タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

女性とプチ鬱の春

2018年03月16日

季節はどんどん春へ春へ。

肝の季節である春。

陽気が強くなってゆくにしたがって、気の流れも上昇しようとします

この気の流れに体がついてゆかないと

めまいやのぼせ、いらいらなどの症状がでがちです。

やたら眠い、に反して、なかなか寝付けない。

イライラ怒りやすくなる春になると多くなります

そして、不安、プチ鬱さん が多くなるのもこのころからです。

特にこういった症状は男性よりも女性に多いのです。

 

テレビや映画でもすぐに泣いてしまう

やたらと涙もろい

 

というのは、実はこの肝の働きが弱っている証です。

(肝の五液は「涙」であることからも)

 

⭐︎

 

つい先日、河北はペザンさん(自然栽培のハーブ園)に行ってきました。

そこで、オーナーさんに、

 

「これ、鬱とか不安にとても効果のあるハーブなんですが、

 なかなかうちでは販売難しくて」

 

と言って、見せてもらったのは、

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)

FullSizeRender

匂いを嗅ぐと、とても力強い香りがしてきます。

早速、自然栽培のこのセントジョーンズワートくんを購入してきました。

 

セントジョーンズワートは、

ドイツでは、不安やうつに処方されることが多いメディカルハーブで、

その作用機序も明らかになっています

ただし、ほか、医薬品との相互作用もあるハーブなので

できれば専門家(医師や薬剤師)に相談して購入するのがのぞましいと思います。

 

私は、昨晩、このセントジョーンズワートに、

トケイソウやリンデン、そして、

生薬でリラックス効果のあるものとブレンドして服用したのですが、

トケイソウの効果もあって、あっというまに熟睡

(もともと睡眠障害はありませんが)

 

医薬品ではなく、もちろん食品としての括りのなかでの販売ですので、

効果的なハーブや生薬をブレンドして調合することもできますよ。

 

 

そして、気分が落ち込むことや、プチ鬱な自分を責めたり、

落ち込まないでください。

大事なのはどうやって対処するかです。

どんな方法で優しく自分をケアするからだと思う。

 

 

これは、先週、東京は自由が丘にて。

ハーブソムリエの講習に参加してきた写真。

楽しかった〜。

フィト=植物がほんとうに好き。

IMG_4768

⭐︎

 

今日は、東京に漢方を送っているかたから、

体外受精の採卵で、37個!!!

のタマゴが採卵できたとメールありビックリ!!!

AMHがもともと高い方なのでしょうが、

けっこう強い誘発、刺激、だったんだろうなぁ、、と考察。

卵巣が腫れずに(いや、少しは絶対に腫れるはずと思う)済むといいな。

 

女性のみなさん、春をイキイキ過ごしてほしいと思います。

でも、ちょこっと気持ちが沈むときはお話しに来てくださいね。

 

 

関連記事

「先祖返り」のチカラ

女性ホルモン不足が気になるかたの香り

先日、70代の女性に

「血糖値が高いのでなにか生薬のお茶を、」

お茶で調合のリクエストをいただいたので、

漢方は「杜仲」「桑の葉」を調合させていただいたところ、

ぐっすり眠れるようになり、HbA1Cも安定してきた(下がった)

との嬉しい返答をいただきました。

 

たま〜にこんなこともやっています。

 

私は、漢方のみならず、

植物療法の分野だったら、

薬草や漢方に限らず、ハーブでも、アロマ(精油)でも

体に取り入れることが大好きで、惜しまないほうだと思います。

 

人間は太古の昔から、植物による癒しや療法を

生活のなかに経験則として長きにわたり、取り入れてきました。

そして、その有効成分や科学がいまや実証され

自ら学ぼうとすれば、植物療法はいつでも手の届くところにある。

 

あまり大きな声では言えませんが、

いや、堂々と言おう、、

更年期まっただなかの私

その私が、大好きな精油で、

ホルモン補充のように使っているアロマを紹介します。

 

クラリセージ(Salvia sclarea)

クラリ

 

クラリセージは、上記の写真のように、サルビアのような

成り立ちのピンクの上品なお花です。

 

精油辞典をめくれば、、成分はこんな円グラフ。

(メディカルアロマはこんなことも学びます)

FullSizeRender

その割合の多くをしめるがエステル類。

痛みを沈めたり、神経バランスを整えたりということをしてくれます。

しかし、この精油に特筆すべき効果は、

固有成分であるスクラレオールです。

このスクラレオールが女性ホルモンに似たような作用をしてくれます。

(注意:妊活中のかたは正しい使いかたがあります。聞いてくださいね)

 

でも、クラリセージってどんな香り??

 

そう思ったらお店で聞いてくださいね。

クンクン嗅いで、脳に届けてほしいです。

香りは直接、大脳辺縁系に入るのです。

 

クラリセージは、私のイメージでは、

深〜い甘苦さ(?)のなかに、

紅茶のアールグレイがお邪魔したかのような、、

そんな香り(余計わかりにくい??

 

ふたをゆるく空けておくと、

あれ、誰かアールグレイ淹れた?

って思うんです。

そこに甘い、バラの香りに似ている精油である

ゼラニウムを混ぜると、もっと華やかさと女性らしさが出ます。

 

なんか最近、女らしさを忘れている

更年期のホルモン不足だな〜

 

と思ったら、有機認証を受けている精油で

ブレンドすることもできます。

 

 

⭐︎

 

最近、はまっているのがお茶のブレンド。

来る日も来る日も、、

生薬などをあわせて独自のブレンドをしています。

秋には商品化をめざして!

 

今月の&プレミアムはお茶の特集。

友人が教えてくれたのですが、これ、すてきな雑誌です。

生活が豊かになる気がして、、最近ハマっています。

FullSizeRender のコピー

テーブルにちょこんと置いてある精油ビンは

有機ローズの精油。

寝るときに手首につけて寝るとリラックスするんです。

でも、小じわに良いと聞き、肌につけているけど

それはいっこうに解消されません。。。

 

どうしたものか

 

関連記事

「先祖返り」のチカラ
着床判定時のhCG
オリーブオイルの目利きは大事
瘀血(おけつ)をとることは大事
養殖より国産、天然
中年の星でいいじゃない
ページトップ