タマゴのち天使

日々の子宝カウンセリングのなかで「心が動いたこと」「伝えたいこと」を中心にアップ。
タマゴのち天使

気持ちに行き詰まったら読む本

2016年11月08日

今日は本の紹介を。

 

まず、、

私が息抜きによくナナメ読みするのは

浅見帆帆子さんの本。

とってもお嬢サマ育ちで、

住む世界が違うかたなんだけど、

(最近、とうとう婚約した!)

自分の直感を大事にしながら生きているところとか、

インテリアなどのセンスの良さに同性として憧れていたり、、

なんだかいろいろと好きで、力が抜ける(笑)

 

 

話しがそれましたが、

わたしが最近、ハマってしまった本。

うちのお客様のOさまから教えてもらった本。

 

パリでメシを食う

IMG_1993

なんの先入観も

前調べもせずに、

アマゾン中古100円で購入した文庫本だったから

この本を読んで、心が動いて

泣いてしまうなんて想像だにしていなかったけど、

それほど感銘を受けた。

 

この本は、川内有緒さんが

パリに移り住み、

仕事でメシを食っている10人の日本人たちの

取材形式で進んでゆく。

決して大成した10人のサクセスストーリーでない。

 

なんでそこまでするの?

そこまで石にかじりつくのか?

寂しくないの?

 

そんな彼らの人生を文章で追っていると

なんだか泣けてくる自分がいた

 

そして、悔しいほどうらやましくなった。

 

それは

 

いつ死んでもいいくらいに、

やりたいことにトライして

毎日を真剣に生きている

 

そう感じたから。

 

パリは、

お菓子とエッフェル塔がアイコンの、

洗練された華やかな都のような、

そんな街にみえるけれど、

日本人が職業人として生きてゆくには

とても厳しい街。

 

そのぶん自由で、

パリには、

「あるべき姿」というものがない。

 

いつも

あるべき姿を探して、迷い、悩んでいるかたに

あるべき姿に向かって、努力し、

結果がでずに 

落ち込んでいるかたに

そして、

あるべき姿に翻弄されているかた(私)に

 

この本はもしかしたら

カンフル剤になるかもしれません。

 

 

Oさん、素敵な本をいつも教えてくださって

ありがとうございます。

 

 

 

 

関連記事

着床判定時のhCG
日日是好日の本当の意味
何かを始めるのに縁起が良い吉日とは?
妊娠というのは免疫そのもの
自分自身でいること
妊活セミナー参加御礼
お盆によせて〜ご縁というもの〜
意味づけなど必要ない
不幸印のギフト?受け取りますか?
骨密度、足りてますか?
ページトップ