タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

中年の星でいいじゃない

2016年10月23日

10月22日、土曜日は

女性40人と市内カフェで座談会。

題して

ゆらぎ世代のポジティブエイジング

そう、ホルモンも低下し始め、

心もカラダもゆらぎ始める、、そんな世代に向けての座談会です。

女医、アロマ講師、漢方薬剤師(私)がそれぞれの立場から

エイジングに関わる

「ストレス」と「エイジング」

について考えるという趣旨でした。

FullSizeRender

IMG_1926

いっとき、美魔女ブームなんて時代もありましたが、

雑誌の対談で、

50歳になるキョンキョンが

 

「アンチエイジングっていう言葉は嫌い」

 

「中年の星でいいじゃない」

 

と発した言葉に同世代から共感の声が相次いだ、

というニュースに、

とても共感し、スカっとした私

キョンキョンが中年の星なら、、

私は「中年の星くず」くらいになれるかな(笑)

 

資生堂が新しいブランドの立ち上げのために行ったエイジングに関するアンケートによると

歳より若く見せたい

年齢をカバーしたい

という声をおさえ

半数以上の女性が

 

私らしく輝きたい

スクリーンショット 2016-10-23 8.49.48

そう答えたそうです。

 

壇上から見る女性たちは、

ゆらぎ世代とは思えないほど

私にはキラキラと輝いてみえました。

 

でも、会場からフィードバックされた質問用紙には

ホルモンを服用することの不安、

月経が変化してゆくことの不安、

心とカラダに関わる深刻な悩みもあり、

 

おひとりおひとりは、きっと、

1日1日を、

気持ちを奮い立たせながら頑張っているんだ。

そう深く感じ、

その姿はまさにいま

更年期と向き合っている私自身の姿と重なりました。

 

エイジングも人ぞれぞれです。

 

自分らしく輝く

 

そうあってほしい。

それはいま妊活中のかたも同じです。

エイジングを気にして

妊活をためらう必要なんてない!

肩身の狭い思いなんかしないで。

中年妊婦を応援します!!

 

お顔出しオッケーな

素敵大人女性たちと

最後に記念撮影。

14801153_1181673825259029_1675527983_n

充実した時間を過ごすことができました。

本当にありがとうございます。

 

なお、、

22日、土曜日に、お電話や、

お買い物に来てくださったかた、

島田不在で申し訳ありませんでした。

月曜にご連絡いたしますね〜〜。

関連記事

着床判定時のhCG
女性ホルモン不足が気になるかたの香り
残留農薬にホタテのホタパくん
瘀血(おけつ)をとることは大事
とっておきの場所でセミナーをします
お客様のブログを発見して☆
小さな妊活の授業
5月24日東京で妊活イベント

オートファジーと妊活の重要な繋がり

2016年10月16日

ここ数日、天高く秋晴れのお天気が続きますね。

 

とはいえ、

うちの漢方相談の現場では

ちょっとした大荒れ〜。

めまい、体調不良、アレルギー、だるさ

そして排卵障害の多くなっています!

 

 

すでに冷えが強く手先、足先が冷たい

やる気が出ずにボ〜っとしてしまう

疲れやすいと感じる

タメ息をよくつく

もたれ、下痢、軟便

低温期が低い

 

こんなかたは気虚のサインです。

 

ここで大事なこと。

 

気虚は、文字通り

全身をめぐる「氣」が足りないのですが、

もともと胃腸が弱いかたが

元気をつけようとモリモリ食べると

消化吸収にエネルギーが取られ、

卵胞を育てたり、

子宮に血液を送ったり、という

エネルギーが妨げられてしまいます。

寝不足も良くないです。

 

 

最近、大隈教授のノーベル賞関連で

「オートファジー」

という言葉を

よく耳にしましたね。

 

これは自分の細胞の自食作用

ことなんですが、

じつは、この言葉には!

妊娠を望むかたにとっても、

大いなる示唆を与えてくれています。

 

簡単にいいますね!

 

人は飢餓状態に置かれると

自分の細胞が不要なタンパク質を分解して

新らしい細胞に

生まれ変わろうとしてくれるんです

 

そして、

細胞が老廃物を排泄、解毒する方向に向かうんです。

 

飢餓(断食など)ということで、

エネルギー源であるブドウ糖が入ってこないので、

自分の脂肪細胞から遊離脂肪酸を作り出して

エネルギーに変換します。

(これもすごい仕組みですよね)

 

もちろんこれがダイエットにもなるのですが、

それだけではありません。

 

このとき、脂肪細胞のなかに溜まっていた

有害物質も溶けて、血液中に放出され

代謝されやすくなったりします。

 

さて、、そんなわけで

週末プチ断食を推奨しているわたしですが、

このときに一緒に摂っていると

最高にデトックスがすすむサプリメントを

最近取り扱いはじめました。

 

妊娠をのぞむうえで

できるだけ体内に蓄積されてほしくない

水銀やダイオキシンなども

排泄してくれるという葉緑素の商品です。

IMG_7054-1024x768

また必要なかたにご案内させていただきますね!

