タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

妊娠に結びつくタマゴの確率

2014年09月25日

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

体外受精は残念ながら

妊娠するのに確実な方法ではありません。

 

しかしながら、

 

いまの生殖医療では、

「治療」「技術」という意味合いでは、

これ以上の治療がないのも事実。

 

それは、

 

わたしたち人間が、機械ではなく、

生身の存在であって、

そこから得られる受精卵というのも、

とてもデリケートで

神秘的な存在であるから、

 

という言い方もできるんじゃないかな、と思うのです。

 

 

妊娠に結びつく周期は「12分の3」!?

Photo 

 9月の子宝カウンセラーの会で聴講した河合蘭さんのスライドより

(データの大元は、日本生殖学会ウェブサイト)

 

年間12回〜13回の排卵があっても

妊娠に結びつくような周期は3割程度のみ

 

このスライドは、

 

妊娠に結びつく排卵周期は意外に少ない、

ということを伝えています。

 

周期数ではなく、

 

今度は、卵子の数で考えると、

 

体外受精をしている場合、

 

1個の卵子が妊娠に至る確率

 

ということでも、現実はなかなか厳しいものがあります。

(特に年齢と着床率は関連しています)

 

だから、多くの方が、

複数回の採卵や移植を行っているということになります。

 

だけど、、、

 

これは裏を返せば、

 

辛抱強く、、採卵と移植を繰り返せば、

 

いつか 

妊娠につながる周期や、タマゴとの巡り会いがやってくる

 

という可能性も示唆していると言えると思います。

 

もちろん、年齢や採卵の状況に寄るけれど。

 

 

 

 

 それを裏付けるような症例になるかもしれませんが、、

 

 

今日ご妊娠の報告があったYさん。

 

このかたは、、なんと治療歴7年。

 

30歳のときから体外受精でも、顕微授精を行い続け、、

今年で 治療年数7年目。

 

そして37歳のいま、

 

今日。

 

タイノウ、心拍も確認され9週目!!

 MさんGSから心拍 のコピー

 

 

 

ご流産は初期のものも含めると4回。

若干、血液凝固系の不育の傾向はありました。

 

それでも諦めずに治療を頑張ってきました。

 

感情を外に表さない、ちょっとシニカルな面も持っていて、

お話していて、苦笑することもたびたび。。

 

漢方を飲んでいても、突然ご来店されなくなるんです。

パタッ、、っと(汗)

 

そして、神出鬼没てきに、数ヶ月後に表れ、

また、流産したわ

と無表情で告げ、私に経過の報告をしてくれない。。

 

それでも、諦めずにやってきてくれるんです。

やはり予約もなく、

神出鬼没に(苦笑)

 

でも、食の改善もなかなかしてくれないし、、

 

 

ってなカンジで。

 

彼女はいつ成功してくれるのだろう、、

 

と思っていたけれど、

 

もし、勝因というものがあるとしたら

 

「 絶対、コレにちがいないね 」

 

とわたしが実は確信している要因があります。

 

 

それはまた次回のブログで伝えさせてください。

 

でも、、

本当に良かった。。。

 

 

関連記事

生殖系やホルモン、漢方では腎です
排卵するまでにタマゴが影響をうける因子
目に見えるもの見えぬもの
体内で最も血流が遅い場所は?
卵子とミトコンドリアの関係、こう考えて
40歳、体外受精後の自然妊娠
46歳ご妊娠!運動の大切さあらためて
43歳,私に奇跡は起きないと思っていた
40代13回目の移植でご妊娠
検査で判明しない不妊の要素

加賀のパワスポで癒される☆

2014年09月21日

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

 

今朝はひどくリアリティのある夢を見て目覚めた。

 

 

大雨が、、それはバケツをひっくり返したように降り続き

そのうち大洪水が 起こり

窓を眺めては やばい! と

避難場所を考えているという夢。。

 

私はたぶん学生で、場所は学校。

隣の担任らしきメガネの先生に、指示をあおいでも、

先生の顔は顔面蒼白で、意志薄弱。。

 

こりゃマズい、自分で避難せんなん。。

 

って思っているところで目覚めた!

