タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

急きょ新聞社の取材を受けてくださるかた(複数名)求む

2020年07月09日
テーマ:Messege for you

【 新聞社の取材(お茶を飲みながら気楽なスタイルで)を受けてくださる妊活女性を急きょ、求む。】

↑↑↑↑↑

プライバシーはもちろん守っていただきます!

 

過去数年前にさかのぼる。

うちのお客様で妊活をされていたかたが、北陸中日新聞のインタヴュー取材を受けてくださり、妊活の困難さを世間に大きく取り上げていただいた。

その時の記事。

今回は、その時とまた違った女性の記者さんに(北陸中日新聞)

妊活している女性のナマの声を取材してもらえそうなのです。

(ただし、記者さんの転勤の都合で7月中に限る)

 

今年の5月に少子化大綱改定を受け

現在、有識者や専門家がどこまで、どの部分を保険適用にできるか

慎重に議論されていることと思います。

 

これからの時代の妊活は、、、

コロナ感染拡大の憂慮を抱きつつ

治療をすすめてゆかねばなりません。

 

 

◉保険適用にするならこんなことをお願いしたい

◉(逆に)そんな補助いらない

◉本当に困難に感じていることはここ!

 

妊活のナマの声を届けませんか?

気楽に取材に応じてくださる妊活女性を数名探しています。

 

まだ、日時も、場所も決まっていませんが、

もし手をあげてくださるかた、おられましたら

島田までメールをいただけると幸いです。

(平日でも休日でも動けるかた、なお助かります)

kusuri-shimada@khaki.plala.or.jp

 

 

取り急ぎのブログでした!

 

 

 

 

関連記事

願いをひとつ叶えるとしたら
「セイメイ」について思う
良いことも悪いことも
私たちはどこへ行くのか?
「ご縁はあちらからやってくる」
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
優しきプロフェッショナルな医師
治療の合間の自然妊娠
祈りに立ち返る
1PNってどんな状態のタマゴ?
ページトップ