 

 

今日は主人のバースデー祝い。

(50歳になったんです。。。)

 

大事な節目の年齢なので、

普段は行かないようなところの

懐石ランチを予約して行ってきました。

 

そこで、受けたおもてなしに感動。

 

かわいい鶴の香合でしょうか?

器がほっかほかなんです

なに?と思って見ていると

IMG_1894

 

「お誕生日おめでとうございます。

 どうぞ、温かいうちにお召し上がりください」

 

と言われたので、

ふたをあけてみると、

 

なんと、プチ!お赤飯が〜〜☆

IMG_1893

ひとくちで食べられましたが(笑)

主人の健康を祈り 噛み締めて食べました。

 

その後は緑の苔むす日本庭園眺めながら

テラスでお抹茶とできたての水ようかんをいただき

至福のひとときでした

IMG_1895

来週末こそはプチ断食します!

関連記事

日日是好日の本当の意味
残留農薬にホタテのホタパくん
妊娠後期の葉酸サプリのリスクは?
オリーブオイルの目利きは大事
残留農薬と生殖について
瘀血(おけつ)をとることは大事
体からのサインを見逃さない
生殖系やホルモン、漢方では腎です
養殖より国産、天然
排卵するまでにタマゴが影響をうける因子

40歳、体外受精後の自然妊娠

今日は妊娠19週にはいったMさんが

顔を出してくださった。

彼女は40歳、

体外受精をここ数年頑張ってきたのち、

自然妊娠されました!

 

実は先月も40歳のJさんが自然妊娠された

という嬉しい報告があったのです。

 

彼女は体外受精での移植回数は過去に8回くらい。

卵子の酸化や糖化を防ぐような

漢方やサプリメントを継続してくださっていました。

そして、

こんな嬉しいこともたまにあるから、

体外受精をしていても、

治療をしていない周期、

おやすみの周期は

2人で仲良くすることは大事なことなのですよ〜。

 

上記、自然妊娠されたJさんの

胎児のエコー写真。

ほかのクリニックで見せてもらう写真と

この写真、どこが違うかわかりますか?

IMG_0212

 

そう、、

ここのクリニック(県外)は、

赤ちゃんの心拍の強さ(bpm)まで

表示して渡してくれてるみたいです。

 

「心拍の強さもいいですよ」

 

そう言われたら嬉しいけど、

 

「ちょっと弱いですね」

 

などと、

言われたら、

ものすごい不安になりますねーー

 

皆さんは、情報開示について

どこまで知りたい、あるいは

知りたくないと思っているのかなぁ。

 

 

さて、前回ブログで、

突然、さし歯が抜けたことを書きましたが、

実は銀座三越で列に並んで買った

ラデュレのマカロンを

自宅で食べている最中でした

 

ほら、マカロンって粘着しているでしょ。

(ぬっっちゃ〜)って、クリームが!

 

マカロン

この真ん中の「甘草エキス」入りの

黒いマカロンが大好きなんです。

「レグリス」という名称でした。

あぁ、パリ本店に行って食べたい!

 

そして、お知らせ。

 

秋から、私の主催するセミナーでは

すっかり定番の

「漢方茶ブレンドセミナー」が始まります。

 

11月中旬〜12月に開催予定。

あの、石田屋さんはガマダンで開催☆

ガマダンはと〜ってもハイセンスな場所なので

気分があがる一方、

実は緊張しています

 

今回もたぶん、

先着8名様までなので、お知らせに

詳細分かり次第アップしますね。

 

ガマダンランチ、

季節を72に区切り、季節感を演出した

「七十二候 めぐり飯」が楽しいです。

私が行ったのは先月の「白露」の時期。

 

つばめが暖かい国に帰る時候を表したランチだったので、

やたらとお料理にツバメが!

 

さつまいものスープのなかにツバメ。

IMG_1739

 

「フォンダンショコラ島」に

たどり着いたツバメさん。

IMG_1746

秋は美味しいものの誘惑がいっぱいあって

危険ですね。

ほどほどにします!

 

関連記事

生殖系やホルモン、漢方では腎です
体内で最も血流が遅い場所は?
お腹に水がたまる!?
46歳ご妊娠!運動の大切さあらためて
生殖医療も分岐点に来ている予感
43歳,私に奇跡は起きないと思っていた
40代13回目の移植でご妊娠
検査で判明しない不妊の要素
沖縄旅で出会った名所
腹腔鏡手術 Cさんのお見舞い

失ってわかる大事さ

2016年10月04日

今日は緊急で歯医者に行ってきました

前々日に、歯(差し歯っていうの?)が

抜けてしまったからなのですが、

こいつが抜けてしまってから、

 

噛み締められない!

空気が抜ける!

しゃべるのに疲れる〜〜!

おまけに肩が凝る!