 

リアルすぎるでないかっ!

illust_kids_19

 

 

起きるなり、iPadを開いて、

ネットのサイトで夢診断をしてみたりする。

 

夢のお告げ的な解釈によると、、、

 

大きな洪水がおこる夢はそんなに悪いものではないらしく

なんだかほっとした。。

 

でも、大きな変化が起きる前ぶれ、とか

強力な助っ人が現れる とか

書いてあって

 

そーなんかなぁ、、と?? 考えて、

 

ま、とにかく 疲れを癒しに、

自然の多いところに癒されに行こ!!

 

と思いつく。

 

そして、

お昼から向かった場所は、

 

加賀市は「加佐の岬」(かさのみさき)

金沢から高速は片山津インターを降りて10分ほどの場所。

 

 

岬ちかくの、加佐ノ岬倶楽部 というカフェでまずお茶する。

森林浴ができるコテージ席もあって、

そこでのんびりマッタリしました〜。

 写真 2

きれいな虹色やピンクの光が〜〜

 

加佐ノ岬倶楽部 ↓↓

http://tabimati.net/gourmet/detail.php?p=1009

 

 

そして岬に到着!

ここは加賀のハナウマ湾?!

  写真 3

 

 

海を眺めてのんびり腰をおろす。

こんな天気に洪水こないだろうね。。笑

写真 4

 

 

そろそろ風がつめたくなってきたので帰ろう。

写真 

 

最近、

わたしは自然からとってもエネルギーを求めてる

と自分で感じています。

 

お寿司が食べたい!

とか、

焼き肉が食べたい!

 

という欲求があるのと同じように、

 

自然のなかに身をおきたい

 

と体が欲する気がするんですよね。

 

でも、、

 

今日のおまけの、

カフェのスイーツ&コーヒーまでは、

体が求めていなかったみたいで、、

いま、胃がモケモケ〜〜

チクチクっとしていたりする。。

 

これこれ、、↓↓(苦笑)

でも、美味しいロールケーキでしたよ。

 写真

 

でも、充実した日曜日でした!

 

明日の祝日は名古屋へ出張。

 

あさっての水曜の晩には、素敵ヨガ女子Sさんの

新月のヨガ&クリスタルボール イベントへ。

 

楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

40歳、体外受精後の自然妊娠
生殖医療も分岐点に来ている予感
沖縄旅で出会った名所
天空に近い週末
お盆と終戦記念日のすごしかた
東京で出張カウンセリング予約開始
東京からのお客様
神様がくれたギフト
GWに行ったカフェ〜☆
「甘いものの食べ過ぎで卵子の質が悪くなる」の根拠

晩産時代を迎えるにあたって

2014年09月16日
テーマ:生殖医療 , 研修会

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

コラム?雑誌?

なにで読んだかは、もう忘れちゃってるが、

女性の卵子はいま、進化の過程で、

 

「凍結や融解など、環境の変化に対応できる」

 

ということになってゆくのでは!?

 

って目にしたけど、

 

ほんとかな!?

だったら嬉しいな。

 

 

今週の14日は、新大阪での子宝カウンセラーの会

 

卵子老化の真実〜本当のところ何歳まで生めるの?〜

の著者であり、

出産ジャーナリストである

河合蘭さんのお話を聞いて来た。

 

笑顔が素敵な方でした。

写真

 

さて、、

その河合蘭さんのスライドより、

 

2011年には、初産の年齢が30歳を超えました。

写真

 

というわけで、

 

女性の晩婚化、晩産化に歯止めはかかりそうもないから、

せめて、その時代に求められることも考えよう!

 

少しでも若く産めるように支援 これは私も若い人を中心に啓蒙をがんばります!

