タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

不育、抗プロトロンビン抗体陽性

2014年12月28日
テーマ:生殖医療

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

いよいよ年末ムードとなり、

ばたばたしております。

 

12月は例年のごとくそうなのですが、

妊娠報告がうちのお店では、とても多くなります

 

これはなぜなのでしょう?

 

それは、

「今年いっぱいまでに妊娠したい!いや、絶対にするぞ!!」

という 自分のなかに期限をもうけた、

イメージ、意思、想い、が叶うんだと、

私は勝手に想っています。

 

先週も2件、かけこみ妊娠報告がありました。

 

今年いっぱいまでに絶対に妊娠したかった!

いや、しなければならなかった!A子さん、

なぜなら、12月は転勤で金沢にいなくなるから〜(=治療できなくなる)

 

うちに来られて9ヶ月目、

たいのう、心拍、確認できました。

 

エンジェルリングがきれいに見えます☆

ほんとうに天使みたいですね。

Photo

 

 

また先週は、、ほんとうにいろいろなご相談がありました。

 

 

妊娠初期以降のご流産の経験がある方。

 

名古屋ではとっても有名な

不育症専門病院で、自費の分も含めて

数多くの血液検査項目について調べられました。

 

すると、

血液凝固に関する 抗プロトロンビン抗体の数値が基準値の2倍

(→バイアスピリンやヘパリン注射で対応する

また、

※ M-CSF(マクロファージコロニー刺激因子)の数値が低い、

(→ピシバニールという注射で対応する

 

との指摘と、治療を受けることをすすめられ、

 

さらに、ストレス軽減のために、

メイラックスという心身安定剤の服用もすすめられた、とのことで

 

ほんとうにこれらの治療が必要なのかしら

と、とても戸惑ってる、

 

というご相談がありました。

 

不育症は、、

妊娠はするけれど、流産・死産・新生児死亡を繰り返してしまう

とても苦しいもの。

 

しかし、不育症は決して絶望的ではなく

統計的には、80%以上の患者さんが出産にいたっています。

 

また、普通に自然妊娠や出産をしている方でも、

詳しく不育の血液検査を受けると、

どれかにひっかかる人もいる、

と言われる、やや曖昧性のある病体です。

 

私は、

他専門医のいる病院での

セカンドオピニオンを求める事と、

 

和漢医薬学会での発表や臨床データーがある

血液凝固因子を軽減する漢方をおすすめしました。

 

そしてなによりも、

 

血液検査でクロ(陽性)と出た、ということは、

とてもドキっとすることでしたが、

何よりも、

それに対する対処がある、ということなので、

良かった、

という方向にとらえよう!

 

と伝えた気持ちが、

お客様も同じだったみたいで、

ちょっとほっとしました。

 

希望を来年へ、来年につなげて、、、

皆さんも !!

 

明日も、島田薬局はやっております。

お待ちしておりますよ〜。

 

 

※ M-CSF(マクロファージコロニー刺激因子)は、

 妊娠を維持させるための生殖反応に重要な働きを担っているサイトカインの一種。

 1997年、米国生殖免疫学会雑誌に報告されているとか。

関連記事

着床の窓は前にずれている?(ERA検査)
43歳の壁を越えて
ニッポン男性力クライシス
自分の魂を愉しませること
不育症とストレスの関係は?
内膜症の増加、おこっている異変
命を植えること
着床判定時のhCG
妊娠というのは免疫そのもの
妊活セミナーを開催します!

北陸中日新聞取材② 〜忍活にしない〜

2014年12月22日

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

前回の①に引き続き、北陸中日新聞ポプレスの取材に

協力してくださった2人のお客様の記事について

感じたことを書きます。

 

今回は、治療と仕事の両立で悩むひとが増えるなか、

 

支援のあり方を考える

 

ということに視点が向けられました。

 

特に、支援という意味では、

どんなことよりも、

財政面での「支援」や

不妊治療の名目での長期休暇などは

治療をしている当事者にとって

1番ありがたいのでは!