 

といった

不具合に見舞われ、

歯が1本ないだけのことで、

全身に影響するということを

ひしひしと感じたわたし。

 

幸い、歯の根っこも元気で、虫歯もない

とのことで、

補腎薬

(ホルモン系も、歯、骨、髪も元気にするマイ漢方)を

10年以上飲んでいる結果かなぁと思ったりする。

みなさん、歯は大事ですね。

 

その後、毎日購読している

闘病中の小林真央さんのブログを

読みに行くと、

いつもは可愛いニット帽子から

今日は素敵なウィッグをかぶっていて、

あら、かわいい〜とふと思う。

 

彼女もきれいなロングヘアだった。

髪が抜けおちて、

無くなってからその愛おしさに気がつく。

健康体を失ってなお、

生きるチカラや希望を振り絞っている

彼女を見ていると、

いろんなことを思う。

 

また、

生理が来るのをジャマくさい

そういう女性って意外に多いですね。

ましてや、

妊娠を望んでいるかたにとっての

生理が来る、という意味合いは辛いもの。

 

でも、生理があるおかげで、

コレステロール値が正常に保たれたり、

骨密度が正常に保たれる。

 

生理が定期的にあるというのは、

卵巣で卵子が育っているよ

排卵したよ。

ホルモン作ってるよ。

という合図でもある。

 

更年期になって、これがないことの

喪失感から

女性性が失われたような気持になって、

ウツっぽくなったひとも何人も見てきました。

 

私も更年期に直面し、

ひたすら、変わってゆく身体に

むきあっているひとりです。

その経過さえ、楽しもう、楽しもう、と

でも、全然楽しめなくって、腹が立ち(笑)

でも、受け止めてます。

 

その心の持ちかたを、10月22日の

ゆらぎ世代のポジティブエイジング

お話しよう、なんて考えております。

 

 

今日は嬉しいことに、

6月に出産されたTさんの愛称ツネちゃんが

ママと来てくれました。

彼女はご結婚後10年後に

治療されて授かったのです。

 

頭痛、内膜症、軽減のために

産月まで漢方を続けてくれたね。

 

もう来年4月にはお仕事復帰だそうで、

おー、、ママの多忙さが心配だ。。

 

やっと一緒に記念撮影できました 

フフフ(笑)スタイのはじを噛んでる〜〜

それは玉のように可愛い子でした。

IMG_0215

 

 

 

 

 

関連記事

骨密度、足りてますか?
麻央さん 乳がん回復を祈って
ママに会いに来たBabyたち
今年最後の結果待ち多し
SMI値が低すぎる・・・
不育症・自分よりももっと大変なかたもいた
書籍『卵子 探しています』を読んで
43歳でご妊娠のち安産、ありがとう☆
受精確認の電話のとき
筋腫手術、頸癌手術 乗り越え天使に会えたね!

自己注射やればできるもの?!

2016年10月01日
テーマ:未分類

 

今日は、いつもカウンセリング中に

共通の話題でついおしゃべりに夢中になってしまう

Oさんとお話ししていて、

 

 

ほぉ〜〜〜

すごい!!

と思ったこと。

 

いま、県外の病院で治療中の彼女は、

排卵誘発(hMG)の

自己注射を自分で打てるよう習得し、

5日間打ち続けたということで、

もともと、注射の針さえ見るのが怖かったとのことで、

思わず、

「自己注射、大変だったでしょう?

 怖かったでしょう?」

と思わずわたし聞いてしまったのですが、

 

という私の問に対して、

「それがそうでもないです、割と平気です」

的な余裕の回答にびっくり!

 

実は、hMG だけでなく、

複数回の流産経験や、

不育の検査で疑わしき数値が

出たかたは、

ヘパリンの自己注射も打っているかたもおられ、

お腹をめくって、

青あざでいっぱいになったお腹を

笑顔で見せてくれたりした日には、

ホロっと涙がでそうになったり。

本当に女性の強さをかいまみたりする。

 

そういえば、

春に妊娠されたSさんも、

ヘパリンの自己注射を打って、もう安定期。

彼女も、

意外に慣れればなんでもないです!

と言ってたけど。

 

やればできるよ〜と言う意見が意外に多いんですね。

でも痛そう。。

12_04_01

 

(画像他サイトからお借りました)

 

さて、hMG注射について、いまいちどおさらい。

 

ネットで調べればわかるありきたりな説明をはしょって、

端的にわかりやすく書きますね。

 

1)卵胞の数を増やそうとはしてくれますが、

AMHが低いなど胞状卵胞がもともと少ないかたが

何本も打っても、採れる数には比例するわけでないということ。

 

2)副作用はやはり「採卵後」に卵巣が腫れやすくなるということ。

単位数や本数が多ければそのリスクも高まります。

そして、卵巣も腫れやすいひとと、

腫れにくいひとがいます。

 

3)hMGフジとか、hMGフェリング、などの名称の違いは

製造メーカーによって、

FSHと LHの含有比率が違うということ。

 

そんなところです。

 

さて、、明日は久々の東京出張。

早く寝なくては!

皆様よい週末を。

 

 

関連記事

ちまたで噂のあのニュースについて
卵巣を元気に!日光浴のススメ
精液中の白血球↑にはあの素材
あのお菓子とトリプル座談会
マズローの5つの欲求
なにを始め、なにを脱しますか?
不妊治療と仕事の両立困難!9割
講演から学ぶ①天の川レディースクリニック
5回の流産を乗りこえてご出産
今を生きろ、という言葉
ページトップ