タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

祈ることの効用

 

師走になると、今年あったことをいろいろと

振り返ることが多くなる。

 

それは年齢のせいでなく、

今年もほんとうにいろいろなことがあり、

いろいろなご夫婦から学びがあったからこそ。

 

そしてやっぱり結論、

最後は「祈ること」にたどりつく。

 

あなたはよく祈ることをしますか?

(はい、宗教じゃないですよ〜)

ネットで「祈り 効果」と検索すると

「祈り 恋愛」

「祈り 科学的証明」

などと予備検索が出てくる。

 

そうかぁ、そうだった、

ひとは恋愛をかなえたいとき、祈るんだったなぁ〜。

と、遠い昔を、遠い目で、思い出した(笑)

 

そして本題、祈りは

単なる気休めではなく、

「その効果は祈ることで高まることが科学的に実証されている」

という内容の書籍が、多く存在することをご存知でしょうか?

 

特に、わたしは年末にゆっくり読んでみようと思うのだけど、

この本とこの本のレヴューがとても気になった。

41R6MJ0GC1L._SX326_BO1,204,203,200_

☆☆☆☆☆

 

〜祈りが「本当に」効くのは、なぜなのか〜
人間は、祈りには実際に病気を治す力があることを、

古代より直観していた。
アンドルー・ワイル博士と並び世界的に

有名な米国の医師・ラリー・ドッシー博士が、

最新の医学研究をもとに実証する。

祈りがもたらす絶大なる「治癒効果」のすべて!

☆☆☆☆☆

 

 

私も10年以上続けている祈りの習慣がひとつあって、

それは「お朔日参り」(「ついたち参り」と呼ぶ人もいますね)

今月も1日に、出勤前に、自分の住んでいる場所の氏神さまにご挨拶。

家族の健康と成就を祈ってきました。

あ、もちろん、感謝のキモチも♡

IMG_4252

祈ることは科学的に証明、、という以前に、

祈ることで心がクリアになるんですよね。

すっきりと軽くなるというか。

 

だから、私はよく 祈ります。

 

 

さて、、

締めに、何度もこのブログで紹介してきた

私の大好きな聖書のなかの一節を紹介します。

 

この一節を読むと、あくせく、イライラせず

「機が熟すのをいまは待とう」

そんな気になるのです。

 

hands-1926414_960_720

天の下では、何事にも定まった時があり
すべての営みには時がある。
生まれるのに時があり、
死ぬのに時がある

植えるのに時があり、
植えた物を引き抜くのに時がある
くずすのに時があり、
建てるのに時がある

泣くのに時があり、
ほほえむのに時がある

嘆くのに時があり、
踊るのに時がある
石を投げ捨てるのに時があり、
石を集めるのに時がある
抱擁するのに時があり、
抱擁をやめるのに時がある

捜すのに時があり、
失うのに時がある
保つのに時があり、
投げ捨てるのに時がある
引き裂くのに時があり、
縫い合わせるのに時がある
黙っているのに時があり、
話をするのに時がある
愛するのに時があり、
憎むのに時がある

戦うのに時があり、
和睦するのに時がある
(聖書・伝道の書三章より)

 

 

 

関連記事

オリーブオイルの目利きは大事
今年見て最高に感動した実話映画
卵管造影検査で気をつけること
生理前のイライラどう付き合う?
沖縄旅で出会った名所
カウンセリングスペースにひと工夫
42歳のKさん自然妊娠
つどい場・はなうめ(がんサロン)
プラセンタ皮下注と採血
2014年 「ことはじめ」セラピー

ちまたで噂のあのニュースについて

2017年11月18日

今日は、雨で大荒れですね☔️☔️☔️

 

ちまたで噂のミトコンドリアのサプリについて

よく店頭で聞かれます。

それが良いか悪いかは別として、、、

 

ミトコンドリアを活性化するとても良い方法があります。

 

しかも、お金がかからず!!です

 

もうピーンときているかたはいるかと思いますが、

それは、

ファスティング(断食)です。

 

思い出してください。

オートファジーという言葉を。

昨年のノーベル賞だった

「細胞の自食作用=オートファジー」のことです!!

research_01_on

 

 

人は飢餓状態に置かれると

自分の細胞が不要なタンパク質を分解して

新らしい細胞に

生まれ変わろうとしてくれる

 

そして、

細胞が老廃物を排泄、解毒する方向に向かうんです。

 

これを妊活に生かさない方法はないです。

ポッチャリお腹のご主人様の

精子の能力をあげようと思ったら、

まずはダイエットです。

夜遅くの飲食をバッサリと!