 

パナソニックや、キャノン(100万を上限に治療費の半額を補助)

などの大手企業の福利厚生の例を挙げていました。

 

うちのお客様(仮名:みちるさん)の言葉

 

治療費は2年間で300万円

毎月湯水のようにお金がかかり、夫婦げんかの種にもなった。

家だけで過ごすと治療を考え気がめいることがあり、

仕事ができる環境はありがたかった。

 

こう振り返っておられます。

 

仕事に関しては、

両立したい派の意見としては

経済的なもの

みちるさんのように、

治療ばかりの生活にしたくないという気持ち

 

がある一方、

 

同僚に急な休みを伝えにくい、

不妊治療と周囲に言いたくない、

 

というデメリットがある、という声も多数。

 

 

今回の記事のテーマは

 

忍活にしない支援を

 

という見出しでしたが、

妊娠のために治療をしています

というとてもポジティブで大事な活動を

「忍んで」しなければならない状況があるとすれば

ほんとうにそれは残念なことだと思うのです。

 

忍活という言葉、インパクト大でした。

 

取り上げてくれてありがとうございました。

 

 

 

最後に、紙面にとっ〜〜ても大きく掲載された

みちるさんの感動ショット。

産まれて数ヶ月のいま現在。

 

苦難を乗りこえ、誕生した命。

輝いています。

 

生まれて来てくれてありがとう

中日新聞ホプレス薫さん

関連記事

和漢ティザンヌいよいよ
北陸中日新聞取材① 〜卵巣年齢〜

北陸中日新聞取材① 〜卵巣年齢〜

2014年12月19日

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

 

本日は午後16時から、

神戸大学へ、カウンセリングの勉強のために

お店を不在にします。

(2泊3日の日程です)

師走の多忙な時期に、店を不在にし申し訳ございません。

しっかり学んできます。

 

 

 

12月6日、北陸中日新聞のポプレス。

前編のタイトルは「卵巣年齢知ってる?」

写真

 

この紙面は

取材協力してくださったうちのお客様

仮名:早苗さんが

「卵巣年齢は40歳を超えています」

とお医者さんに伝えられた、体験文から始まります。

 

取材を受けているとき、

いっしょに隣にいて、話を聞いていたのに、

紙面になって読むと、

ジワジワっと、早苗さんの気持ちが

再現され、こみあげてくるものが

 

 

今年の夏ごろ、

北陸中日新聞社の男性記者さんから電話があって、

ポプレスという紙面で、

妊活を取り上げるとのこと。

教えてほしいことがあって、、

とおっしゃるので、

 

講演のときなどに使うスライドで

いま、不妊で悩むご夫婦に、

どんなことが起きていて、

どんなことで皆さん悩んでいるか、

どんな要素が不妊になり原因と想定され、

どんな治療法があって、、、などなど、

概要を駆け足で説明させていただきました。

 

と同時に、

当事者のお客様で取材に協力していただける方が
いたらお願いします、

とのことで。

ブログで呼びかけると、、

なんと!

ありがたいことに

私で良かったら、、

うちのお客様の

Sさん(紙面前編では仮名:早苗さん)
Kさん(紙面後編では仮名:みちるさん)

が手を挙げてくださり、

中日新聞社の社屋で、
インタヴューに応じてもらったりしたのでした。

 

今回、仮名:早苗さんの体験文から、

卵巣年齢についての知識について掘り下げている記事になっている。

 

 

この紙面のタイトル

「卵巣年齢知ってる?」

という問いに対し、多くの新聞の読者の反応は

 

何それ?

または

知らない。

 

が圧倒的に多いと想像されますよね。

 

だって、このAMH(卵巣年齢)は、

体外受精を行なうにあたって、

初めて知る、という人がほとんどだと思うので。

(石川県では特にそう。)

 

知りたい?知りたくない?

 

まだ未婚の女性はどう思うのだろう。

 

 

また、不妊治療をし始めて、

少ない、低い、と判明したかたも、

薬などで増やすことは出来ない。

 

ここが切ないところ。

 

でも、くれぐれも、

 

AMH低い=妊娠しにくい

 

という誤解にならないように、もっとフォローしてゆきたいな、

 

とてもよく編集された紙面だけど、

そんなふうに感じました。

 

 

 

関連記事

和漢ティザンヌいよいよ
北陸中日新聞取材② 〜忍活にしない〜

着床前スクリーニングの臨床研究始まる!で思ったこと

2014年12月14日

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

 

12月13日の今日、夕方のニュースに流れたばかりの

ホットな話題です

 

 

この日、日本産婦人科学会の理事会が開かれ、

 

