タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

サンタクルス、吉田Dr.の講義で学んだこと

2016年03月15日
テーマ:生殖医療 , 研修会

石川県は金沢市で 妊活カウンセリング、漢方カウンセリング を通して

あなたの「心とからだ」を整えるお手伝いがしたい

漢方薬剤師、心理士、認定不妊カウンセラーの和みです

 

 

 

 

先々週は、妊活カウンセリングで東京、

先週は、福井での漢方セミナーで行い、

今週は、新大阪での子宝カウンセラーの会に出席

 と、、

まるで走っているかのようなここ数週間

(その合間に弾丸沖縄も。。)

 

気のバリアをしっかり張って、

食べ過ぎないよう

寝不足しないようやっています

 

さて、

3月13日の大阪は

「子宝カウンセラーの会」で学んできたことを

お伝えしますね

 

今回の講師は、

大阪は夙川(しゅくがわ)と宝塚に

2つの婦人科、産科を開業されている

サンタクルスの吉田昌弘先生でした。

 

このクリニック、、、

もう、なにこれ?!ホテルっていうほど、、

ゴージャスクラシック!!(←そんな造語を作ってみた)

shuku_img03

それもそのはず、

コンセプトはマタニティリゾートだそうです。

 

ゴージャス 

bd374d36573c1664a7183e10cfc436c5

 

堅実な(?)石川県人が見たら、

そこにそんなにお金かけなくとも、って

内心、感じるかもしれません

 

 

でも、理事長の吉田先生の講演を聴き始めたら

そんな不安(?)も一蹴され、

表向きな面だけでなく、

とてもしっかりとした「医療」に取り組んでいるのが伝わりました。

 

まずは、昨今注目をされている

「着床前診断」についての

サンタクルスさんでのスクリーニング検査方法について。

 

サンタクルスでは「オスカー法」といい、

胎児の首のむくみ( NT)と

母体の血清マーカーを組み合わせて精度を高め、

陰性陽性の線引きであるカットオフ値を定めているとのこと。

 

OSCAR法

FullSizeRender 

 

その流れで、

 

よく行われているクアトロテストは、あまりおすすめしません。

 あれ、高齢のかたが行うと陽性率が高くなるんですよね。

 

とおっしゃったこと、私も心のなかで大きく共鳴

 

いままで数名のかたが基準値よりはるかに高い陽性率となり

ヒヤヒヤ、ドキドキし、羊水検査まで及んだけど

赤ちゃん染色体には異常がなかった!

というケースがあった(よかった!)

でも、あれはほんと、心臓に悪い。

 

また、NIPT(新型出生前診断)についても勉強。

その判定の原理を知る。

IMG_0506

 

 

次のトピックは、ちょっと話が重くなりますが、

産婦人科が抱えるリスクについて。

 

これは、同じく妊婦が抱えるリスクとも言えます。

 

実際にあった症例を紹介しながら、

妊婦がどんなに経過が良好であっても

予期できないリスクが起こり得る

ということをあらためて実感。

 

私がスライドを見ていて、

脳裏に思い出されていたのは

人気ドラマ「コウノドリ」の一場面。

医療者と妊婦、その家族の心の葛藤でした。

 

母子間輸血症候群)

FullSizeRender

 

胎盤早期剥離)

FullSizeRender

 

癒着胎盤)

高齢妊婦に多くなるという癒着胎盤。

胎盤の絨毛組織が子宮壁面(脱落膜)にベッタリくっつき、

侵食されることによって起こる。

分娩直後、胎盤が剥がれずに分娩後出血過多となったりする。

FullSizeRender

 

妊娠前から、子宮を

元気に、プリプリに!

整えることの必要をやっぱり感じた。

(でも、やっぱり早く宿し、早く産むことがベストなのはいうまでもありません)

 

吉田先生いわく、

 産科医は

なにか大きな問題があったとき、

幸せな妊娠生活から一変して

「天国から地獄」を味わう性質がある。

 

訴訟を起こされるのが1番多い科でもある。

 

とした上で

 

それでも、生まれ変わったらまた産科の医者になりたい

 

とおっしゃったのがとても印象的だったな。

 

産婦人科医の深刻な不足も講演の話のなかにありました。

 

それでも、ほら、日本は世界に比べて(米国に比べても)

妊産婦死亡率が低いのね。

クリックで拡大↓↓

FullSizeRender

 

辛いこともいっぱいおありなんでしょうが、

良いご縁に恵まれ、

これからもたくさんの赤ちゃんを産むサポートに

ご尽力されて欲しいなぁと思いました。

 

 

 

 

関連記事

着床の窓は前にずれている?(ERA検査)
43歳の壁を越えて
ニッポン男性力クライシス
自分の魂を愉しませること
不育症とストレスの関係は?
内膜症の増加、おこっている異変
命を植えること
着床判定時のhCG
妊娠というのは免疫そのもの
残留農薬と生殖について

沖縄旅で出会った名所

石川県は金沢市で 妊活カウンセリング、漢方カウンセリング を通して

あなたの「心とからだ」を整えるお手伝いがしたい

漢方薬剤師、心理士、認定不妊カウンセラーの和みです

 

先週の土曜日の午後から、

本日月曜の午前まで!

