タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

お腹に水がたまる!?

2016年10月28日

セミナー情報 にも書きましたが、

11月19日 石田屋さんはガマダンで行う

「漢方茶ブレンドセミナー」

告知とほぼ同時に満席になってしまいました。

14825727_904755092958670_542366786_n

申し訳ありません。

今現在、キャンセル待ちとなっております。

もし、次回のセミナーの際に、

誘致してほしい〜!と思ってくださるかた、

メールでお知らせくださいね!

kusuri-shimada@khaki.plala.or.jp

 

 

今日は、子宮内膜症があって、

そのため月経の数日前からかなり強い痛みを訴え、

カウンセリングのたびに、

痛み

そして、

性交痛(頑張って痛みに耐えている)

があることに苦痛を訴え、

よく涙されていたYさんからお電話があり

 

「いま、9週になっています!」

 

と嬉しいお電話がありました。

 

あぁ、良かったなぁ。

 

内膜症では、、、

たまに、

腹腔のなかにお水が溜まることがあるようです

おなか

このお水が多いと、

着床にもあまり宜しくなく、

うちのお客様の症例では、

体外受精の移植のスタートを切ろうとしたら

2周期続けて「腹水がある」と言われたかたもあり、

移植が2回続けて延期になったというケースもありました。

 

このとき、漢方では、

腹水をさばく(お腹のなかの水をひかす)処方をし、

めでたくご妊娠に至りました。

(もちろんタマゴちゃんも良かったと思う)

 

また、月経周期では、

排卵前から、排卵のころに、卵胞のなかの

卵胞液がじわっと漏れ出て、

エコーで写ることもあるとのことです。

 

いろいろなことが子宮や骨盤内で起こっているんですね。

 

来週、月曜日は、

Mさんの勝負の採卵。

今日のお電話では、

「水が見えてるね」とエコー検査で言われた、

とおっしゃっていました。

 

排卵しないで持ってくれますように!!

きっと大丈夫!

一緒に祈っているね。

関連記事

流産を繰り返すとき漢方的に考えること
子宮内膜の厚さ「2ミリの差」の問題
なぜ体外受精の前にピルを飲むの?意外に知られていない基本のキ
子宮内フローラが周知されてきました
着床判定にまつわるドキドキ
未熟なタマゴとは具体的にどんなことを指すのか?
不妊治療・体外受精の保険適用につき不安なこと
タイムラプスで胚を培養することのメリット
良いことも悪いことも
着床前検査の見解は変わってきている
ページトップ