今まで、ご夫婦どちらかにでも遺伝疾患があるケースなど

ごく一部に認められていた「着床前スクリーニング」が、

来年度中にも臨床実験が行われるそうです。

 写真 4

 

 

まずは、

 

流産を2回以上経験した女性

 

体外受精(胚移植)して、3回以上着床しなかった女性

 

 

について、

受精卵すべての染色体を調べ、

異常のないものを子宮に戻し、

妊娠率が向上するか臨床研究を行うことが承認され、

(この検査の過程を「着床前スクリーニング」と言います)

 

 

2015年度ちゅうにも、

臨床実験を実施する予定だそうです。 

写真 3

 

 

染色体異常の有無もわかります。

ないものだけを子宮に移植します。

写真 1

 

 

私の考察)

 

臨床実験を実施、、ということで、

日本のどの施設で、どれくらいの規模で行われるものなのか

早くはっきりわかるといいな、と思う。

 

ダウン症などの染色体異常の有無もわかるということもあるし、

流産を繰り返し起こす女性の精神的、肉体的負担も減る、

ということで

これは正直、今現在、望んでいるひと、今後望む人が、

かなり! 多くなると思う。

染色体検査を行う施設の受け入れ体制も大事になってきますね。

 

受精卵すべての染色体異常を調べることによって、

なかなか妊娠しにくい、という女性の

「染色体異常率」が起きている割合 というものが

かなりはっきり、データーとして、

わかってくるんだろなぁーという予測

 

ニュースで、佐々木アナが最後に総括として

言っていた言葉が私も胸に響き、

この着床前スクリーニングの是か非 は 置いといて、

(ほんとにそうなのよ、要は心と体の負担軽減!)

って強く思いました。

 

(以下、佐々木アナの言葉)

 

↓↓↓

 

 写真 2

 

「(命の選別など否定的な見解もあるが)

 一歩踏み出す背景には、

 高齢女性の妊娠に伴う、染色体異常の増加で流産などの体の負担を軽減すると共に、

 出生前診断などで、生むべきかどうかという苦渋の選択を迫られない、

 など、女性の精神的、肉体的負担を軽減する、

 ということがあるようです。」

 

 

 

 

関連記事

着床の窓は前にずれている?(ERA検査)
43歳の壁を越えて
子宮内の細菌叢と着床率
ニッポン男性力クライシス
自分の魂を愉しませること
石川でもERA(着床能)テストできるように
不育症とストレスの関係は?
内膜症の増加、おこっている異変
命を植えること
着床判定時のhCG

ゆるめる☆妊活ヨガ

2014年12月07日

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

 

今日は2週間ぶりのお休み。

寒いので自宅でゆっくりしていました

 

 

 

11月に行った島田薬局の妊活セミナー。

 

 

お陰さまで好評で、

次回はいつ?

というお声をいただきました。

 

 

 

次回は、夏までには、

 

ヨガをテーマに取り入れてみたいと思っています。

 

ヨガと言っても、がんばらない、無理なポーズもしないヨガ!

 

 

ヨガはなぜ良いのか?

答えはほんとに複数あるけれど、

「意識してリラックスすることが出来る」

ということかなぁと思うんです。

 

 

実はこの「意識して行う」というのはとても大事なこと。

ストレス対処法の行動療法のなかに

ストレスコーピングというものがありますが、

意識して行う、リラックスする対処法をたくさん持っている

ということが大事と言われているんです。

 

 

そして、そのがんばらない、ゆるめるヨガ、のお知らせです。

 

うちのお客様でもあり、

駅西にあるMヨガ講師である

Sayakaさんが、

 

妊活女子のためのヨガを単発で行うそうです!

( 現在妊活中のため通院中のかた、そして、現在治療をお休み中のかたを

 対象にして行うそうです

 

 

私自身も Sayaka先生からリストラティブヨガを

受けたことがありますが、

 

自分がいかにせかせか生きているか、

ということを感じるきっかけになったり、

ヨガを終えた当日はいつもよりもぐっすりと眠れたり、ということがありました。

ほっとする空間です。

 

講師のSayakaさん、、

繊細でチャーミングな女性

 

 

今回の妊活ヨガのテーマ

「〜時には体と心をゆるめよう〜 フットフラワー休足ヨガ

 

というタイトルで

12月27日の16時から、10名限定で行われます。

 

 