沖縄へ弾丸旅行に行ってきました。

 

沖縄の大自然とやちむん(沖縄の方言で焼き物)

大好きで、窯元めぐりも兼ねて。

 

これで何回目の沖縄かなぁというカンジですが、

毎回違う発見や名所があるのです。

 

 

沖縄から少し話がずれますが、

最近購読するようになった数秘術の先生のブログよると、

 

2月は「11:動揺」の月だったそうなんです。

先生いわく、

「みなさん、いっぱい動揺を味合われましたよね?」

(でも、それはしっかり波に乗っているサインだそう)

 

いっぱいの不安や動揺、

迷いが私にもあって、2月に沖縄行きを決定。

 

そして3月は「3:創造の月」

新しいものを生み出すためには、破壊。

いちど一旦すべてを手放してみる

 

だそうで、、

 

わたし自身も

 

なにを創造するため、

なにを手放すのだろう

 

そんな心のモヤモヤをいったんリセットするべく那覇へ。

 

こんなカンジでリフレッシュしたかった(笑)

FullSizeRender

(浅見帆帆子さんの 本のさし絵より)

 

 

今回まずレンタカーで向かったのは、

うるま市は、浜比嘉島。

島全体がパワースポットのようだから

私が好きかと思い、

主人が考えていてくれたらしい。

 

 

ここは琉球王国開祖の神様、

アマミキヨ(アマミチュ=女性の神様)と

シネリキヨ(シルミチュ=男性の神様)

が祀られている場所。

 

その洞窟の名前を「シルミチュー」と言い、

いざ、道を進んでゆくと、

確かに空気感の違い、厳かさ感が伝わる場所でした。

 

手や指のカタチに見える木の根。

 IMG_0399

 

 

 

拝所がある洞窟に向かう階段の前の鳥居。

IMG_0411

 

 

 やっぱりね!

 

 琉球を代表する男神と女神さまが住んだ洞窟なら、、

なるほど、子宝祈願の名所となるわけなのですね。

 

でも、洞窟内は立ち入れないようになっていて、

子宝の授かるという鍾乳石には触れられないようになっていました。

ちょっと残念。

 

でも、洞窟前でお客様の子宝祈願をしてきました。

IMG_0408

 

 

この敷地内の管理人さん(おられるんです)

に案内してもらうと、

そこにはこんな風景が!

IMG_0424

これを見て、わかるひとにはわかると思いますが、

沖縄のユネスコ世界遺産であり、

琉球王国最大の聖域

「せいふぁーうたき(斎場御獄)」の

三庫理(さんぐーい)に

とっても岩の成り立ちがとっても似ていて驚きました。 

 IMG_0415

しばし、聞こえてくる鳥のさえずりや

木々を抜ける風の音に耳を傾けます。

 

本当に気持ちがいい。

 

 

午後からは、駆け足で

ガンガラーの谷へ

 

この名所はまた次回にご紹介することにして、、

  

 

沖縄で、ことに那覇で、好きなホテルは

日航アリビラ

建物の造りが、クラシックで。

 

 

幾何学模様の床、ワイヤーアート、

回廊におかれている美術品のアールデコ、

シャンデリアのクラシックなデザイン

 

大好きです。

IMG_0363

 

IMG_0360 2

 

 

朝食ビュッフェは、沖縄らしく

パンに紫芋やパイナップルのバターが添えてあったり、

ゴーヤ、島豆腐、ラフテーなどの地元名物も。

IMG_0368

 

 

そして、悩みに悩んで、

今回選んだ「やちむん」(陶器)はコレ↓↓

フリーカップと小皿(山口和昇作)

IMG_0460 

鳩のマーク、貼り付け、という技巧を使っているそうです。

 

 

 

 

次の名所、ガンガラーの谷とB級グルメ編はまた次回に!

 

 

 

 

関連記事

不調さえ自分の大事な一部
何かを始めるのに縁起が良い吉日とは?
オリーブオイルの目利きは大事
祈ることの効用
今年見て最高に感動した実話映画
卵管造影検査で気をつけること
40歳、体外受精後の自然妊娠
生殖医療も分岐点に来ている予感
生理前のイライラどう付き合う?
カウンセリングスペースにひと工夫
ページトップ