晩産への支援

産まない人生の受容

 

 

などなど、、

前向きなお話もあって、こんな女性が

こだわり偏見などを切り、

女性が生きやすい世の中

変えていってくれるような気がして嬉しい気がしたな。

 

河合蘭さんは、

 

いまご自身の活動も

卵子老化の真実から一歩すすみ、

 

出産、育児をサポート

 

という活動にシフトしているとお聞きした。

 

頼もしいです。

 

 

 

 

 

また、この日は、会員講師の講演のなかで、

 

当店でも取り扱っている

 

ショウキT-1(たんぽぽ茶)の安全性についての

 

話がありました。

 

 

以外に知られていないのですが、

ツムラやクラシエなど大手の日本の漢方メーカーでも

その原料の8割は中国から輸入をして漢方を作っています。

日本には生薬を育てる国土面積がなく、

またコストも膨大になってしまうのです。

 

 

今回の研修で、

タンポポ茶や松康泉などの安全性は

かなりしっかりと厳重なチェックを受けていることを知り

知ってはいたけれど、やっぱりほっとしました

 

具体的には、

 

残留農薬の検出がないかどうかの試験を400種類にも及ぶ

項目のチェックを受けているということ。

(大手ツムラはでさえ、190種類のチェックと聞いてさらに驚く)

 

その情報は、株式会社徳潤のウェブサイトで、

いつでも誰でもダウンロードできるというところも評価できると思う。

 

こちらより↓

http://www.tokujun.co.jp/quality/control/

 

あと、

ショウキT-1のゆるキャラが出来たそうです。

 

名前はショウたん。。

(地味っ・・笑)

 

いちおー撮っておきますか。

写真

ほか、お2人は、子宝カウンセラー仲間の

みすず先生と、カーコ先生です。

2人とも、とってもすてきな癒しの大人女性です。

 

追記

 

河合蘭さんのお話のなかで、

20代の自然妊娠が多い理由も、

単に卵子の若さでなく、

 

「性的アクティビティが活発」

 

という伝え方をされ、

 

おおぉ===!!

 

って思っちゃいました。

 

私は、、

 

夫婦生活、とか、仲良し、とか、、

そんな言い方をしていたけど、

 

性的アクティビティ☆

 

都市の女性はやっぱ違うわーー。

 

 

関連記事

43歳の壁を越えて
ニッポン男性力クライシス
自分の魂を愉しませること
不育症とストレスの関係は?
内膜症の増加、おこっている異変
命を植えること
着床判定時のhCG
妊娠というのは免疫そのもの
残留農薬と生殖について
妊活セミナーを開催します!

2人目そろそろ?のプレッシャー

2014年09月13日

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

今日は新規のお客様が3組

ご相談にみえる予定。

 

その後、17時台の電車で大阪の子宝カウンセラーの会の

会議に出席予定。

 

バタバタするけれど、

 

心を引き締め、

頭をクリアーにして、、

カウンセリングさせていただこう

 

 

今日は朝イチのカウンセリングに来て下さった女性の

ひとことが 気になった。

 

「自分は、、ひとりめの子の子育てに必死で、、

 

 ほんとうに2人目を望んでいるのかわからないのです。

 

 ただ、、

 

 周囲の『2人目、そろそろだね』の声にが多くて、、

 

 そうしなくちゃいけないのかな、、って思って。」

 

 

実はこんな声ってよく耳にするんです。

 

 

結婚したら、「お子さんまだ?」

 

やっと1人目を授かって、

 

数年したら、

 

「そろそろ2人目つくらんとね」

 

「あまり歳は離れすぎん方がいいぞ」

 

もっとサイアクなのは、、

 

「一人っ子は可哀想だから」

 

 

この周囲の何気ないことば、、

 

悪気がなくっても、

 

もう、、ヘキエキですよね。。

 

 

 

 

というわけで、、

 

もうこんな言葉は笑って

心に止めておかず、

耳から抜けて、

スルー スルー。

 

「ほんとですね〜」

 

と笑顔でサラリとかわしちゃおう

 

 

まずは私のほうからは、

 

