タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

治療の合間の自然妊娠

2019年02月20日

治療の合間の自然妊娠・・・

そんなことって本当にあるの??

 

実はちょこちょこっと、あります。

 

それは、もともと、

自然妊娠の可能性だって十分にあるかたも

焦りや不安で早めに治療されている場合などのケースもあるし、

もう一つは

境遇の変化、転勤など仕事の変化、

あるいは、

(ちょっと不謹慎でごめんなさい)

なのですが、祖母、祖父などの親しき人との死別など、

何かしら「環境の変化」があったときにも

自然妊娠というものはやってくるんだなぁと感じています。

 

先週も、カウンセリングの予約でこられた方が

突然座るやいなや(顔つきは冷静に〜)

 

「こんなことになってました」

 

と見せてくれたのは、

胎嚢(約妊娠5週でみられる胎芽が入る袋)の写真✨

 

彼女は、治療に疲れ、

しばらく診察に通うのをやめます。。という流れがあって

漢方を始めだしたのも功を奏したのか、

ちょうどおりものが出ていると言われたので

「この辺でタイミングを取ってみるといいね」

とお伝えしていたところでした。

 

まさか、そのタイミングで妊娠されるなんて〜!です。

 

(やっぱりオリモノが出るって大事ですね!)

 

 

また、別の方ですが、

昨年はいよいよ体外受精にステップアップ

という直前に妊娠判明!

 

なんてこともありました。

 

ですので、

 

ストレスから逃れ、少し目線を変える

 

自ら環境の変化をおこしてみる

 

ということもアリなのかもしれません。

 

⭐︎

 

話は変わり、、

 

皆さんには「ときめくこと」ってありますか?

 

大好きなアーティストのコンサートにゆく

お金を溜めてジュエリーを買う

大好きなお菓子を食べる

大好きな旦那様とデートする
(ダンナぁ??って声が出そうな・・笑)

 

すっかり世界のこんまりとなった

近藤麻理恵が提唱する

お片づけのメソッド、ご存知でしょうか?

 

 

面白いなぁと思うのは

お片づけしたり、整理をしたりするときに

モノを要る、要らない、使う、使わないというベクトルでなく

 

「ときめくか、ときめかないか」

 

であるということ。

 

触って、もはやときめきを失ったものは、

捨てる(あるいは寄付をする)。

 

自分の部屋のいつも目のつく場所に

大好きなものを置く

ときめくものを置く

 

大事らしい。

 

ときめき

 

を英語に訳すと「Spark  of  joy 」というらしいけど

Spaek(きらきらっ)のような気持ちを

いつも持っていることはきっと気の流れが良くなり

きっと幸運を引き寄せやすくなるんじゃないか!?

 

そんなことを、私が昔よく読んでいた

浅見帆帆子さんの本にも書いてあったな。

 

そんなこともあって、

最近、&Premiumという人気の雑誌に載っていた

作家さんの手作りの真鍮の匙を購入した✨

(1000円台で買えるのよ〜)
見ててニマニマする。。

春にふさわしいデトックスにスギナのお茶を飲む。

もちろんこのお匙でハーブを扱って。

IMG_6967

 

週末は石田屋さんの「くるみど展」で古物のシュガーポットを購入。

銀器だったので、黒サビをクリーナ使って磨くこと1時間!

使えるようになりました✨

30173248_Unknown 2

 

ここ、なにげににお宝の山✨(笑)
2月いっぱいやっているそうです。

IMG_6971

春はもうすぐ。

皆様も自分のできる範囲で

気持ちがスパークリングすることを選んでみてくださいね。

 

関連記事

優しきプロフェッショナルな医師
祈りに立ち返る
1PNってどんな状態のタマゴ?
健康なごはんって何だろうね??
お盆によせて〜絆とは〜
自分の魂を愉しませること
着床判定時のhCG
何かを始めるのに縁起が良い吉日とは?
妊娠というのは免疫そのもの
自分自身でいること

鈴木レディスホスピタル様でのカウンセリング

 

立春を過ぎての雪。

どうかこのままおとなしく降っていてね、と思う

 

⭐︎

 

昨年の11月から週に2回

金沢は寺町の鈴木レディスホスピタル様での

妊活カウンセリングを担当させていただいております。

 

そのカウンセリングルームは3階の303号室。

なんと、

「3(さぁ)0(お)3(さん)」

という縁起のよいお部屋にて

 

 

意外にまだ周知されておらず、

「知らなかった!」

と言われることが多いのです。

 

 

1枠40分、少しだけゆっくりと

不安なことや、心の葛藤をお話いただいたり

 

妊活中の食養生や留意する点などを

お尋ねされるかたもおられ、

 

そこで、わたしは

質問にわかる範囲内でお答えしたり

傾聴し

時に感じることなどをお伝えしたりします。

 

 

 

島田薬局内で行っているような

漢方的な問診チェックも簡単に行うこともありますが、

基本、ホスピタル内では、

商品の販売や説明はいたしません。

 

とにかく

 

安心して 誰にも気兼ねせず

自分の心や感情を解放する場を作っていただきたい

そう思っています。

 

 

治療のついての質問や

生殖医療についての疑問などもお寄せください。

 

鈴木レディスホスピタルの、

ここ、すごいなぁと思うところ。

 

複数ありますが、

ひとつめは

「月.水.金 の17時からの外来を設けてあるところ」

です。

 

仕事の途中に抜け出して治療に行く、

というのは多くの妊活中の女性にとって

かなり仕事との両立にとって大変なことなのです。

 

 

今のところ、妊活カウンセリングは

 

隔週の水曜日におりますので

待合の時間に(ちょっと行ってみよう)

という気軽さで来てくださっても構いません💛

が、、予約制になっていますので

念のため!

