうひとつの使い方があり、

体外受精のとき、刺激周期で採卵を行うと、ときに卵巣の腫れ、

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)ぎみになってしまうこともあります。

ですので、刺激周期のあとの、採卵後に服用することで

「お腹の張り」「チクチク」「卵巣の水腫」

を比較的軽減することが可能です

 

さて、、、

先週の日曜日、倶利伽藍不動寺までドライブに行ってきました。

こんな「子授け」のお守りがあるんです。

うちのお客様が先月教えてくれました。

 

ピンクで可愛い〜。

 

ここのお不動さまに、

うちの子宝のお客様の分も、祈ってきましたよ。

 

お守り

 願いが叶いますように。

 

関連記事

夫の食や体質を見直すことの必要性
ピル服用直後のAMHの値
3つの着床能の検査
染色体異常ということを理解するために①
着床の窓は前にずれている?(ERA検査)
43歳の壁を越えて
ニッポン男性力クライシス
夏のむくみ、夏の漢方
自分の魂を愉しませること
不育症とストレスの関係は?
ページトップ