いま感じているおカラダの不調を改善してゆきましょう

 

ということになりました。

 

ご本人もそうお考えだったので。

 

 

 

 

ひとに迷惑をかけないことなら、

 

ことに人生における大事な選択は、

 

自分のペースで、

自分の心が望む方向で

 

決めたいですよね

 

皆さん良い週末を

 

 

 

 

 

大自然のなかで頭をクリアにしている時間。

↓↓ お腹減ったぁーとたそがれているわけではない

th_写真

 

関連記事

不調さえ自分の大事な一部
お盆によせて〜絆とは〜
自分の魂を愉しませること
着床判定時のhCG
何かを始めるのに縁起が良い吉日とは?
妊娠というのは免疫そのもの
自分自身でいること
妊活セミナー参加御礼
お盆によせて〜ご縁というもの〜
意味づけなど必要ない

40歳Hさん3年ごしのチャレンジ、実を結び!

2014年09月11日
テーマ:妊娠症例

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

今月は2年ごし、3年ごし、

と長い期間、ご妊娠をめざして頑張っておられる

40代の方たち 

実を結んでくれました

写真

 

そのおひとり、Hさんは

ちょうど3年前にうちのお店に来て下さった方。

 

彼女は、40歳の自分の妊娠が、きっと多くの妊活女性の励みになると思う!

 

とおっしゃって、ブログに書くことを快諾してくれました。

 

 

Hさんは、30代後半で内のお店に来て下さった時、

「原因不明性の不妊」で、

心も体も本当に健やかな方なのに、自然妊娠しないという状態。

 

その後、高FSH、AMHも低いことを知り、

意を決して体外受精を行ない

結論から言うと、

4回目の移植で着床、たいのう確認

まで行くことが出来ました

 

このHさんの素晴らかったところ、

それはタマゴの質!

 

採卵の数は少なめですが、

培養すると必ず胚盤胞になる胚があったこと。

 

ただこれらを移植しても

なかなか着床しない、という要素があって、

途中、内膜症の治療を数ヶ月行ない生理を止めたり

(いま思えばこれは辛い試練のときでしたね)

 

内膜がなかなか厚くなりにくいことがあって、

薬を飲んだこともあったり、、

 

もしかしたら妊娠しにくかったのは、

子宮側の因子があったのかもしれません。

 

 

 

こんなエピソードがあります。

 

 

 

先月のことですが、

このブログにも紹介させていただいたのですが、

 

フランスの子どもは夜泣きをしない

写真

 

この本を私に

 

「すっごいためになる良い本です!お客様に教えてあげてください」

 

と教えてくれたのもこのHさん。

 

いつも良い本や、良い情報を

おしみなくシェアしてくれる方なのですが、

 

ふと

 

まだ妊娠していない状態の彼女が、

 

すでに、妊娠して、出産したときのための育児書

 

を読んでいることに感動したのです。

 

妊娠前に、この本を手に取っていること自体、

潜在的な意識が、

自分の妊娠を察知しているともいえるからです。

 

「もうママになったときのためにこれを選んで、読んでいるって、すごいことだね。

 良い結果がでる兆候かも」

 

と、思わずお話したのを覚えています。

 

もう仕事より、ママになって、

彼女が輝く姿を見たい、と思っていたので

ほんとうに嬉しい。

 

さぁ、

 

ここからまた心拍確認まで、

長いけれど、

きっとうまくゆく。

 

そう信じていますよ。

 

Hさん、本当にありがとう!!

やっとあなたのこと

こうしてブログに書ける念願かないましたよ!

