タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

40代13回目の移植でご妊娠

2016年08月03日

 

連日の猛暑日、みなさん夜しっかり眠れてますか?

私も夜中に暑くて目が覚めます〜〜

せめて11時前には本もPCもパシッと強制終了して

ベットに入って目を閉じる。

これをやるとなんっとか、

疲れもその日のうちリカバーできてます。

 

先月は、ご妊娠報告を受けたかた、計9名

1年のなかでもこれは多い月

そして、嬉しいことに、

40代のご妊娠が3名もあったんです。

うち、おひとりは43歳。

体外受精で「凍結初期胚2個移植」

でのご妊娠でした。

 

そして、数日前に、

「母子手帳をもらってきました。」

と報告してくださったMさんも40代。

妊娠8週になりました。(いまは9週)

お席につき、そう話してくれると同時に

しばし、静かに、嬉し涙を流され

見せてくださった基礎体温のグラフも

高温期が続いています。

グラフ

Mさんは13回目の移植でこの日を迎えたのですが、

(初期胚と胚盤胞の2段階での移植でした)

採卵はもっと、何回してきたか??

というほど、、

やっぱり頑張ってこらたんです。

 

40代で妊娠するためには、

1番要となってくるのは

もちろん、タマゴの状態です。

それをよく「質」という言葉で言われるのですが、、

40代になって、

染色体異常率が増えるのをさけられない運命は

はたして「質」が悪くなる

という言葉で正しいの?

「正しい老化」でもあるじゃないか、

とか、思ったりします。

 

そんな言葉のえらびかたひとつにも

自身がひとに言われたら

どんな気持ちになるだろう?

とか考えたり、

いまも一生懸命、頑張っている40代女性のことを

いっぱい頭に浮かべて想う。

あの人もこの人も

みんな自分と家族を大事にする

友人でいて欲しいと思うような方ばかり。

 

もう少しだけ頑張ろうとしている40代女性の

願いが叶う8月でありますように!

 

 

この夏は、いままで以上に

県外のクリニックに通院しはじめる方が多い状況です。

また地元、金沢のクリニックでも

新しい治療法や診断法をはじめるという情報もあります。

お客様には大事な情報だと思いますので、

必要に応じて(必要のあるかたには)

お話させていただければ、

と思っています。

 

 

 

関連記事

着床の窓は前にずれている?(ERA検査)
子宮内の細菌叢と着床率
石川でもERA(着床能)テストできるように
生殖系やホルモン、漢方では腎です
子宮内の細菌叢バランスと着床
妊娠と甲状腺ホルモンの関係
妊娠前に知っておいてほしい病気①
体内で最も血流が遅い場所は?
40歳、体外受精後の自然妊娠
46歳ご妊娠!運動の大切さあらためて
ページトップ