タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

心のおつきあい、ありがくて嬉しくて

2013年09月17日
テーマ:私の想い

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

今日は、目がうるうるしっぱなし。

 

妊娠して、5ヶ月目にはいるMさんと、

ご縁があって、一緒にランチに行くことができました。

ここで詳しくは書きませんが、

彼女も妊娠にむけて、何度も何度もトライした方。

一緒に「良かったね」と笑って食事に行けるなんて、

ほんとにこの仕事冥利に尽きる

 

そのあと、、

 

7月に乳がんの宣告を受け、

8月に片方の乳房を摘出手術したお客様がおられ、

その経過を心配していた。

でも、今日元気な姿で目の前に現れてくれた

 

お見舞いに送った ささやかなお花のお礼にと、

わざわざ来て下さったのだ。

けわしい絶望の淵に立たされ、

手術しなくちゃいけないと知ったとき、

どんなに辛かっただろうと思う。

 

でも、今はリンパ転移もなく、手術も成功。

いろんな苦しみ、自分との闘い、乗りこえたかのように、

なんともいえない清々しいお顔で、笑っている。

 

「これからも島田さんにお世話になります」と。

 

そして、

 

今は命があると思うだけで、なにをしていても嬉しい」

 

とおっしゃって笑う。

心臓がキュ〜っとなる。

 

その笑顔が崇高で、とってもきれいで、ほんとに輝いていて、

涙が出た。

 

その言葉、深いね、深すぎるよ。。

 

元気になってくれてありがとう。

 

最後に、、

 

メーカーさんだけど(サンクロンという笹の液体の会社)、

いつも、亡き父のご仏前に

もう何年も何年も、、片手に自前で花束を買って、

訪店してくださる。

 

こんなセールスさんっていない。

心あるからこそ、、

本当にありがとうございます。

 

お客様、メーカーさん、

心から「このひと、すきやなぁ〜」

という人のご縁にめぐまれている

 

それは、どんなことよりもありがたい。

 

きれいな秋の空を見て、今日はいっぱい、想った

 

 

 

関連記事

AIDという選択は誰のために
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
陰から陽に抜ける日
不調さえ自分の大事な一部
自分の魂を愉しませること
自分自身でいること
意味づけなど必要ない
無痛分娩について
マズローの5つの欲求
小泉今日子さんのまっすぐな感情表現に思うこと
ページトップ