受付にご確認くださいね。

 

 

おひとりでも多くのかたとお話できるのを

楽しみにしております

 

⭐︎

 

先日、素敵な女性から

ちょっとおしゃれなチョコをいただいたのです

 

どなたにも細やかな心配りと、

優しく気遣いをされるかたで

おじぎの仕方が美しいのです

(女性として そんなところに見惚れます)。

 

チョコも開いてびっくり!

そんじょそこいらに、こんなおしゃれなの、

売っているのを見たことがないわ(笑)

 

って思ったら・・・

京都の有名ショコラティエのものでした。

IMG_6912

しかも天然素材のものをふんだんに使用してあり、

果実や花などの素材の酸味や自然な甘みがやさしい〜。

トランス脂肪酸も使用していない!!!

久々にチョコで感動したのでした。

 

 

わたしの周囲には、

すてきな女性がたくさんいる。

 

出会いに感謝するチョコレートDayでした。

 

 

関連記事

陰から陽に抜ける日

 

2月 立春 東風凍(こおり)を解く

雪解け

毎年、大寒からこの立春(節分)は

ぐっと冷えこみ、雪が降るのを堪えながら春を待つ気持ち。

 

 

 

最近、40代中盤〜後半のお客様から

よく寄せられるお言葉があって、、

 

「なかなか治療がうまくゆかない。

 

 着床しないのです。」

 

それは何故でしょう、と。

 

こんなやりとりは決して少なくなくて。

 

自分のお身体や、体質が悪いことによるものでないよ。

自分を責める要素はなにもない。

 

ということをなるべく理論でお話しするようにはしているけれど、

 

年齢のせいという理由は1番辛いこと。

 

だって、

生殖医療じゃなくても

腰痛や、膝の関節痛をお医者さんでは

「年のせい」と言われるけれど、

 

痛いのをただなんとかして欲しい

 

というのは厳然たる事実であり、マストに改善したいこと。

 

妊娠も、みんながそれぞれに、わかっているけど

それを超えたい。

 

 

かつて大昔、

お産で命を落とすことも多々あったくらい昔、

40代でのお産は命取りだったそうだ。

 

母体か胎児か?というと

 

やっぱり母体。

 

だから、人類は、染色体異常という細胞の老化を起こして、

なかなか着床しないように「進化」してきたのかなと思う。

 

遺伝子のこと、染色体の減数分裂のことを学ぶと、

愛しくなるほどちゃんと理にかなったことをヒトは行っている。

 

 

 

だから、もう1度繰り返し。

自分を責めたりしないで。

努力はある程度したら、頑張りすぎなくくとも、とも思う。

 

もちろん、

私にも振り返りたいことは山のようにあるけれど。

 

今の人生を 生き方を、

意味はないものにしない心の持ち方 をしてゆきたいものです。

 

⭐︎

 

どうでも良いハナシを。

 

かの大昔(汗)

わたし、島田がティーンエイジャーだった頃ほど大昔(笑)

その頃のわたしの憧れの女性は

「小林麻美」という女優さんでした。

 

サンローランの洋服が大好きで、

この頃のアイドル路線とはまったく違うアンニュイなかたで

いつも、なにかに 哀しんでいるかのような表情が

わたしには たまらなく大人な女性に見えた。

そして、彼女の詩集を毎晩読んでは眠りについた。

 

結婚を機に20代で引退して以来、

すっかり忘れ去られていたような存在感で、

わたしもあまり思い出すことはなかったけれど、

つい最近(昨年2017年ごろから)、

60代になられていて、クウネルという雑誌の表紙を飾り復活。

 

それがなんだかさらに素敵にお年を召されていて、、

表情もあのアンニュイさはない。

むしろ

陰の時代から陽に抜けた感さえある

 

ちょっと、いや、かなり嬉しかったナ。

 

 

「クウネル」さんの表紙をアップ。

kunel

60代になっても髪がふさふさでいられるっていい。

まさに それは「腎」のチカラなり。

 

関連記事

雪の結晶が美しい大好きな場所
不調さえ自分の大事な一部
自分の魂を愉しませること
着床判定時のhCG
女性ホルモン不足が気になるかたの香り
何かを始めるのに縁起が良い吉日とは?
自分自身でいること
オリーブオイルの目利きは大事
祈ることの効用
瘀血(おけつ)をとることは大事
ページトップ