タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

原因不明の不妊の1番の原因はどこに?

2013年07月03日

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

 

原因不明不妊の1番の原因はどこに?

 

定期的な夫婦生活があれば、

一年後には、およそ8割のカップルが

そして2年後には、9割のカップルが

ご妊娠に至る、というデータがあるなか、

 

どれだけ検査しても、私にも夫にも どこにも異常がないのです

 

うちのお客様のなかにもこんなケース

ほんとに多い

 

それは、「原因はない」とか「たまたま」ではなく、、

 

「原因が探しきれない」ということになります。

(夫婦生活が極端に少ない場合や高齢の場合はのぞいて)

 

こういった原因不明不妊の1番の原因は、

 

「子宮内膜症」ということが、おおよそわかってきました。

(1期からの軽少も含む)

others_image01

「でも、私は内膜症はないとお医者さんに言われています」

 

この回答もよく聞かれることなのですが、

 

残念ながら、内膜症の確定的な診断は、

腹腔鏡で行うもの。

エコーでも写らない内膜症はかなり多く存在し、

超音波エコーで判定できる子宮内膜症は、

卵巣チョコレート嚢胞と

大きくなった子宮腺筋症

だけなのです。

 

ちなみに、血液検査での内膜症の診断は

CA-125などを測定しますが、ほぼ半分くらいの診断率しかありません。

 

また、子宮内膜症協会のホームページからの転記ですが、

 

子宮内膜症の人の半分近くに不妊状態があり、

不妊の人の半分近くに子宮内膜症があります。

 

とのこと。

 

では、「内膜症って生理痛がひどいのでは?

 

これも、Noで、、

 

内膜症はまったく自覚症状がない方も多くいらっしゃいます

ただ「癒着」が起こると、月経痛や性交痛、などが起こるようです。

 

次回は、なぜこんなにも内膜症が増えているかをお伝えしたいと思います

こちら→ 現代女性の月経回数、昔の10倍に!

 

関連記事

体からのサインを見逃さない
お魚とメチル水銀について
腹腔鏡手術 Cさんのお見舞い
腹腔鏡で癒着をはがした翌々月の妊娠
現代女性の月経回数、昔の10倍に!
ページトップ