なんとか切ってください。

 

特に夕食。

 

寝るだけにエネルギーはそんなに要りません

糖質や脂質をカットして、

完全にファスティングは難しいのであれば

豆類や卵、鶏肉などのタンパク質を中心に、

野菜はたっぷり摂りましょう。

 

 

細胞が生まれ変わるのですから。

 

 

ハナシ変わり、、

最近、お客様から問われるこの話題について

⇩⇩⇩

年収800万超で増税案 政府検討
子どもなし世帯
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017111601001913.html

 

 

いろいろな意見があって、

子供を育ている世代にもお金がウンとかかるのも理解できるけど、

 

欲しくても授からないひとの気持ちは

どう汲み取ってもらえるのだろう。

 

そして、いま授かろうと一生懸命努力して、、

たくさんのお金を使っているひとはどうなるんだろう。

 

子供がいないことで老後も自分たちで貯蓄もしていかなくちゃ、

って、、思っているとも思うし、

 

なんだか胸がヒヤっと冷たくなる。

 

私てきには、、

(自分の健康管理を怠っていることの)

医療費の無駄使いが1番気になってて

増税するよりも、

無駄をけずるとこと、他にいっぱいあるだろう!

 

って思っています。

 

まだ店頭でいろいろお話ししましょう。

 

 

関連記事

残留農薬と生殖について
体からのサインを見逃さない
子宮内の細菌叢バランスと着床
その飲み物ちょっと待った。。
卵巣を元気に!日光浴のススメ
妊娠前に知っておいてほしい病気①
精液中の白血球↑にはあの素材
足の冷え対策はこれを使う
お魚とメチル水銀について
体内で最も血流が遅い場所は?

妊活セミナー参加御礼

2017年11月13日

さる11月12日は

島田薬局主催、第11回目の妊活セミナーでした。

二十数名のかたにご参加いただきました。

参加されたみなさま、この場を借りて御礼申し上げます。

 

このセミナーの目的は

巷やネットに飛び交う情報でなく、

 

地元クリニックの生きた情報をデーターに基づき

学んでいただくことや、

同じ年代で治療をされているかたなどの情報共有、です。

 

 

毎回のことなのですが、最初はみなさん硬い表情が

お茶とお菓子を食べて、温灸をするころには和んでくださって

同じテーブル(年代で分けています)の方達と

少しづつ、お話、情報交換をされたり

後ろから見ていると、辻先生のお話のとき、

多くのかたがメモを取っておられました

 

PGSのハナシや胚のグレード分類など、

とても難しい専門用語もありましたね

(また、お店で私に聞いてくださいね。)

FullSizeRender

わたしは「環境ホルモン」のなかでも

BPA(ビスフェノールA)についての内分泌撹乱、

エストロゲン作用が生物の生態系を狂わせている話しや、

「遺伝子組み換え食品」についてお話させていただきました。

 

セミナーのスイーツは

グルテンフリー(もちろん白砂糖、乳製品もフリー)の

有機バナナの米粉パウンド。

FullSizeRender

お茶は血を補い、安神(リラックス)作用のある「なつめ」を

ふんだんに煮出した漢方茶でした。

 

翌日、私のパソコンに「御礼」というタイトルで

セミナーに参加されたSさんからご連絡があり、こうありました。

——————————–☆

もう少し早く自己紹介して、席の方たちと話せばよかった。

みんな、職場にも年下の若い子にも妊活の話が出来ないみたいだったから、

アラフォーで頑張っているみんなでまだまだ話したかった、と思いました

——————————–☆

また、ほかのお客様からも、

——————————–☆

夫婦の茶話会したいです。

不妊治療をしてる男性同士でも話が出来たらと思ったのです。

男性の気持ちも少しでも軽く出来ればと。主人は主人で辛そうなんです

——————————–☆

これ聞いて、奥様の愛は深い、と感じたわたし。

旦那様を交えての夫婦での茶話会を希望するお声もいただきました。

 

そうですね、、「団体」よりも「個」へ。

そして「女性だけが努力する」のでなく

「夫婦運命共同体」ですよね。

 

ただ、日本人男性は、夫婦のこういうプライベートに

触れられたくないひとが多いのも事実。

ましてや精液の状態が悪いとなればなおのこと。

ここに関しては、多くの方の意見を聞きたいです。

 

今後はみなさまのご希望に沿って、

集団で行うセミナーでなく

個別化へ、茶話会形式にシフトしてゆくかもしれません。

 

 

最後に、

2年前、うちのセミナーに参加してくださったYさん。

その当時で43歳。

採取する卵子の状態が悪くてなかなか治療もうまくゆかずに

悩んでおられました。

 

うちのセミナーに出てくださったときも

(もうあきらめんなんのかな、、)

気分は暗く、どよーんとしていたそうです。

その後、最後と決めた採卵で妊娠。

(胚盤胞でなく初期胚の移植でした)

そして、44歳でご出産!

先々週、元気な赤ちゃんとともに遊びにきてくれたんです。

 

こんな希望もある

ということを教えてくれたSくん。

IMG_4149

諦めなかったYママと、

この子の笑顔とパワーがみなさまに届きますように。

関連記事

自分自身でいること
フラジール~世に悲しみの種はつきまじ〜
妊活セミナーを開催します!
お盆によせて〜ご縁というもの〜
意味づけなど必要ない
骨密度、足りてますか?
無痛分娩について
妊娠前に知っておいてほしい病気①
大事な時間の共有これからも
どんな気持ちで12月を迎えていても
ページトップ