タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

子宮筋腫を摘出のあと、ベストなご妊娠!Yさんご夫婦おめでとうございます!!

2013年06月06日
テーマ:妊娠症例

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して
「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」
と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです。


子宮筋腫を取って妊活にのぞむべきか、
いや、取らずにこのまま進むべきか?

 

迷っている女性は少なくない!~と常日頃感じています。

 

今回は、子宮筋腫(粘膜下筋腫)を摘出後、体外受精に進まれ、
みごと1回目の採卵、移植で、ご妊娠されたYさん(35歳)の症例を
ご本人に了承を得て書きたいと思います。

 

少し長文になりますが、おつきあいください。

 

Yさんご夫婦がうちに来て下さったのは、昨年の4月末。
すでにご結婚から2年が経過していました。
奥様の月経痛、貧血があり、漢方で対処してゆくと共に、
一般不妊検査などもまだだったので、Yさんご夫婦に、おすすめの病院を
ご紹介しました。

 

ようやく治療に向かった5月、、、
筋腫の存在を指摘されました

 

しかも、「子宮筋腫が子宮にのめりこんでいる」とのこと!

 

大きさは2、5センチ。さほどの大きさでもないにしても、
粘膜下筋腫であり、MRIの画像でも筋腫がポッコリと内膜にコブを作っていました。
着床障害になる可能性があるとドクターも判断され、
紹介をされた金大で手術を受ける決心をされたのです。

 

粘膜下筋腫は、子宮内膜にある筋腫。
着床の妨げになるということも・・

333

 

文章にすると、シンプルですが、
ここで多くの女性はとても悩むと思うのです。

 

ひとつは、
「筋腫の摘出、回復を待つ、ということで不妊の治療がまた遅れてしまう」
という不安、ためらい。

 

ふたつめは、筋腫というのは、存在していても妊娠するケースもあるということ。
そのことから、お医者さんによって、取る取らないの基準が違うことも多々あり、
迷ってしまうこと。

 

みっつめは、仕事をしている場合、開腹して手術を行うと、
最低一週間の入院が必要になります。
(もっと長いケースもあります、そして腹腔鏡のバアイは体の負担が比較的に楽です。)
お休みが取れなかったらどうしよう、と悩む方もいらっしゃいます。

 

Yさんご夫婦が、決心した1番の理由は、

 

先生の

 

「切りましょう!」

 

 

 

という揺るぎのない言葉だったということです。

 

また、、
Yさんご夫婦は、とっても仲良しご夫婦

 

いつもご主人さまが奥様のサポートをかんぺきに、
されていて、送り迎え、診察のあとの説明にも付き添い、
奥様以上に奥様の状況を把握されていましたね~。
だんな様の見守りの優しさ、ピカいちでした

 

世の中すべてのご夫婦がこうだったら、女性の気持ち的な負担は
ずいぶん楽になるんじゃないかなぁ。
診察の付き添いは無理としても、、

 

「ありがとう」
「だいじょうぶか?」
「なんか家事手伝おうか?」

 

こんな言葉ひとつで女性は報われるのですヨ。

 

(世のだんなサマ、ここんとこぜひお願いします)
さて、その後Yさん、筋腫を無事に摘出され、
片方の卵管のつまりもあったため、
筋腫は取れたけど、タイミングに戻らず、
今年の冬には体外受精(ロング法)をされ、

 

なんと!
8つのグレードの良い胚盤胞を凍結することができたのです!!
卵巣機能はとっても元気に保たれていたね。
すばらしかったよ!

 

もちろん、手術からこのあいだも、ずっと漢方も続けてくださっていました。

 

そして移植。

 

そして運命の・・・

 

「たいのう確認」を経て

 

先週「心拍確認」されました

 

待ちに待っていた「おふたりの愛の結晶ちゃんです。

 

444

 

お腹のなかで、スクスク育ってね。
筋腫もないし、ふかふか? 居心地よいよね!

 

悩んでいた子宮筋腫の存在から、決心、手術をされ、
1回の体外受精による採卵、移植で、うまくいったという
すばらしい症例でした。
Yさんご夫婦へ
ほんとうにおめでとうございます!

 

お二人のような仲良しご夫婦のところを
きっとこの子は選んでやってきたんだろうなぁ

 

おふたりがうちに来てくれたご縁に心より感謝しています

関連記事

生殖系やホルモン、漢方では腎です
体内で最も血流が遅い場所は?
40歳、体外受精後の自然妊娠
46歳ご妊娠!運動の大切さあらためて
43歳,私に奇跡は起きないと思っていた
40代13回目の移植でご妊娠
検査で判明しない不妊の要素
2つの命、すくすくと育って
お客様のブログを発見して☆
11回目の移植でご妊娠

銀座の女性外来をのぞいてきました

2013年06月01日
テーマ:研修会

昨日の金曜日は、1日研修のためにお休みをいただき、
毎年、東京で行われる
「不妊カウンセリング学会:学術発表」を拝聴してきました

 

いつも勉強になる演題にうなる私。
今回は鍼灸によるアプローチの発表もあり、勉強になりました

 

お昼は、日本橋で、おひとり様ランチをして・・・
また学会に戻り、

 

その後、銀座の一等地にある、かの 対馬ルリ子先生の
「対馬ルリ子女性ライフクリニック」に潜入

 

病気じゃないです。。
実はクリニック内にある漢方ルーム「Kaon」にちょこっと用事があったのです。

 

日曜の「保険外治療」も満員の様子。混んでたな~~。
「保険証を持たずにお越しください」とのこと。

 

555

 

ここのクリニックの診療で、

 

こんなん金沢にはないな~~~!!!

 

と感じたのは、、、

 

なんと

 

1)尿漏れ 
2)女性性器の悩み(と手術)
3)セックスライフの悩み

 

に対応してくれる外来があるということ。
コチラ↓
http://ladies-treatment.jp/

 

でもこんな悩みって、なかなか人に言えず、
お医者さまに相談できず、悩んでいるひとって意外に多いと思う。

 

女性の目線で、こんな外来があるというのは心強いことだ!

 

やっぱ都会は進んどるこっちゃーー(@_@)

関連記事

43歳の壁を越えて
残留農薬と生殖について
妊活セミナーを開催します!
妊娠と炎症について
生殖系やホルモン、漢方では腎です
とっておきの場所でセミナーをします
血流の悪化は子宮につながる
病院選びに関すること
サンタクルス、吉田Dr.の講義で学んだこと
エンブリオロジスト学会 in 金沢を見学
ページトップ