タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

「ご縁はあちらからやってくる」

2019年10月09日

 

今日は、劇的な1日だった。

 

私の、昔よりのささやかな念願が1つ叶い

新聞社様から2つ、取材をいただいた。

 

だけど、その関連事項で

不手際なことが明るみになって、

今朝は5時に、疲れとストレスから激しい頭痛で目覚め

吐き気をもよおしながら起床。

 

しかも、家族の発熱や店のバタバタと重なり

何か色々、思い通りにならず、哀しいのとはがゆい

 

世の中、色々なことがストレスになるけれど、

自分のキャパが狭いことを深く感じるほど

虚しいことはない。

 

そんなこんなで夕刻までのバタバタと裏腹に

心は低空飛行していた

 

そしてその夕刻、、

 

久々に予約があったMさん(40代)

(体外受精の)移植はもうとっくに終わって、

結果が出ている頃だけど連絡がなかったことから

(きっと、、ダメだったことの報告だろうか・・・)

 

とさらに(私の)テンションが実は低めで対面したけれど・・・

 

全くいつもと変わらぬ彼女の表情で

「今回もダメでした」

と言うのと全く同じリズムと表情で

 

「今日、心拍確認できました」

 

と・・・!!

 

そして、頭っから

(ダメだったのかも)

と言う気持ちで彼女と対峙した自分を同時にまた深く恥じた。

 

彼女は、、

今、座禅をたまに行っているらしく

 

そちらの庵主(あんじゅ)さんに

 

「求めてはいけない、ご縁はあちらさんからやってくるもの」

 

と言われていたそうだ。

 

(↓今日の写真はイメージです)

05

 

そんな禅の言葉や、

(頑張ったからこそ)
縁が向こうからちゃんとやってきてくれたMさんの神々しく見える表情や✨

求めることが多すぎて疲れ果てた自分の昨今を、、、

一気に振り返り、

そして、

彼女の妊娠の嬉しさ、高揚が相まって

涙がじわじわと

 

私も一緒に座禅させてもらおうかな。。と思った。
(結局、やってないけれど・・・汗)

 

「ご縁はあちらからやってくる」

 

この言葉、大事に信じてみたい。

 

 

 

関連記事

AIDという選択は誰のために
妻43歳と夫無精子症からのご妊娠
平成最後の総括:自分の身は自分で守る
優しきプロフェッショナルな医師
治療の合間の自然妊娠
祈りに立ち返る
1PNってどんな状態のタマゴ?
健康なごはんって何だろうね??
お盆によせて〜絆とは〜
自分の魂を愉しませること
ページトップ