タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

43歳の壁を越えて

2018年10月09日
テーマ:生殖医療 , 研修会

 

静かに、第一段階、報告。

 

先週、、
うちのお客様で44歳のかた2名それぞれが、

まずは胎嚢まで そして、おひとりは心拍まで

進むことができました。

 

もちろん、年齢的には流産率も高いので、

まだまだ安心できず、、

可能性を信じることしかいまはできません。

 

そして、このお二人は、

もう1年以上、真面目に、通い続けてくださった方々。

努力が実ったとか、

漢方が効いた、

とか、そんなことを言いたいのではなく、

 

自分の可能性を信じ続けることの

モチベーションを

繋いでくれてありがとう。

 

頭がさがる気持ちでいます。

 

 

✳︎

 

先週はとっても緊張することがあった

それは、

石川の地では、多くのかたが不妊治療に通う

鈴木レディスホスピタル様の院内の勉強会にお呼びいただき

妊活や漢方カウンセリングについてお話しさせていただきました。

 

医師、培養師チーム、そして看護師さんら

専門職のかたが集う前でのお話しは、

超キンチョ〜(苦笑)

43124943_1862064503901593_6141401069722271744_n

心の声

( 緊張するのは、自分を良く見せたいからなのよ

   良く見せる必要はない

   等身大の自分の気持ちを話せ。)

 

と心に言い聞かせ、話に臨むわたし。

さかのぼること5年前、

北國新聞の「女性の目」という対談で

鈴木レディスホスピタルの看護師長Tさんとお会いし、

そこからのご縁をいただいたのでした。

いまもなお、看護師長のTさん、優しさに溢れていて素敵でした

また、うちの妊活セミナーでもご講演を賜っている

辻培養師長さんも、日本の培養師のなかでも

ピカイチの腕だと(勝手に)信じています。

 

✳︎

 

今週の連休は、21日のお茶会セミナー向けて

スライドの準備、ほか様々な用事に追われました

今週は北陸中日新聞社さんからも取材が入り

なんだかソワソワが止まらない。。

 

セミナーは定員満員ですが、

まだ数名、お茶を飲みに来ていただける枠があります。

気になったらメール、お電話くださいね。

 

 

今日はずっ〜と行きたいと思ってた長町の

カフェとギャラリーと陶芸教室がある

「Creava  クリーヴァ」を覗いてきました。

IMG_6180

 

黒木紗世さんの「花を纏う」シリーズが

少〜しだけ置いてあって

手に取って見ることができました。

「いや〜 まっこと 美しきかこつです 」

(せごどん風)

 
気分転換しゅうりょう〜!

関連記事

着床の窓は前にずれている?(ERA検査)
ニッポン男性力クライシス
自分の魂を愉しませること
不育症とストレスの関係は?
内膜症の増加、おこっている異変
命を植えること
着床判定時のhCG
妊娠というのは免疫そのもの
残留農薬と生殖について
妊活セミナーを開催します!
ページトップ