タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

その飲み物ちょっと待った。。

 

夏真っ盛り

皆さんは発汗による水分チャージは水?お茶?

私は、自分のうちの漢方茶やアルカリイオン水などです。

お客様のなかには、たまに

ポ◯リスエットを毎日飲んでますとか

(糖分、山ほど入っています!

果汁100%のジュースとか

(果糖がたっぷり、常用は避けたほうがベター)

そして、さらに

 

残念!

と思われるのが

「果糖ブドウ糖液糖」と表示された飲み物です。

 

皆さんはもう「糖化」という言葉は

ご存知ですよね?

糖化は、「糖分とたんぱく質」が結合した「AGE(終末糖化産物)」

が食べ物の摂取により蓄積されると、

細胞の老化をどんどん引き起こしてしまう

恐ろしい物質です。

 

お肌に起こればコラーゲンにダメージを起こし、

眼の水晶体では白内障を促進し、

血管の老化も引き起こすのですが、

 

これが卵巣に蓄積されたら

卵巣機能が低下したり、

卵子の質も悪くさせるということも

ヨーロッパの生殖医学誌にも発表され、

やっぱり、

「甘いものの食べ過ぎは卵子の質にも悪影響」

ということが

最近では学術的にもつまびらかになってきています。

 

そこで、本題の「果糖ブドウ糖液糖」ですが、

これは「果糖」であるわけなので、

血糖値を上げる、という意味合いでは

ブドウ糖よりも血糖値はあげません。

なんとなくヘルシーなイメージでいたら実は大間違い・・

 

実は、、

ブドウ糖よりも果糖のほうが

はるかに、強力な糖化作用を持つのです。

 

これ、以外に知られていない情報ですが本当です。

 

じゃあ、果物は少しも食べちゃいけないの?

 

不安になるかたも多いかもしれませんが、

果物のなかには、ビタミンやミネラル、

抗酸化物質を含むものもあるため、

果物を摂ることの意義はちゃんとあります。

(ただし、嗜好品として)

 

東洋医学の教えに

一物全体(いちもつぜんたい)という言葉が

ありますが、本当にそのとおり。

 

「果糖ブドウ糖液糖」。

市販のジュースには、まぁよ〜く入っています(調味料にも!)

表示をチェックして、お買い物してくださいね。

意外にからだによさげ〜〜な飲み物にもはいっています。

IMG_3708

 

⭐︎

 

先週の終末は

石田屋さんのガマダンで

フランス文化を愛する人たちが集う

アペリティフパーティ(飲めない、飲まないのにね。。)

があって、参加してきました。

 

素敵なひとたち、素敵な時間。

でも、私はやっぱりパーチーはちょっと苦手。

笑っていてもどこか少し背伸びし無理をしている。

そんな自分を内観しつつ。

 

フランスのアペロの文化とは、

仕事の帰り、気のおけないひとと、

夕方のアペリティフを飲み、語らう時間。

 

日本で果たして可能だろうか?

それも今回のテーマだった。

IMG_3686

佳き女性たちとの語らいの時間。

こじゃれたビバレッジ。

しかし、私のお腹ときたら、

食べても食べても小腹しか満たされなかったなぁ(笑)

 

 

関連記事

妊娠後期の葉酸サプリのリスクは?
残留農薬と生殖について
ちまたで噂のあのニュースについて
体からのサインを見逃さない
子宮筋腫は「場所」と「大きさ」知っておいて
子宮内の細菌叢バランスと着床
排卵するまでにタマゴが影響をうける因子
妊娠前に知っておいてほしい病気①
足の冷え対策はこれを使う
お魚とメチル水銀について

意味づけなど必要ない

2017年07月15日

 

 

あっつい〜毎日ですね

 

yahoo!ニュースで昨日見たのは

「日焼け止めを週3回塗る女性に慢性的なビタミンD 不足」

のニュース。

みなさん、ビタミン Dは、日光を浴びると

体内で合成され、卵巣を活性化してくれるビタミンです。

何年も前から私のブログでも伝えていますが

過剰に日焼け止めを使うのを控えましょうね。

 

⭐︎

 

さて、

先週は1週間おやすみをいただき

ありがとうございます。

 

夫婦ともに元気に半世紀を生きた記念すべき旅行でした。

が!

旅先でトンデモないハプニングが起こり

空港で1日足止めをくらったり

ロストバゲージになったり

宿泊先に当日中に行けないという不可抗力な出来事があったり

てんやわんやの旅となりました

 

それを友人らに話すと、

私の友人はみんな、君たちナニモノ??

と思ってしまうほど

「えぇ〜!それは大変だったね」

のあと、必ず

「でも、それはね、必要な出来事だったのよ」

とか、

「そのトラブルに出会うべくして出会ったのよ。

 そこからも気づきがあったでしょ」

 

とスマートに返してくれる

 

確かに気づきがあったけど、、

ありがたい言葉だけど、

それは、自分で認めたくない

「弱さ」「忍耐力のなさ」などであったりして、

ちっともポジティブなものに替えられそうもない。。

 

そんな折、知人薬剤師のブログを見て、

はぁ〜ん、そうだな、、と思ったのですが、

 

いま、なかなか妊娠しない、できない

 

という目の前の事象に関して、

 

無理やり、これは私にとって必要なプロセスなんだ、

とか

必要な経験なんだ、

無理やり思うようにしていませんか?

 

純粋なかたほど、

自分に厳しい方ほど

こんなふうに、自分を激励し

その思いに裏切られて

悲しい思いをしていると思うことがある。

 

むしろ、

このような想いは、

 

妊娠して、元気な赤ちゃんを産んだのち、

「あの日、あのとき」の自分を振り返り

「意味があったんだ」と思うのが

折り合いが良いというか、

本当の意味で(必要な時間だったのだ、)と

「腑に落ちる」ものなんだと思う

 

何が言いたいかというと、

 

いま、辛いことや苦しいことに

無理やり意味づけなんかしなくていいから

苦しいときは苦しいと

泣きたいときは思い切り泣いて、

安全に素のじぶんを出せるところ、

あってほしいなぁと思う。

 

そして「今ここ」を大切に。

辛い時間ばかりでなく

 

日曜に大好きなことをする

好きなお菓子を食べる

高級なお茶を開けて飲む

ハッピーエンドの映画を観る

あるいは悲しい映画を見て思い切り泣く

プチ旅行

 

などなど、ひとつでも多くの

ストレスコーピングを持ち、

 

自分を大事にすることも忘れずにしてほしいな。

 

そんなことを思ったのでした。

女の子

 

 

関連記事

妊娠というのは免疫そのもの
自分自身でいること
妊活セミナー参加御礼
お盆によせて〜ご縁というもの〜
骨密度、足りてますか?
無痛分娩について
妊娠前に知っておいてほしい病気①
大事な時間の共有これからも
どんな気持ちで12月を迎えていても
気持ちに行き詰まったら読む本
ページトップ