生花をフットバスに浮かべ、

見た目も美しく、

足もポカポカにしながら、

骨盤内の血流を改善するポージングを取り入れるそうですよ。

なんだかとっても気になりますね〜。

 

 

妊活ヨガの詳細は→ こちらから

 

うちのお店にもチラシ、置いてありまーす☆

 写真 2

 

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

 

 

関連記事

命を植えること
妊娠後期の葉酸サプリのリスクは?
残留農薬と生殖について
ちまたで噂のあのニュースについて
体からのサインを見逃さない
子宮内の細菌叢バランスと着床
その飲み物ちょっと待った。。
妊娠前に知っておいてほしい病気①
足の冷え対策はこれを使う
お魚とメチル水銀について

英ウィメンズクリニックでの研修

2014年12月02日
テーマ:生殖医療 , 研修会

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

今週の日曜から月曜と、神戸での研修。

 

それもちょっといつもの研修とは違い、、

 

神戸は「英ウィメンズクリニック」内での研修。

 

この病院は、日本の生殖医療を常にリードしている

最新の技術を導入している一流のクリニック。

 

学会発表、研究、そして、治療成績、だけでなく、

漢方やアロマ、カウンセリングなども病院内に受けられる外来があり

 いつか館内を見学させてもらいたいな、 

と思っていました。

 

今回は、特に

胚培養士のリーダーである橋本培養士様に

ご案内してもらえると聞き、、

背筋が伸びるというか、、

少し緊張さえしていて

 

 

場所は神戸の三宮。

入り口はちょっとしたホテルのような感じ。

病院というカンジがしないです。

Photo 2

 

 

お客様のお邪魔をしないよう、

外来の時間が終了してから、

夕方より館内を見学しました。

英

 

 

 いよいよ、培養室に入ります

厳重にマスク、ヘアキャップ、エプロン、手袋、靴カバーをつけ、

エアシャワーも浴びて、入ります。

写真 2

 ↑↑

培養士さんから、説明を受けているところ。

温度管理、危機管理体制、などなど

エンブリオ(胚)たちが、いかに大切に、厳重に培養されているか

実感しながら説明に聞き入ります。

 

 

今回、特に、

 

はーーーぁ すごい!

 

と、暗闇のなかで、

声を出さずにわたし、静かに、感動していた機器があります。。

 

それは、

 

タイムラプス エンブリオ モニタリング

というもの。

 

こんな機器です ↓↓

primo01

 

通常、胚の分割や成長の具合をみるために、

インキュベーター(培養庫)から取り出しては、

その成長を見るのですが、

その取り出すという行為が、温度や湿度などの変化を受け、

 

少しでも胚へのストレスにならないよう、

 

成長の妨げにならぬよう、

 

タイムラプスでは、

庫内に胚を入れたまま、

成長や分割の様子をパソコンのモニターに繋いで

観察できるというものです。

 

まだまだ、どこの施設でも普及というものではないらしい。

 

ただの機械といってしまえば、

それでおしまいですが、、

 

それを考案したひとには

タマゴへのふかーいがあると思いませんか?

 

また、この画像を採卵したご本人のPCなどに配信し、

いつでも自分のタマゴの状態を見られるということも

いつか実現出来るようになるかも(かも)

 

というお話も聞き、さらにびっくり。

 

でも、それを見たいのはやまやまですが、

きっとその受診した画像から目が離せずに、

よけいしんどい思いをするのではないか、

と切なく思ったりしたな

 

 

今回の研修内容は「聞く」というより

「見て感じる」

有意義なことが多かった!

 

その内容をまたお客様にお伝えしてゆきますね。

 

ここ英ウィメンズは、最新の管理体制で

ここまでしっかりとやってくれている、

ということを知る事ができ、

あらためて良かった!

 

高度生殖医療のクリニック、

どこの施設でもそんな一定の基準だといいんだけどな〜。

見学など滅多にできないから、、、

それは分からないけれど。

 

  

ご案内してくださった

培養士の橋本さま、本当にありがとうございました!

 

 

 

関連記事

着床の窓は前にずれている?(ERA検査)
43歳の壁を越えて
ニッポン男性力クライシス
自分の魂を愉しませること
不育症とストレスの関係は?
内膜症の増加、おこっている異変
命を植えること
着床判定時のhCG
妊娠というのは免疫そのもの
残留農薬と生殖について
ページトップ