 

 

関連記事

生殖系やホルモン、漢方では腎です
体内で最も血流が遅い場所は?
40歳、体外受精後の自然妊娠
46歳ご妊娠!運動の大切さあらためて
43歳,私に奇跡は起きないと思っていた
40代13回目の移植でご妊娠
検査で判明しない不妊の要素
2つの命、すくすくと育って
お客様のブログを発見して☆
11回目の移植でご妊娠

染色体異常について今いちど知ってほしいこと

2014年09月04日

石川県は金沢市で 子宝相談 を通して

「ご夫婦の幸せづくりの応援をさせていただきたい♡」

と願う 漢方薬剤師,認定不妊カウンセラーの和みです

 

 

子宝相談をしていると、

 

いろいろな女性の悩み、

さまざまなケースに遭遇し、

 

自分の不勉強さ、

カウンセリングの未熟さに戸惑うことが多々ある。

 

 

 先月

 

18番目の染色体異常で産まれた赤ちゃんを産み、

(18トリソミーといいます)

 

9ヶ月まで育て、

そして、

 

天国に見送ったママとの出会いがあった。

 

 

自分の18トリソミーに関する認識不足を知り反省、

学ばせてもらったと思う。

  

このママは、

天国にいった赤ちゃんにいっぱい宿題をもらったのか、、

 

きっと、これから多くの彼女にしかできないお仕事、

使命に進んでゆくのでは、と想う。

 

 

 

染色体異常、、

受精卵の染色体異常というものは、

誰しもが実は経験している。

 

20代の受精卵の染色体異常率さえ、

50%という確率の高さ

 

要は、今月は妊娠しなかった(生理が来た)

あるいは、

妊娠しても流産した、

 

という現象で、そのイノチは知らないうちに、

そう、

何も知らないで、淘汰されていることがほとんど。。

 

淘汰とは、

弱いものは消え、強いものだけが生き残る

 

という現象。

 

そうやって、ヒトはたぶん生き残りが困難であろう、

「染色体異常のタマゴ」を

自分で知らないうちにリセットしているということ。

 

だから、、

流産しても、、悲しむべきことではない、

 

といういう言い方もできる。

 

 

だから、

 

18トリソミーや、

ダウン症(21トリソミー)など、染色体異常というリスクを抱えて、

妊娠中、お腹のなかで育ち、生き残り、

 

出産をくぐり抜け、ママに会えた!

というベイビーは、

 

とても、強い子なんだ、

 

 

そしてよっぽど、

 

ママに会いたかったのかな、

 

兄弟に会いたかったのかな、

 

または、

お母さんの子宮の環境が素晴らしく良かったから

障害を持っていてもここまで育つことが出来たのかな。

 

なんて、私は考えたりする。

 

私の友人が、五ヶ月で自宅で流産を経験したとき、

その子の、

(兄妹に会わせてほしい)

という声を聞いたという。

 

だから、染色体異常の子を

 

異常な子、弱い子、

自分の行いが、養生が悪いから産まれてきた子

 

という比較的、古い(昔の)ひとの言葉、

認識不足を耳にすると、

反論する以前に、、

悲しくなってしまう。。

 

ただ、、

 

出来れば、そんな妊娠を避けたいというキモチも

理解できる。

 

育ててゆくのは、きれいごとではない、

というもの本当にそう。

 

でも、

 

今月出会った、

18トリソミーの小さなイノチを見送ったママの言葉を

ここで引用させてもらうと。

 

 

18トリソミー=重篤=不幸なこと ではない。

幸せな暮らしもあるということを知ってもらいたい。

 

 

染色体異常。

 

まずは、誰にでも知らぬ間に、

起こっていること、

高齢というリスクでなく、

若い方にでも、普通に起こりうること。

 

ということを知っていてください。

 

 

追記)

 

つい先日、、

 

レイザーラモンHDの相方(そんなひと、いたんだっけ。。ってカンジなんだけど)

レイザーラモンRGが、、

自分のお子さんが、18トリソミーで生まれ、

また亡くなっていたことを明かし、

ネットのトピックなどで話題になりました。

  

 

 

関連記事

43歳の壁を越えて
不調さえ自分の大事な一部
ニッポン男性力クライシス
自分の魂を愉しませること
不育症とストレスの関係は?
内膜症の増加、おこっている異変
命を植えること
着床判定時のhCG
妊娠というのは免疫そのもの
自分自身でいること
ページトップ